年収1000万超えるのは簡単!20代で超えた僕が徹底解説します!

はいどうもソーシャルレンディングの通知簿の運営するエニートです。

今回は現代日本で年収1000万超えたければ、ひとつの会社にしがみついてもらうよりもよほど効率的だよね。っという話をしていきたいと思います。

私自身は20代なのですが、一応年収1500万を超えているので、何故超えられたのかを含んで解説していきたいと思います。

年収ベースで言えば現代日本はバブル期と大きく水をあけられている

これはもう体感的にも、数字的な面でもみなさんも感じているでしょう。

他の先進国の給与はあがっているのに、日本だけは横ばい。なのに物価は上がっていく。この原因はいくらでもありますが、ここではあえて取り上げませんし、取り上げたところで現状が変わるわけではありません。

ただ日本が悪い!安倍総理がわるい!私に原因はない!!

っと考えると一生そのレベルの生活しか得られないので、ここではあえてその現状を打破する方法について書いていきます。

年収の増やし方は主にこの3つ!!

会社からの給与所得を上げる!

まあこれが一番オーソドックス。

現代日本ではなかなか上がらないぞ!っという方がいらっしゃるとは思いますが、その場合は給与が上がる会社に転職してください。

今は空前の人手不足で、転職先は多くあります。

無論誰もがしっているような年収1000万超えの会社に転職するのは相当むずかしいですが、平均年収600万程度の会社に転職するのはさほど難しいことではありません。(実は私もその隠れた優良企業のどれかに所属しています。)

 

業界企業名
電気機器ミツミ電機 大崎電気工業 双葉電子工業 京三製作所 日本電子 古野電気 IDEC 岩崎通信機 浜松ホトニクス ナブテスコ 小野測器 アドバンテスト 日本光電工業 ヒロセ電機 ホーチキ 能美防災 NEOMAX ニッタン エスペック HIOKI 電気興業 リオン
精密機器松風 トプコン 共和電業 エー・アンド・デイ
輸送用機器三井造船 リケン フタバ産業 NOK カルソニックカンセイ トピー工業
機械小松製作所 住友重機械 オムロン 横河電機 ファナック 安川電機 クボタ アドバンテスト 東京エレクトロン 大日本スクリーン製造 島津製作所 サトー 巴工業 オイレス工業 オルガノ 東京機械製作所 大豊工業 タクマ マキタ 共立 日本トムソン 小松フォークリフト 山武 トリニティ工業 TCM 日本金銭機械 マックス クボタ アイダエンジニアリング 小田原エンジニアリング 蛇の目ミシン工業 帝国ピストンリング 井関農機
電子部品・半導体TDK 日東電工 村田製作所 浜松ホトニクス アルプス電気 太陽誘電
自動車部品デンソー 豊田自動織機 アイシン精機 スタンレー電気 日本発条 矢崎総業 日本精工 ジェイテクト NOK 曙ブレーキ 日立オートモティブシステムズ カルソニックカンセイ
金属製品ノーリツ SUMCO パイオラックス
非鉄金属住友電気工業 古河電気工業 JX日鉱日石金属 三菱マテリアル 住友金属鉱山 東洋製罐 古河スカイ 京セラミタ
石油・石炭製品松村石油研究所 東亜石油 富士石油 アラビア石油
ガラス・土石製品旭硝子 日本電気硝子 日本ガイシ 日本特殊陶業 JSR 日本ゼオン オハラ 日本山村硝子 東海カーボン
化学※業界全体がホワイト体質 信越化学 大陽日酸 昭和電工 クラレ 東ソー 三菱ガス化学 エア・ウォーター 宇部興産 トクヤマ 関西ペイント 高砂香料 日本触媒 DIC
医薬品大鵬薬品工業
食料品昭和産業 協同飼料 日本農業工業 日本甜菜製糖 ミヨシ油脂 日本食品加工 日本配合飼料 カンロ メルシャン ブルドックソース 和光堂
繊維製品日本バイリーン
パルプ・紙北越製紙 三島製紙
その他製品ローランド ディー.ジー. アルファシステムズ
水産・農林ニチロ
鉱業関東天然瓦斯開発
建設大豊建設 奥村組 東洋エンジニアリング 千代田化工建設 高砂熱学工業 日本電技
海運飯野海運 新和海運 太平洋海運 共栄タンカー 川崎近海汽船 第一中央汽船
倉庫・運輸伊勢湾海運 東洋埠頭
情報・通信電通国際情報サービス 日本デジタル研究所 インテージ
卸売都築電気 兼松エレクトロニクス 三谷商事 三信電気 カナデン 伯東 三愛石油
金融上田八木短資 セントラル短資 東京短資
不動産東京楽天地 平和不動産 有楽土地 横浜地下街
サービス乃村工藝社 丹青社 東京テアトル オーエス 電通テック 東海カーボン ハリマ化成 東京都競馬 よみうりランド 東京ビッグサイト 東京ドーム ホソカワミクロン

隠れ優良企業一覧より

隠れ優良企業リンク元

 

【食料品】
・昭和産業:673万円
・協同飼料:573万円
・日本農業工業:632万円
・日本甜菜製糖 :665万円
・ミヨシ油脂:644万円
・日本食品加工:745万円
・日本配合飼料:570万円
・カンロ:567万円
・メルシャン:665万円
・ブルドックソース:588万円
・和光堂:647万円

【繊維製品】
・日本バイリーン:646万円

【パルプ・紙】
・北越製紙:613万円
・三島製紙:591万円

【医薬品】
・大鵬薬品工業:880万円

【石油・石炭製品】
・松村石油研究所:738万円
・東亜石油:733万円
・富士石油:800万円

【ガラス・土石製品】
・オハラ:540万円
・日本山村硝子:580万円
・東海カーボン:570万円

【非鉄金属】
・古河スカイ:683万円
・京セラミタ:668万円

【金属製品】
・ノーリツ:687万円
・SUMCO:596万円
・パイオラックス:606万円

【機械】
・サトー:772万円
・巴工業:727万円
・オイレス工業:763万円
・オルガノ:615万円
・東京機械製作所:588万円
・大豊工業:593万円
・タクマ:757万円
・マキタ:684万円
・共立:450万円
・日本トムソン:612万円
・小松フォークリフト589万円
・山武:744万円
・トリニティ工業:529万円
・TCM:589万円
・日本金銭機械:669万円
・マックス:721万円
・クボタ:808万円
・アイダエンジニアリング:664万円
・小田原エンジニアリング:689万円
・蛇の目ミシン工業:600万円
・帝国ピストンリング:690万円
・井関農機:632万円

【電気機器】
・ミツミ電機:617万円
・大崎電気工業:638万円
・双葉電子工業:622万円
・京三製作所:664万円
・日本電子:723万円
・古野電気:588万円
・IDEC:621万円
・岩崎通信機:634万円
・浜松ホトニクス:643万円
・ナブテスコ:711万円
・小野測器:693万円
・アドバンテスト:730万円
・日本光電工業:870万円
・ヒロセ電機:777万円
・ホーチキ:716万円
・能美防災:689万円
・エスペック:694万円
・HIOKI:694万円
・電気興業:625万円
・リオン:717万円

【輸送用機器】
・三井造船:603万円
・リケン:647万円
・フタバ産業:593万円
・NOK:714万円
・カルソニックカンセイ:605万円
・トピー工業:605万円

【精密機器】
・松風:765万円
・トプコン:812万円
・共和電業:675万円
・エー・アンド・デイ:702万円

【その他製品】
・ローランド:672万円
・ディー.ジー:670万円
・アルファシステムズ:588万円
隠れ優良企業一覧より

隠れ優良企業リンク元

 

上記会社は知名度の割に給与がいいです。この人手不足のおかげで(この言葉使いが正しいかはわかりませんが。)、入社難易度はぐっと下がっている。

であればリクルートエージェントなど求人数が一番多いサイトを使って紛れ込んでしまいましょう。
(すくなくとも30歳で年収400万行かない会社に属したところで全く未来はありません。)

また会社一本で年収1000万を目指すのであれば、高給を貰える会社に素直に転職するのはあり。
その場合使うべきサイトはハイクラス求人 ビズリーチになります。(高給の求人しか取り扱ってない為。)

私の場合は上記会社のどれかに紛れ込んでおり、20代にしてはまあまあの給与を貰っています。

年収1000万欲しければ資産運用を行う!

(メインで使っているクラウドバンクは月によっては利回り10%を超えることがあります。)

おすすめできるのは、確定拠出年金と積み立てNISAと信頼できる業者に投資をするソーシャルレンディング。

IDECOはガンガンに所得税が下がっていくわけですからね。使わない手はないでしょう。

一番優れているのは先進国インデックスファンドにすべて突っ込むこと。(20,30代なら)

(200年スパンでみれば株価は常に右肩あがり。)

であれば所得税がガンガンにさがり、その上で長期スパンで必ずあがる先進国型インデックスファンドに投資をするのが正解でしょう。

マネックス証券などは運営管理手数料が無料ですからね。使わない手はないでしょう。
マネックス証券 iDeCo

ソーシャルレンディングであれば、クラウドバンクとクラウドクレジットがおすすめ。

特にクラウドバンクの太陽光発電ファンドは一度も元本割れをしたことないのにこのような高利回りですからね。

私がメインに投資をしている業者になります。
クラウドバンク無料口座開設リンク

また高利回りを狙いたいならクラウドクレジットで海外ファンドに投資をするはかなりおすすめ。

(発展途上国への投資で社会貢献性が高いのが特徴です。)

ただ海外案件故のリスクの高さはあります。(その分高利回り&社会的正義という意味では魅力的ですが。)

そこで私がおすすめしたいのは東欧金融事業者支援ファンド!

本ファンドは今まで十分な償還実績があり、まだ元本割れをおこしていないのが魅力的と言えます。

 

笑顔マークのファンドに投資をするのをおすすめします。

(驚異の年利8%越え!!)

やはり海外案件だけあって利回りが高いですね。

私自身投資をしているからこそ言えるのですが、高信頼度業者にさえ投資をすれば安定したインカムゲインが得られるすばらしい資産運用方法です。

どちらも1万円から投資をできる敷居の低さもおすすめですね。
クラウドクレジット公式サイト

クラウドバンク無料口座開設リンク

ブログやyoutubeなどの副業でどんどん収入源を増やす!

これが一番 おすすめです。

今はyoutubeが人気ですね。ただyoutubeで人気が出て稼げるまで(稼げるようになった場合収入は段違いですが。)には相当の時間と労力がかかります。

15分の動画を撮るのに12時間近くかかるわけで、それを毎日行うのはサラリーマンでは不可能でしょう。

私がおすすめするのはブログ。特に成果型アフィリエイトブログですね。

私がメインで行っているサイトは転職にフルコミットしているサイトを運営しているのですが、1日1時間程度の作業量で、大体月収60万以上あります。(そしてこのブログも資産化しています。)

ブログのメリットは隙間時間に作業できます。だからこそサラリーマンにおすすめの副業ですね。

メインで使っているのはA8.net

業界最大手だけあって多くのジャンルのアフィエイトプログラムを取り扱っているので優秀です。

A8.net公式サイト

結論として年収1000万欲しければ収入源を増やして、資産運用しろ!

これにつきるでしょう。年収1000万というのは並みの努力では届かない数字です。

特に20代で達成しようとおもったら、正しい戦略で攻略するしかありません。

だからこそ私は

(会社の収入+ブログの収入+可処分所得×利回り)×12ヶ月=約1,500百万を達成したわけです。

ただこれ私がすごいという意味ではなく、正しい戦略さえ組めば、私レベルでも20代で年収1,500百万を達成できるわけですから。

そう考えると日本はまだまだ捨てたものではないし、正しい戦略の重要さを痛感します。

この記事を読んでくださった方にお伝えしたいのですが、上記方法以外にもいくらでもお金を稼ぐ方法なんてあります。

どの手段を使っても私は問題ないと思います。

ただ唯一やってはいけないのは

諦めて、日本のせいにすること。

未来を切り開くのは自分自身だと思い、覚悟を決めれば、どんな人でも間違いなく年収1000万は達成できます。

私は今年は2000万を目標とします。そうなると資産運用の割合を増やしていく必要があります。

ですので、ソーシャルレンディングでは上述の通り、高信頼度業者と断言できるクラウドバンクとクラウドクレジットメインで投資を行っていきたいと思います。

クラウドクレジット公式サイト

クラウドバンク無料口座開設リンク

 

おすすめしたソーシャルレンディングを徹底比較した人気記事は下記リンクからどうぞ

ソーシャルレンディング事業者比較リスク信頼度ランキング!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. けむけむ より:

    てっきり給与収入だけの話かと思っちゃいました。
    投資と加算して計算したら、去年までは越してそう。
    今年は流石に無理ですね^^;

    • tanabe54 より:

      けむけむさま
      さすがです。私のような20代の男ではなかなか難しいかと笑
      すべて合わせて1000万超えるような男のブログなので温かい目で見て頂ければ幸いです。笑