CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング!2019年徹底比較!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
owners book

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴は4点。ホームページが異常にシンプル。高利回り業者である。社長の過去が怪しい、または一切情報がない。ホームページ上に顔写真があがっていない。上記4点が不正を起こし、危険なソーシャルレンディング業者といえる。高利回り業者ではクラウドクレジットのみに投資をするのが正解
未分類

ユニコーンとfundinnoの同意点と相違点!未上場企業に投資!株式投資型クラウドファンディグ!

株式投資型のクラウドファンディング業者fundinnoとユニコーンの同意点と相違点。同意点としては未上場企業の株を取得し、高値で売却をめざすし、それを投資家に還元するハイリスクハイリターン投資。相違点は最低投資金額や今までの実績。どちらも信頼できる業者だがキャンペーンがある分若干ユニコーンが有利と言えるだろう。
maneo

キャッシュフローファイナンスの担保不正売却自白は関東財務局の指示ならあり得る。

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却。そしてその金銭を他のファンドの償還に充てるという重大な不正が発覚した。このような不正を自ら吐露するのは考えずらかったが、関東財務局or金融庁の指導があった結果、行ったと考えるのは十分あり得るシナリオだろう。
Funds

キャッシュフローファイナンスの担保無断売却ってどう考えても異常。狙いはあるの?

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却。そしてその原資を他のファンドの償還に当てるというポンジスキームが発覚した。金融の世界では許されない。不思議なのはなぜ自らこのような不正行為をメールに記載したのか?謎は多いが、間違いなく言えるのはやはり今現在マネオファミリーはもっとも投資してはいけない投資先と言える。
CREAL(クリアル)

crealから大型案件発表!現物不動産購入の進捗について!

crealは5月に大型案件のファンドがでてくるか?かつて大型ファンド募集時はキャッシュバックキャンペーンが行われた。広告キャンペーンからも可能性大。また不動産型クラウドファウンディング業者であり、信頼性は屈指といえる。またその信頼度の高さから現物不動産を購入することを決意。2019年6月は宿泊施設。7月は大型ファンド
maneo

ソーシャルレンディングで全件期失は投資家の責任なのか?個別案件とは異なる!

ソーシャルレンディングで全件期限の利益の喪失を起こした場合、責任は投資家ではなく、不正を行った事業者に責任があると言えます。
クラウドバンク

クラウドバンクのキャンペーンは明日まで!業界一位を狙っている!?<追記>

クラウドバンクの2019年5月~6月のキャンペーンは不正をおこした業者の顧客をクラウドバンクに投資をしてもらうことが狙い。新規口座開設で2000円。投資で1%のキャッシュバックとかなり太っ腹なキャンペーンと言える。
maneo

キャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?全件キャンセル!担保無断売却!

キャッシュフローファイナンスの遅延ファンドの担保に価値はありません。投資家の元本の棄損は間違いなく避けられない。株式は無価値。カーボン化する装置の価値は不明。リースバック契約であるため返済義務のないファンド。そもそもキャッシュフローファイナンスは大赤字経営であるため、信頼できません。担保の無断売却も発覚しました。
キャッシュフローファイナンス

キャッシュフローファイナンスの担保無断売却は危険で異常!

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却が発覚した。上場企業ではありえないレベルの不祥事と言える。やはりマネオマーケットには決して投資をしてはいけない。
Advertisements