ラッキーバンク

maneo

maneoの被害者には責任はない!担保価値の水増しは投資家が見抜くのはほぼ不可能!<追記>

maneoが担保価値の水増しをしていたことを当時の投資家が見抜くことは不可能。業界最大手、VCが出資、LTVが低い、投資家にとって安全なファンドと記載されていた当時に見抜ける可能性は皆無。ラッキーバンク、みんなのクレジット被害者にも言えることだが、ソーシャルレンディングで騙されたことに落ち度はなく、責任は業者にある。
LENDEX

LENDEXから年利13%の超高利回りファンド!怪しいソーシャルレンディング業者?メリット解説!

LENDEXから年利13%の超高利回りファンドが募集発表!通常であれば年利13%はあり得ないが、短期売買におけるつなぎ融資ならば有り得る。またLENDEXのファンドは全件東急リバブルの査定がついており、ファンドの担保評価額は正確。不正を起こす可能性は非常に低く、高利回りのなかでも屈指のお勧めのソーシャルレンディング業者
ソーシャルレンディング

ラッキーバンクは貸し倒れで債権譲渡が確定!集団訴訟で裁判はどうなる?詐欺は確定的で免許取り消し処分

ラッキーバンクはサービサーへの債権譲渡、投資家の元本が大幅に棄損するという最悪の結末を向かえました。何故ラッキーバンクは不正が行えるスキームになっており、親族に貸し出しを行えたのか?貸し付け先の財務状況は最悪。詐欺事件なのか?投資家は集団訴訟も相当難しい。日本の不動産市場と、信頼できる不動産担保付きファンドの解説。
Advertisements