CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)

2019年!ソーシャルレンディング事業者比較リスク信頼度ランキング!お勧めランキング!

信頼できるソーシャルレンディング事業者のランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。ソーシャルレンディング業者の信頼度ランキング。またソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキングを作成した。
CREAL(クリアル)

crealから大型保育園ファンドが登場!キャンペーンが最強な件!<追記>

crealの保育園ファンドは大規模ファンドの為クリック合戦がなく多くの投資家が投資できるおすすめのファンドだ。creal自身のバックグラウンドも信頼でき、2019年おすすめのクラウドファンディング業者と断言できる。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング!crealとFANTAS徹底比較!メリット!お勧めは?<追記>

不動産クラウドファンディングの新事業者のcrealとFANTAS fandingは、多くの共通点がある。住所が明記されており、どちらの業者も劣後出資者として投資家の安全が図られている点。相違点はcrealは都心の一等地の土地が中心で、クリアルは千葉などの副都心。利回りはFANTAS fandingのが高い。
FANTAS funding

ソーシャルレンディング徹底比較!2019年は低リスク、高信頼度業者に投資!<追記>

ソーシャルレンディング&クラウドファンディング投資家は今後利回りよりも安全性と業者の信頼度を重視する時代にシフトしていきます。信頼できる条件は上場企業の傘下、証券会社が運営、大企業が出資している、CFでファンドの住所が明記されているなど。2019年は業者としても安定性、信頼性。その上での利回りの評価になります。
CREAL(クリアル)

不動産系ソーシャルレンディング高信頼度業者ベスト3!何故信頼できる?徹底比較!<追記>

不動産系ソーシャルレンディング&クラウドファウンディング業者のお勧めランキング。信頼できる理由を上場企業の傘下や担保評価の正当性、これまでの実績などで客観的に評価。お勧めできるファンドとその内容。不祥事を起こした起こしたソーシャルレンディング業者と信頼できる業者を比較。owners book&lendex&crealの評価
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンド。不動産型クラウドファンディング業者のcrealとFANTAS fundingは住所が明記されており、劣後出資者として投資家の同じファンドに投資をする。ソーシャルレンディングのowners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。
CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)のファンドが年利10%越え!10%越えがあり得る理由<追記>

不動産型クラウドファウンディングの新事業者クリアルのファンドは何故年利10%を超えるのか?それはオープニングキャンペーンのキャッシュバックと、ファンドの運用期間の短さが重なった結果、年利換算10%の超高利回りファンドが生まれた。クリアルは事業者としても信頼できる為、メインの投資先していける高信頼度業者
CREAL(クリアル)

Funds!creal!Fantas!新規参入事業者のメリットと特徴!お勧め!徹底比較!<追記>

2019年中心になるであろう不動産クラウドファンディングのcrealとFANTAS funding。ソーシャルレンディング業者のFUNDs。その事業者リスク、社長の人柄、ファンドの内容、信頼性、メリットなど徹底調査し、比較。お勧めの投資先と断言できます。
CREAL(クリアル)

crealファンドが他のソーシャルレンディングファンドより優秀な重大理由!

不動産型クラウドファウンディング業者のcreal(クリアル)は事業者自身が劣後出資者になっているスキーム上、投資家と同じ方向を向くセイムボート。ファンドとして非常に固く、成功しやすい。また社長横田氏のバックグラウンドも信頼でき、今後大きく発展していく。他の業者と異なり、事業者自身もリスクを負っている。