maneo

maneo

maneo(マネオ)で20億越えの遅延!貸し倒れ?競売で元本割れか!?今後どうなる?川崎ファンド!

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。抵当権順位付きファンドであるが、高抵当権順位者すら助からない可能性が高い。事件発覚以降全く進捗して折らず、マネオの不誠実さが目につく。
maneo

maneo投資家は何故ここまで損害を被る?債権回収能力&やる気なし!<追追記>

maneo(マネオ)は手数料で儲けたいが為に、ファンドの担保価値の水増しを行います。川崎ファンドでは年利15%で貸し付けを実行。マネオファミリーや本体の遅延ファンドでは回収に動いていません。損害は投資家に被らせればよいという姿勢をマネオは貫いています。今現在最も信頼できない業者と言えます。投資のリスクが高すぎます。
maneo

maneo(マネオ)が大丈夫だと思うなら投資すれば?監査法人も外れましたね<追記>

maneoは危険。不正問題が収束するまで投資家は絶対に近づかないほうがよい。
maneo

ソーシャルレンディングで全件期失は投資家の責任なのか?個別案件とは異なる!

ソーシャルレンディングで全件期限の利益の喪失を起こした場合、責任は投資家ではなく、不正を行った事業者に責任があると言えます。
maneo

maneo&maneoファミリーが大量期失はグリフラ問題以降なら予想できたのか?

グリーンインフラレンディングの問題発覚以降一度も誠実に対応していないマネオ&マネオマーケットは信頼すべきではなく、再投資すべきではなかった。金融の世界は信頼がすべてであると再確認することが投資家に求められる。
maneo

maneo&maneoファミリーが大量期失すると1年前から見抜けたのか?

maneo&maneoファミリーの大量期限の利益の喪失問題を1年前から見抜くことは不可能。各種VC。業界最大手。貸し倒れほぼなしという実績。ただしグリフラ問題発覚以降はお金をマネオから抜いていくべきだった。金融庁から問題を指摘された以上、投資家は楽観論に頼るべきではない。問題が発覚した業者は様子見が正解だろう。
maneo

maneoの金曜日に遅延メール送ってくるのは不誠実すぎ&計13億の新規期失!

maneoの金曜日業務時間終了後に期限の利益の喪失メールを送ってくる姿勢は不誠実極まりない。今回は13億の遅延であり、5月募集額の約3倍。今現在危険な業者筆頭と言える。またクラウドバンクの太陽光発電ファンド&キャンペーン。crealファンド。fundinnoの医療ファンドなど優秀な業者のファンドについて解説した。
maneo

maneoで約13億の新規遅延。5月の募集金額の約3倍!

maneoの5月の遅延金額は約13億。5月の募集金額が約3.5億のことを考えると募集金額の約3倍が遅延する結果となりました。今現在マネオに投資することは危険すぎます。ですので私は今現在マネオに投資をするのは一切おすすめできません。
maneo

maneoがまた期限の利益の喪失!今回は3件!それでもあなたはマネオを信じる?

マネオでまた期限の利益の喪失。やはり投資をしてはいけない業者の筆頭と言える。
maneo

グリーンインフラレンディングファンドをマネオで募集!マネオがJCS債をとばした過去あり!

グリーンインフラレンディングのファンドはマネオで募集されていました。マネオの滝本氏はマネオ本体ではグリフラファンドを募集しないと明言していたのにもかかわらず。グリーンインフラレンディングはマネオのJCサービス債権を飛ばすために作られた業者可能性があります。であればマネオの滝本氏にも責任があります。
Advertisements