maneo

Funds

maneo(マネオ)川崎ファンドは元本割れ決定的!20億遅延で今後どうなる?サービサーへ売却か!?

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。Jトラストの藤田氏が株式取得。回収がほぼ不可能な本件はサービサーへ売却される。
maneo

maneoが倒産する可能性は大幅減!投資家にとっては朗報も川崎ファンドをどう処理する?その他ニュース

maenoが倒産するという最悪のシナリオは避けられる運びとなった。Jトラスト社の藤澤氏がmaneo前社長の滝本氏の株式を取得することを発表。maneoと提携しながら業務再建を図る。この倒産が避けられるのは投資家にとっては朗報。ただし川崎ファンドなど回収が厳しいファンドは投資家の元本の大幅毀損は避けられない。
maneo

maneoがSAMURAI&Jpartnersと提携!maneoの期失ファンド一歩前進か!?速報!

maneoがSAMURAI&Jpartnersの傘下に置かれることが発表された。maneo滝本氏の株式をSAMURAIの藤澤が取得。Jトラストは債権回収のプロ集団であり、一向に進展しないmaneoの期失ファンドが進展する可能性が高い。回収可能性が高いファンドは取り返せる。また損失が確定すれば確定申告で取り戻し可能。
maneo

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由!業界一位SBIが不動!<追記>

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由は担保査定能力と債権回収能力の違い。マネオの川崎ファンドからわかるようにマネオには債権回収能力がなく、また二億程度の土地を一六億と評価。一方SBIソーシャルレンディングは不動産ファンドで遅延した場合でも、元本の90%を回収。不動産業にも力を入れていく。
Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家貸倒れ?監査法人も外れる!同意事項も異常!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家のお金はどうなるのか?と聞かれると、ディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人の手に渡ります。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合う。非常にリスクが高い状態におかれることとなります。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ人気業者比較信頼度ランキング!2019年!徹底解説!投資実績付き!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業者で一番複利のパワーを使えるのはどこだ!?投資成績付きで徹底調査!

ソーシャルレンディングにおいて多額の投資をするのであればマネオが一番複利の効果を感じられ、少額の投資であればクラウドバンクが一番複利の効果がある。満期一括型であれば(税制上満期一括型が有利)クラウドクレジットが高利回りでおすすめ。マネオ、クラウドバンク、クラウドクレジットは安定し、信頼できるリスクの低い業者といえる。
LENDEX

maneoと異なり担保を正確に査定している誠実業者はどこ?LENDEX高利回りファンドに投資成功!

maneoは川崎ファンドで担保価値の不当な水増しをおこなった。2億程度の土地を16億と偽り投資家を募った。競売、そして特別売却の4億でもうれず、抵当権順位者3位以下の全損がほぼ確定的となった。投資家に対する安全性をうたっていたのにもかかわらずである。一方LENDEXは東急リバブルの査定がついており、担保価値は正確。
maneo

maneo(マネオ)が大丈夫だと思うなら信じればよい!?監査法人も外れ、不正問題は一向に収束しない。

maneoは危険。不正問題が収束するまで投資家は絶対に近づかないほうがよい。
Funds

maneoから新たに3件で10億強の遅延が発表!おそらく返ってくる!maneo遅延連発!

maneoから新たに3件の2019年9月に期限の利益の喪失(遅延)が発表された。第一抵当権順位者であることなど考えると3件とも元本が返ってくる可能性が高い。ただし既に300億以上の遅延を引き起こしていることなどを考えると、今現在はマネオから償還されるたびにお金を抜いていくことが正しい戦略であり、それが身を守る。
Advertisements