owners book

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ人気信頼度ランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
owners book

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴は4点。ホームページが異常にシンプル。高利回り業者である。社長の過去が怪しい、または一切情報がない。ホームページ上に顔写真があがっていない。上記4点が不正を起こし、危険なソーシャルレンディング業者といえる。高利回り業者ではクラウドクレジットのみに投資をするのが正解
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング!2019年!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者ランキングベスト3位。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者3社。
CREAL(クリアル)

不動産型クラウドファンディングおすすめ!信頼できる業者比較と特徴[投資家向け解説!]

maneoと異なり不正ができない仕組みになっている不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンドを解説。不動産型クラウドファンディング業者はのcreal住所が明記。劣後出資者として投資家の同じファンドに投資。owners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。信頼性別格。
owners book

owners bookは匿名化解除!一番信頼できリスクが低くお勧めの理由!

匿名化がついに解除されたソーシャルレンディング業者であるownersbookは担保の保全性の高さは最強。利回りが低いがリスクが極小。社長のバックグラウンドも固い。LTVの低さもリーマンショック級がきても元本の棄損がおきない。追加配当ありのファンドは年利14%越えもあり、上場企業の傘下で不正リスクも低い。お勧めの業者
FANTAS funding

ソーシャルレンディング徹底比較!低リスク、高信頼度業者がおすすめ!最新版ランキング!

ソーシャルレンディング&クラウドファンディング投資家は今後利回りよりも安全性と業者の信頼度を重視する時代にシフトしていきます。信頼できる条件は上場企業の傘下、証券会社が運営、大企業が出資している、CFでファンドの住所が明記されているなど。2019年は業者としても安定性、信頼性。徹底比較したおすすめランキング!
CREAL(クリアル)

不動産系ソーシャルレンディング高信頼度業者ベスト3!何故信頼できる?徹底比較!<追記>

不動産系ソーシャルレンディング&クラウドファウンディング業者のお勧めランキング。信頼できる理由を上場企業の傘下や担保評価の正当性、これまでの実績などで客観的に評価。お勧めできるファンドとその内容。不祥事を起こした起こしたソーシャルレンディング業者と信頼できる業者を比較。owners book&lendex&crealの評価
Funds

maneo1200億円記念ファンドが債権譲渡になる重大理由!<再追記>

maneo(マネオ)の1200億円突破記念ファンドは売却間近と言われていたが、売却に失敗。債権譲渡で決着がつく可能性が非常に高い。マネオ自身はグリーンインフラ問題やマネオファミリーで信頼を失っており、金融庁を筆頭に公的機関から問題視されている。そのため銀行も融資をしたがらない。これが本件債権譲渡になるだろう理由と言える
owners book

主婦や投資初心者に何故owners bookがお勧め!年利14%の真実は?<追記>

ownersbookが投資初心者や主婦にお勧めの理由は事業者としてもファンドとしても非常に安全な点。LTVが非常に低くこれはリーマンショック級が来ても元本が棄損しない。上場企業の傘下であるため不正のリスクは皆無。追加配当という形でownersbookは予想された配当よりも高くなることもあるため非常にお勧めの業者
maneo

maneo(マネオ)は何故危険なのか?担保評価が一切当てにならず不誠実!

ソーシャルレンディング業界最大手であったmaneoで延滞が続いています。maneoは担保査定を一切していなかったどころか、担保価値の水増しを繰り返す。その結果、多くの投資家が元本の毀損を迎えることになりました。投資をするのであればLTVが正確な上場起業の傘下であるownersbookであれば事態は避けられました。
Advertisements