マネオ

maneo

maneo(マネオ)で20億越えの遅延!貸し倒れ?競売で元本割れか!?今後どうなる?川崎ファンド!

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。抵当権順位付きファンドであるが、高抵当権順位者すら助からない可能性が高い。事件発覚以降全く進捗して折らず、マネオの不誠実さが目につく。
maneo

maneo投資家は何故ここまで損害を被る?債権回収能力&やる気なし!<追追記>

maneo(マネオ)は手数料で儲けたいが為に、ファンドの担保価値の水増しを行います。川崎ファンドでは年利15%で貸し付けを実行。マネオファミリーや本体の遅延ファンドでは回収に動いていません。損害は投資家に被らせればよいという姿勢をマネオは貫いています。今現在最も信頼できない業者と言えます。投資のリスクが高すぎます。
maneo

キャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?全件キャンセル!担保無断売却!

キャッシュフローファイナンスの遅延ファンドの担保に価値はありません。投資家の元本の棄損は間違いなく避けられない。株式は無価値。カーボン化する装置の価値は不明。リースバック契約であるため返済義務のないファンド。そもそもキャッシュフローファイナンスは大赤字経営であるため、信頼できません。担保の無断売却も発覚しました。
maneo

maneo20億川崎遅延ファンドは元本大幅毀損確定!担保価値大幅水増し!

maneo(マネオ)の20億遅延川崎ファンドの担保は市街化調整地区。立て替えを行う場合開発許可が必要であり、許可が下りなければ土地の価値は皆無。プロの鑑定の結果担保価値はわずか1.2億ほどであり、抵当権第一位ですら元本割れの可能性がある。担保価値を不当に水増しし、投資家を危険にさらすマネオに今は投資をすべきではない。
maneo

maneoに業務改善命令に基づく改善対応策を直接問い合わせた結果報告<追記>

マネオマーケットから発表された業務改善命令に基づく改善対応策を直接問い合わせた結果報告。マネオマーケットは金融庁の監視の下にあり、金融庁が認めた内容しか発表できない。マネオマーケットは存続させる意思はある。マネオやその他マネオファミリーのファンドが投資家に償還されず、グリフラ投資家に償還されることは法的にもありえない
maneo

maneo滝本社長が退任!投資家にとって朗報?悲報?両方を解説!<追記>

ソーシャルレンディング最大手のmaneo社長の滝本氏が退任し、株式の売却が行われることが発表されました。ポジティブな一面としては新株主が大手企業でmaneoが再度投資家からの信頼を得て、最大手になる可能性がある点。ネガティブな面は滝本社長は責任をとらずに退任し、更に大きな問題が発覚する可能性も十分考えられる点です。
maneo

マネオマーケットへの訴訟がついに開始とNHKが報道!グリフラ問題!

maneoマーケット(マネオマーケット)への訴訟が明日より本格化します。グリーンインフラレンディングの返済が進んでいるように見せかけたのはこの報道を見越してのことだったのでしょう。このようにマネオマーケットは投資家にとって非常に不誠実です。ですので今現在はマネオへの投資は見送るべきでしょう。
maneo

maneo(マネオ)の川崎ファンドからの定期債権回収に関わる報告!やっぱ信頼できない!

マネオの川崎ファンドの遅延報告。相変わらずの進展なし。川崎ファンドの担保価値は16億もない上、債権回収に関する報告をここまで遅れさせるというのは許されません。やはりマネオに対する投資は今は控えるのが正解でしょう。
maneo

maneo(マネオ)1200億ファンド!報告が誠実なら元本回収は可能!

maneoの1200億突破記念ローファンドの元本の回収の可能性は極めて高い。手付金も受領していることからも3月末の売却は十分可能。ただマネオの20億遅延ファンドを筆頭にマネオは担保評価を誠実に行っておらず、今現在マネオに投資をすべきではないだろう。
maneo

マネオ本体&マネオファミリーの大遅延と根本的な大問題

マネオ本体とマネオファミリーの遅延ファンド一覧。グリーンインフラレンディングの不正問題の影響で、マネオファミリーがリファイナンスできなくなり、多くのファンドで遅延が発生。またマネオマーケットは投資家やファミリーを軽視しており、今はマネオへの投資を見送るのが吉
Advertisements