マネオの遅延

maneo

maneo(マネオ)川崎ファンドは競売失敗で元本割れ!?20億遅延で今後どうなる?

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。抵当権順位付きファンドであるが、高抵当権順位者すら助からない可能性が高い。競売に出すも不買。売れて二億程度の土地であり、担保を正確に査定していなかった。
maneo

maneo(マネオ)は川崎ファンドの失敗を認めるのが誠実なのでは?ついに競売へ!

maneo(マネオ)の川崎ファンドでの20億の遅延。担保価値を業者見積もり価格といういい加減なことを行ったことが原因です。土地の価値などせいぜいあって3億というのが事実でしょう。そのような反省点を素直に認め、顧客からの信頼回復をにつとめるのがマネオが復帰できる唯一の方法でしょう。
maneo

maneo20億川崎遅延ファンドは元本大幅毀損確定!担保価値大幅水増し!

maneo(マネオ)の20億遅延川崎ファンドの担保は市街化調整地区。立て替えを行う場合開発許可が必要であり、許可が下りなければ土地の価値は皆無。プロの鑑定の結果担保価値はわずか1.2億ほどであり、抵当権第一位ですら元本割れの可能性がある。担保価値を不当に水増しし、投資家を危険にさらすマネオに今は投資をすべきではない。
maneo

maneo(マネオ)20億の遅延!担保評価額の正当性は?owners bookの誠実さ!

マネオの20億一斉遅延だが詐欺の可能性はまずない。不正の可能性も低いが、担保の査定が相当甘かったというのは否定できない。抵当権順位付きファンドでは低抵当権者はかなり棄損する。抵当権付きファンドは投資家は多少元本を棄損する。ただ上場企業の査定が付いているなど信頼できる業者以外への投資は見送るべきだろう。
maneo

maneo(マネオ)で競売!貸し倒れは避けられず!20億遅延ファンド今後どうなる!?競売とは!?

maneo(マネオ)でおきた20億のファンドの遅延。川崎の担保物件は業者の買い取り価格のため、適正価格と異なっており、低抵当権順位者の元本割れは避けられません。担保物件の立地条件の悪さで任意売却できず、競売で売却されることになった。競売はスムーズに売却ができる反面市場価格以下で売却されるため元本割れは避けられません。
maneo

maneo(マネオ)の20億遅延の債権回収に関する報告への簡単な所感!今後どうなる!?

マネオの20億遅延の債権回収に関する報告への所感としてはファンドを組成したいがため担保について相当甘く査定した。ただ身内貸しをしていない以上マネオをメンツにかけて全力で回収図るでしょう。おそらく90%以上を回収したSBIソーシャルレンディングと比較されるため回収のデッドラインは90%。マネオの今後を占います。
maneo

maneo(マネオ)の20億の遅延!何故元本割れ?今後どうなる?

maneo(マネオ)のファンドで20億の大幅遅延。担保が付いているのにも関わらず投資家の元本の棄損(元本割れ)が起こりうるのは担保の評価を業者買い取り価格で決めていた。担保価値を水増していた。ファンドがうまくいかなかった場合のリスクを考えていなかった。複合的要因がありますが投資家軽視のマネオの姿勢は信頼できません。
Advertisements