クラウドバンク

クラウドバンク

クラウドバンクから旧maneoファミリーであったスマートレンド同一ファンドが登場!maneo再編成!

クラウドバンクから旧maneoファミリーであったスマートレンドファンドと同一エステサロンファンドが登場。利回りは4%台と妥当。注目すべきポイントは不正を多く起こしているmaneo&maneoファミリーと異なり、投資家に償還を続けたスマートレンドファンドがクラウドバンクという業界2位のプラットフォームで募集されている点
CREAL(クリアル)

CREALに倒産時どうなるのか問い合わせ!対応も誠実丁寧だし信頼性向上!次回大型ファンドも投資決定!

CREALは不動産クラウドファンディングの最大手業者。万が一倒産した場合CREALに問い合わせを行った結果、対応が非常に誠実であった。預かり金は信託保全されているため、投資家に返ってくる。出資金は売却か競売後他の一般債権者とともに平等分配される。ただ全てのファンドで費用を含めても元本以上で売却できており、安全性は高い。
maneo

クラウドバンクからmaneoファミリーの最終貸付先ファンド登場&700億突破記念キャンペーン!

クラウドバンクからmaneoファミリーであったスマートレンドの最終貸付先が同一のファンドの募集が開始。maneoの中でも不祥事と無縁であったスマートレンドは優秀であり、ファンドがクラウドバンクで募集されるのは投資家にとって間違いなく朗報といえる。また700億突破記念キャンペーンも発表。最大0.2%のキャッシュバック。
fundinno

ソーシャルレンディング高利回り業者4社!優秀なファンドと正しい投資方法はどれ?徹底解説!

高利回りのソーシャルレンディング業者の中でおすすめ業者徹底解説。信頼できる業者としてのエビデンスを持つ業者のみ厳選。証券会社が運営している。大手企業がバックアップしている。SBIの傘下など、客観的な根拠をもつ業者のみ厳選。ファンド毎のおすすめの投資方法や、なぜその業者が高利回りファンドを組成できるのか理由を徹底解説!
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
クラウドバンク

バイオマスファンドがお勧めな理由!クラウドバンクも売電価格がたかいファンドが充実してきた印象です!

ソーシャルレンディング業界の大手であるクラウドバンクから珍しいバイオマスファンド。売電価格が高いため、完成すれば買い手がつきやすいファンドといえる。クラウドバンク自身の信頼性としても証券会社が運営している。今まで一度も元本割れなしという実績。2019年も大幅な黒字の達成。多くのポジティブ要素もあり、お勧めの業者といえる
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者!2019年徹底比較!業者ごとのおすすめはこれ!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
maneo

maneoファミリーで生き残れる会社、生き残れない会社。不正をしなかった誠実業者はこれだ!

maneoファミリーで生き残れるのは不正を行わなかった業者。他のソーシャルレンディング業者のプラットフォームを使用することは可能であり、実際クラウドバンクに合流などが行われている。一方不正が明らかになっている業者は生き残ることは不可能であり、サービサーへの債権売却など投資家にとって厳しい未来が予想される。
maneo

maneoファミリー再編成!誠実な業者は他のソーシャルレンディング業者へ合流!おめでとうございます!

maneoファミリーの中でも再編の動きがあり。高利回り業者ながら一度も遅延もなく誠実業務を遂行していたさくらソーシャルレンディングはsamurai証券に合流。スマートレンドの最終貸し付け先はクラウドバンクに合流することになった。誠実に業務をおこなっていた業者の提携先がみつかっており、業界再編の動きは加速するだろう。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!不正を起こす業者の見極め方は!?

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
スポンサーリンク