クラウドクレジット

クラウドクレジット

クラウドクレジットのマンスリーレポートが絶好調!国内大手証券会社の運用を開始!(大和証券か?)

クラウドクレジットの2020年2月のマンスリーレポートが絶好調そのもの。全てのファンドで黒字を達成し、ユーラシアファンドでは23.9%という超高利回りを達成した。また国内大手証券会社の資産運用を行うことを発表。一般投資家と同一ファンドを購入するという点で、信頼性がより向上したと言える。キャンペーンも優秀である。
CREAL(クリアル)

まだ間に合うソーシャルレンディング&クラファンキャッシュバックキャンペーンまとめ!2月!残り3日!

2020年2月にキャッシュバックキャンペーンを行うソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者は合計3社。samuraiは口座開設のみで1000円ギフト券。そして投資金額に応じたキャッシュバック。fundinnoは口座開設のみでAMAZONギフト券プレゼント。クラウドクレジットは3%のPAYPAYキャッシュバック
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングキャンペーン評判徹底解説!!一番お得なキャッシュバック業者はどこ!?最新版!

ソーシャルレンディング業者で投資家キャッシュバックキャンペーンが開催。キャッシュバックを行うのは4社。SAMURAI証券とfundinnoが口座開設のみで千円キャッシュバック。新規投資家にはクラウドクレジットが最大3%のキャッシュバック。クラウドバンクは新規口座開設&セミナー来訪で2000円。新規投資で6000円。
assecli

お得情報まとめ!ソーシャルレンディングキャンペーン&投資家有利なファンドを組成する業者はどこ?

ソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者のキャンペーンと投資家に有利なファンドのまとめ。キャッシュバックキャンペーンを行うのが3社。投資家に有利なファンドを組成する業者が2社。投資家に有利なファンドを組成する理由は明確で知名度向上のため、不動産クラウドファンディング業者は動いている。お得な業者に投資すべき。
Funds

fundsの2%の利回りファンドすら大人気。貸付先の財務状況は?クラウドクレジットは無条件で3%。

ソーシャルレンディング業者のFUNDsのファンドが年利2%でファンドを組成したが大人気で即完売。ただし分離課税の雑所得で年利2%。そのうえ貸付先は営業キャッシュフローが赤字であるためおすすめの投資先とは言いづらい。一方クラウドクレジットは新規投資家にキャッシュバックをおこなっている。今回はクラウドクレジットのがおすすめ
クラウドクレジット

クラウドクレジットからファンドパッケージが登場!どういった方向けなのか解説!

クラウドクレジットからファンドパッケージが登場した。パッケージファンドのメリットとしてはクラウドクレジット杉山社長が主張されていた通り全てのファンドに全張りが一つのファンドの購入で達成できること。これによりリスク低減を行いつつ、クラウドクレジットの平均利回りが達成できるという投資初心者向けのファンドが出てきたといえる。
FANTAS funding

FANDs,クラクレ,クラウドリアリティは何故大規模キャンペーンが可能!?VC!大企業の支援とは!

FUNDsとクラウドリアルティの上場はVCや株主を考えると間違いない。またクラウドクレジットも同様の理由でVCからお金を引っ張ってきている。上場というのは赤字でも可能。だからこそ上場にむけて顧客を獲得したい、3社は投資家にとって有利なキャンペーンを多く展開。投資家としてはVCキャンペーンに乗っておくのが正解といえる。
クラウドクレジット

クラウドクレジットシンガポール広告代理店ファンドドル建て年利8.3%が復活!投資&圧倒的人気ですね!

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の高利回りファンドを組成することで有名なクラウドクレジットから新規ファンドの募集が発表された。シンガポールファンドは今1番人気。理由は明確でドル建てで年利8%と高利回り。先進国であるシンガポールに投資可能。貸し付け先の財務状況が極めて良好。人気ファンドになることは当然だろう。
クラウドクレジット

クラウドクレジットのカメルーン案件の送金再度遅延&償還があったので再投資!

クラウドクレジットのカメルーン案件が再度償還が遅延することとなった。今回は国外送金の許可がでないことが原因。高利回りファンドは魅力的だが、発展途上国への投資はやはりリスクが高いと言える。クラウドクレジットのおすすめの投資法は償還実績があるファンド&先進国ファンド。組合わせることで利益の最大化をなるとのが正しい投資戦略
クラウドクレジット

クラウドクレジットのポートフォリオが見やすくなった!投資家キャンペーンは5千円キャッシュバック!

クラウドクレジットのポートフォリオが円グラフで表示されるようになり、投資家が投資ファンドなどの状況を確認しやすくなった。また今現在投資家キャンペーンが開催されており、最大5000円のキャシュバックが受けらる。(2.5%の還元率)海外ファンドのため、元々利回りが大きく、組み合わせ次第では年利10%越えも狙える。
スポンサーリンク