maneoの遅延

maneo

マネオ(maneo)収益アパート元本割れファンド貸付け先は最悪!再度虚偽説明!

マネオ(maneo)の収益アパートファンドは元本棄損。元本棄損率は約27%。マネオは投資家に安全なファンドと歌っていたのにもかかわらず、担保評価はいい加減為、投資家に損害を与えた。また報告も遅れ、マネオマーケットの隠蔽体質も浮き彫りに。また市況環境の悪化が原因ではなく最終貸し付け先不祥事が原因。再度の虚偽説明といえる。
maneo

maneoで再度延滞発生!虚偽の募集や担保価値の水増し業者!<追記>

maneo(マネオ)のファンドで再度遅延が発生。今回は沖縄のホテルファンド。遅延理由がオペレーターの選定に時間がかかり、資金繰りがうまくいかなくなったと説明しているが真実はリファイナンスができなくなったからに他ならない。虚偽説明を繰り返し、担保価値を水増しするmaneoに投資するのは非常にリスクが高いと言える
maneo

maneo20億川崎遅延ファンドは元本大幅毀損確定!担保価値大幅水増し!

maneo(マネオ)の20億遅延川崎ファンドの担保は市街化調整地区。立て替えを行う場合開発許可が必要であり、許可が下りなければ土地の価値は皆無。プロの鑑定の結果担保価値はわずか1.2億ほどであり、抵当権第一位ですら元本割れの可能性がある。担保価値を不当に水増しし、投資家を危険にさらすマネオに今は投資をすべきではない。
maneo

maneo本体が全件期失で投資家元本全損はあり得るのか?解説!<追記>

マネオ本体のファンドが全件期限の利益の喪失となり、投資家の元本が大幅に返ってこない。ということは非常に考えずらい。というのもマネオ自体は事業の継続に意欲的で、他の詐欺を行った業者と異なる。ただマネオファミリーへの対応。虚偽説明。担保価値の査定力。どれも金融事業者としてはあり得ないので、決して投資をすべきでない。
maneo

maneo(マネオ)の川崎ファンドからの定期債権回収に関わる報告!やっぱ信頼できない!

マネオの川崎ファンドの遅延報告。相変わらずの進展なし。川崎ファンドの担保価値は16億もない上、債権回収に関する報告をここまで遅れさせるというのは許されません。やはりマネオに対する投資は今は控えるのが正解でしょう。
maneo

マネオ本体&マネオファミリーの大遅延と根本的な大問題

マネオ本体とマネオファミリーの遅延ファンド一覧。グリーンインフラレンディングの不正問題の影響で、マネオファミリーがリファイナンスできなくなり、多くのファンドで遅延が発生。またマネオマーケットは投資家やファミリーを軽視しており、今はマネオへの投資を見送るのが吉
maneo

maneo(マネオ)1200億円突破記念ファンドから債権回収報告!

maneo(マネオ)の1200億円記念ローンファンドで遅延が発生。その債権回収報告についての所感。本件は手付金が支払われていることからも回収の蓋然性は高いが注視が必要
maneo

maneo(マネオ)不動産担保1,200億円突破ファンドで16億の大遅延発生!貸し倒れ?今後どうなる?<追記>

maneo(マネオ)の不動産担保付き1200億突破記念ローンファンドで16億円の大幅金額の遅延が発生しました。ただ本件はすでに手付け受領済みで、遅延理由も隣接地とともに高値で売却しようとした結果、期日に間に合わずに遅延。更に約定利息の入金はあり。今後の注視は必要ですが、元本の棄損の可能性は低く、貸し倒れはないでしょう。
maneo

マネオ太陽光発電ファンドで再度延滞が発生!元本割れは?今後どうなる?<追記>

マネオの【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資での一斉遅延発生。本件は太陽光発電ファンド。担保は中央区であり、LTVも低い為、通常通り担保処分を行えば、本ファンドで投資家が元本の棄損がおこるとは考えずらい。投資家はマネオを監視する必要があり。
maneo

マネオ遅延の危険全ファンド!投資家が大損するファンドは?今後どうなる徹底解説!

ソーシャルレンディング業界の大手のマネオ(maneo)で大量に遅延が発生しています。その遅延が発生しているファンドの中でどのファンドが元本大幅棄損の可能性が高い危険なファンドなのか?そして何故その危険なファンドが生まれたのか?何故マネオはそのような危険な業者に貸し付けてしまったのか?ファンド毎に解説しました。
Advertisements