イークラウドの評判とキャッシュバックキャンペーン!メリットデメリットリスク解説!口コミ徹底調査

ソーシャルレンディング

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿を運営するエニートです。

<追記>

イークラウドから第二号案件の発表とともにキャッシュバックキャンペーンが発表されました。

最大キャッシュバック率は驚異の3%!詳しい内容は目次の

驚愕のキャッシュバック!最大3%!

をクリックください。

<以上>

 

今回はめでたく第一回ファンドの組成を行ったイークラウドについて解説していきたいと思います。(また第一回ファンドの組成を記念して8000円分のカタログギフト券がプレゼントされるのはすさまじいですね。)

イークラウドは株式投資型のクラウドファンディング業者です。

ではまず株式投資型クラウドファンディング業者とは何なのか?ということから解説したいと思います。

イークラウドの解説が気になる方は目次の

イークラウドは怪しい?信頼できるクラウドファンディング業者なのか?

をクリックしていください。

 

株式型クラウドファンディング業者とは何なのか?

ユニコーン、fundinnoそしてエメラダエクイティはソーシャルレンディング業者ではなく株式型クラウドファンディング業者に分類されます。

そしてこの3社の共通項と言えるのはハイリスクハイリターンの投資先だということでしょう。

というのも営業者報酬がわずか数%と決まっているソーシャルレンディングと異なり、上場というゴールを果たせば、株価が何十倍になるベンチャー企業の株を取り扱うわけです。

仮に取り分が数%でも株価が何十倍なれば、莫大な儲けになります。

 

株式投資型クラウドファンディング業者とは何なのか?

ユニコーン、fundinnoそしてイークラウドはソーシャルレンディング業者ではなく株式型クラウドファンディング業者に分類されます。

そしてこの3社の共通項と言えるのはハイリスクハイリターンの投資先だということでしょう。

というのも営業者報酬がわずか数%と決まっているソーシャルレンディングと異なり、上場というゴールを果たせば、株価が何十倍になるベンチャー企業の株を取り扱うわけです。

仮に取り分が数%でも株価が何十倍なれば、莫大な儲けになります。

反対にベンチャー企業に投資をするわけですから倒産リスクもあり、元本割れをするリスクも十分高い。いわゆるハイリスクハイリターンの投資先です。

では上場した場合大きなリターンが期待できるというのはどういった意味でしょうか?

クラウドファンディングで投資した企業が上場した場合大きなリターンが期待できる!

大まかな年利が決まっているソーシャルレンディングとこの点が異なると言えます。

株式投資型クラウドファンディング業者は年利何%!というのは一切歌っていません。ただ未上場企業が上場した場合、株価が数倍~数十倍になる。

その売却益が投資家の利益になります。(キャピタルゲインですね。)

ですのでソーシャルレンディングとは比較にならないほどのリターンが期待できる。

株式を保有することで得られるインカムゲインもファンドによってはあるとのことで、やはり期待大といえます。(イメージとしては株主優待です。)

この誰でも株を買えるようにする状態をIPOと呼びます。

IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」と表します。 具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいますipo株の始め方より

 

デメリットとしては未上場企業に投資を行うというリスクの高さ

上述したとおり、投資した企業が上場するなどした場合、莫大なリターンが期待できます。

一方で未上場企業の財務基盤の不安定さは上場企業の比ではありません。本当に突然倒産することが多々ある。

そのハイリスクハイリターンだと自覚をした上でも投資を行うべき業者と言えます。(お勧めできる業者ですし、投資をする予定ですが、資金の何割程度まで投資をすると余裕をもって投資をすべき業者だと言えます。)

イークラウドは怪しい?信頼できるクラウドファンディング業者なのか?

株式投資型クラウドファンディング業者の解説が終わったところで、今度はイークラウドが信頼できるクラウドファンディング業者なのか?ということについて解説していきたいと思います。

イークラウドが信頼できる業者の理由&メリット

まずは信頼できる理由とメリットについて解説したいと思います。

大和証券が出資をしている。

まず当ブログでは散々お伝えしているのですが、独立系とVC(ベンチャーキャピタル)が参画しているクラウドファンディング業者は信頼性が大きく異なります。

というのもVCが出資を決める際にはその業者を徹底調査します。(個人投資家では調べられない情報など。)

で、イークラウドに関してなのですが、大和証券が出資をしており、IPO成功時には主幹事をつかめるのは大和証券になるでしょう。

大和証券が出資をしているという点で信頼性はかなり高い。

役員の経歴がIPOのプロ集団

まず役員の写真を見ていただければわかるのですが、IPOの実績が十分なBIZメンバーがそろっています。

またグループ会社のXTech Venturesというベンチャーキャピタルは実績が十分であり、BIZ Suiteなどバックオフィスに特化している会社もあります。

株主優待が受け取れる

これに関しては第一回ファンドの内容が一番わかりやすいですね。

下記公式サイトの発表をご参照ください。

 

株式投資型クラウドファンディングサービスを行うイークラウド株式会社(東京都中央区、代表取締役:波多江直彦、以下「イークラウド」)」は、1号案件「地元カンパニー」を支援いただいた投資家を対象に、2品を選べる「日本全国つくりて直送ギフト」のカタログギフト(8,000円相当)をプレゼントするキャンペーンを開始いたしました。(詳細: https://ecrowd.co.jp/news/5

「株式投資型クラウドファンディング」とは?

イークラウドは、インターネットを通じて非上場のベンチャー企業に投資をすることができる「株式投資型クラウドファンディング」の仕組みを提供しています。 これまで創業期のベンチャー企業に投資することができたのは、エンジェル投資家と呼ばれる一部の経営者や投資家に限られていましたが、「株式投資型クラウドファンディング」の仕組みにより、ベンチャー企業に対して個人でも投資ができるようになりました。

キャンペーン期間】2020年8月27日まで【特典内容】「地元カンパニー」の2商品選べる日本全国つくりて直送ギフト日本全国の厳選産品から、2品を選べます
日本全国の厳選産品から、2品を選べます
(いくら食べたい)
株主優待も充実しているのも魅力ですね。
株主優待のいくら食べたい

エンジェル税制が活用できる

活用できるエンジェル税制って何なの?というなのですが、

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を促進するためにベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して税制上の優遇措置を行う制度です。ベンチャー企業に対して、個人投資家が投資を行った場合、投資時点と、売却時点のいずれの時点でも税制上の優遇措置を受けることができます。
また、民法組合・投資事業有限責任組合経由の投資についても、直接投資と同様に本税制の対象となります。 中小企業庁より

これを端的に言ってしまえば、エンジェル投資の結果所得税が下がります。(当該ファンドに出資した場合。)

要は所得税が下がるため、年間の手取りが増える。というメリットがあります。

まあいろいろメリットを書きましたが、要点としては

ハイリスクハイリターンの投資先で、IPOに成功すればメッチャお金がもらえる!ただし元本割れのリスクも高い!でも夢があるし株主優待も魅力的だよね!

というのがイークラウドの結論となります。

ではデメリットは何なの?ということについて簡単にまとめてみました。

イークラウドのデメリットって何なの?

これは一般的な株式投資型クラウドファンディング業者に言えることですが

1 元本割れをするリスクが高い。

2 流動性が低い(途中で売却できない。)

3 倒産リスクも十分考えられる。

4 配当金などはない。

5 最大投資金額が50万まで。

6 投資家登録のハードルは高い。

1~5のデメリットはあえて解説する必要もないと思いますが、6については簡単に解説したいと思います。

(いわゆる属性的に金持ちの方が多いですね。)

では投資家登録に必要な属性は何なのか?という話なのですが

 

  1. リスクの大きな金融商品への投資経験がない方
  2. 金融資産が300万円未満の方
  3. 満20歳未満の方及び満75歳以上の方
  4. 投資資金の性格が余裕資金ではない方
  5. 投資の目的が利子・配当等の安定運用の方
  6. ご本人様以外でお申込みをされる方
  7. 暴力団員、暴力団関係者あるいは総会屋等の反社会的勢力に該当する方
  8. 主たる居住地国が日本以外の方
  9. 外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)の適用される米国の納税義務者
  10. 既に当サイトに投資者登録をされている方(重複登録はできません)
  11. 成年後見人制度に係る家庭裁判所の審判を受けた方等
  12. 外国政府等において重要な公的地位にある者(PEPs)に該当される方
  13. 法人(現在、法人の投資者登録は受け付けておりません)

イークラウド公式サイトより引用

特筆すべきは金融資産と個人投資家のみ投資家登録ができるという点でしょうか?

金融資産300万円以上というのはそれなりの金額といえるでしょう。(同様の株式投資型クラウドファンディング業者のfundinnoが200万、ユニコーンが100万というのを考えれば)

再度になりますが株式投資型クラウドファンディング業者はハイリスクハイリターンです。

ですので財産のすべてを投資するのではなく、一定金額までにとどめるべきでしょう。

イークラウドの口コミも集めてみた!

せっかくだからツイッター上の口コミも集めてみました。

 

今はやはり8000円分のカタログギフト券に対する言及が多いですね。

(いくらが食べたいです。)

イークラウドについて要点をぎゅっと凝縮

メリットとしては株式投資型クラウドファンディング業者のため、高利回りが期待できる。また大和証券が出資を行っているなど、信頼性という点は問題がない。そして8000円分のギフト券がもらえる。デメリットとしてはやはりベンチャー企業へ投資をするというリスクの高さが挙げられます。

 

詳しい解説が気になる方はfundinno(ファンディーノ)の評判!ギフト券プレゼント!仕組み実績口コミリターン徹底解説!

上記記事をご参照ください。
すこし話はそれましたがイークラウドは今後期待の株式投資型クラウドファンディング業者といっても過言でありません。

イークラウドは信頼性も高いので口座開設がおすすめの1社といえます。(高リターンが魅力的ですね。)下記が公式サイトとなります。

イークラウド公式サイト

イークラウド驚愕のキャッシュバック!最大3%!

第二号案件が募集されるのにあたり、イークラウドからキャッシュバックキャンペーンが発表されました。

今回はamazonギフト券プレゼントキャンペーン

還元率も非常にわかりやすく一律3%のギフト券キャッシュバックキャンペーンです。

そして1口10万円という投資金額のため、まあなんにせよ投資家はキャッシュバックを受け取れる。という図式になります。

これはソーシャルレンディングではなく株式投資型クラウドファンディングというビジネスモデル(ハイリスクハイリターン)だからこそできるキャッシュバック率といえます。

株式投資型クラウドファンディング業者であればFUNDINNO(ファンディーノ)が実績面でも案件数でも圧倒的に1位。
ユニコーンなどライバル業者もおおいため、イークラウドは知名度アップのためこういったキャンペーンをおこなっているのでしょう。

ただ再度申し上げておきたいのですが、株式投資型クラウドファンディングはハイリスクハイリターンで投資金額が0になってしまうことも十分あり得ます。(ベンチャー企業に出資するわけですからね。)

ですので無理のない範囲で投資されることを強くお勧めします。

むろん面白そうな案件がでてきたら投資をする。そのうえでキャッシュバックキャンペーンがラッキーくらいの感覚がおすすめです。(私はそのような感覚でいます。)

以下がイークラウドの公式サイトとなり、無料で口座開設可能です。

イークラウド公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント