グリーンインフラレンディング

maneo

グリーンインフラレンディングファンドをマネオで募集!マネオがJCS債をとばした過去あり!

グリーンインフラレンディングのファンドはマネオで募集されていました。マネオの滝本氏はマネオ本体ではグリフラファンドを募集しないと明言していたのにもかかわらず。グリーンインフラレンディングはマネオのJCサービス債権を飛ばすために作られた業者可能性があります。であればマネオの滝本氏にも責任があります。
クラウドバンク

グリーンインフラレンディングとクラウドバンクの太陽光発電ファンドの違い!<追記>

クラウドバンクの太陽光発電ファンドは売電価格が非常高いため、高利回りも期待できます。グリーンインフラレンディングの太陽光発電ファンドは年利が高すぎて信頼できません。グリフラの不正問題からわかるとおり、信頼できる業者にのみ投資をするというのが求められ、証券会社が運営するクラバンの信頼度は別格といえるでしょう。
maneo

グリフラ!ガイア!CFF!マネオ本体!クラリ!一番危険でやばいマネオファミリーはどれ!?<追記>

マネオ&マネオファミリーで今何がおきているのか?大遅延しているファンドは何故遅延を起こし、元本が返ってくる可能性が低い危険なファンドはどれなのか?グリフラ、ガイア、CFF、マネオ本体など問題を起こす業者に投資をするのではなく信頼できる業者にのみ投資をすることで安定したインカムゲインが得られます。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングの訴訟開始!も2回目からは非公開!狙いは?<追記>

グリーンインフラレンディングとマネオマーケットの狙いは、グリフラ問題訴訟組との和解。マネオマーケットとして一番避けたいのは裁判で不正が明るみに出た結果、金融第二種免許を取り消され、プラットフォームビジネスで儲けることができなくなること。裁判が開始されたが2回目以降は非公開であり、訴訟組との和解が一気に進む可能性が高い。
グリーンインフラレンディング

JCサービス問い合わせ!虚偽の対応!グリフラ裁判で訴訟組が勝つ理由!

JCサービスの主張では、ファンドへ正常に貸し付けが行われており、補助金の返還命令や、NHKや関東財務局の指摘内容は虚偽であるとの主張。だが信頼性では金融庁や財務局のが正である。裁判でも公共機関の書面が証拠として採用され、グリフラ裁判では訴訟組が勝訴するだろう。ただその前に和解がなされる可能性が高く、訴訟組には返金される
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングは貸し倒れの可能性大?今まで虚偽と今後どうなる?<追記>

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列にまとめました。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できません。またマネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返しており、お金の分別管理も一切できていません。返済計画にも進展がなく、グリフラ投資家への償還は厳しく、元本の大幅毀損もあり得る詐欺に近い状態です。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングの60%の返済は虚偽の可能性大!<追記>

グリーンインフラレンディングのファンドについて、JCサービスが60%を目処に返済と発表。ですがJCサービス&グリーンインフラレンディングは今までの虚偽の説明を繰り返しており、信頼性としては極めて低い。NHKでの報告を見越しての発表であり、提訴を避けるのが目的だろう。やはりグリフラは信頼できないと言える。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングの説明は虚偽!?訴訟組が有利な理由!

グリーンインフラレンディングは虚偽説明でファンドの募集を、資金を不適切に流用。分別管理を行っていなかった事実を関東財務局が発表しました。結果グリフラの説明は常に虚偽と判断できます。グリフラ訴訟は訴訟組が虚偽の説明であった以上勝訴。裁判で今までの不正をばらされたくないグリフラが和解を持ちかけ訴訟組はお金が返ってきます。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングから分配のお知らせ!もわずか3億!狙いは?<追記>

グリーンインフラレンディングから3億円の分配が発表されました。15.5億の供託金の中からわずか3億の分配です。そもそも分別管理ができていなかった状況では、資金の紐付けはできません。そしてグリフラとマネオマーケットの狙いは投資家との和解。不正が裁判で明るみにでて、金融二種免許の取消をさけることが目的です。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング延滞への報告!投資家資金を裁判の和解に!?<追記>

グリーンインフラレンディングより延滞に関する報告!3月も分配できず一切進展なしという内容。バイオマスファンドは壊滅的です。マネオマーケットとグリフラの狙いとしては、裁判まで持ち込み、15.5億を和解金として使用するのが狙いの可能性があります。金融庁も激怒しており、今後のシナリオについては注視が必要でしょう。
Advertisements