maneo

maneo(マネオ)ファミリーが債権回収に積極的に動かない理由!事業継続の意思は?<追記>

maneoファミリーが全体的に債権回収に積極的に動かない理由は事業継続の意思をほとんど失っているから。リファインスを前提としてファンドを組成していたが、グリフラ問題を発端とし、リファイナンスの基準を厳格化。その結果事業が継続できなくなったマネオファミリー事業者はマネオマーケットに激怒。債権回収を投げ出したことが原因。
CREAL(クリアル)

creal大型ファンド発表!今回はホテルファンド!キャッシュバックは?不動産購入打合わせ!<追記>

crealから6月下旬と7月に大型ファンドが組成されることが発表された。creal自身の信頼性の高さ。それは不動産クラウドファンディング業者に分類されるのが大きな要因だ。また大型ファンド組成時はキャッシュバックキャンペーンを行うことが非常に多い。こういった機会を手に入れるのが、投資に求められる姿勢だろう。
ソーシャルレンディング

maneoの同意事項は不穏だしLCレンディングへの投資は一旦様子見?マネオファミリーで口座統合

LCレンディングを含むマネオファミリーがが分別管理用銀行預金口座をmaneoマーケットに移管。金融2種免許を持たないマネオファミリーが口座のお金を管理していること自体が異常であった。
fundinno

fundinnoは怪しい?危険でリスクは?信頼度とファンド!評判!ソーシャルレンディング?<追記>

fundinno(ファンディーノ)はソーシャルレンディングではなく、株式型クラウドファンディング業者と呼ばれる。特徴としてはベンチャー企業の株式を取得でき、その株式を取得したベンチャー企業が上場すると莫大なリターンが得られる仕組みになっている。事業者として怪しい点はないが、ハイリスクハイリターンの投資先と言える。
fundinno

超高利回りが期待できるfundinnoがついにexit成功!驚異の利回りとおすすめジャンルは?

ベンチャー企業に出資ができるfundinnoはハイリスクハイリターンの業者と断言できる。また投資家登録のハードルも高い。お勧めのジャンルとしては医療系と金融系。儲かる2大ジャンルだ。そして医療ファンドでついにexitに成功。一年半で利回りは脅威の50%越え。IPOを目指す以上リスクがあるがリターンも十分期待ができる。
maneo

maneo(マネオ)が大丈夫だと思うなら投資すれば?監査法人も外れましたね<追記>

maneoは危険。不正問題が収束するまで投資家は絶対に近づかないほうがよい。
maneo

maneo(マネオ)は川崎ファンドの失敗を認めるのが誠実なのでは?ついに競売へ!

maneo(マネオ)の川崎ファンドでの20億の遅延。担保価値を業者見積もり価格といういい加減なことを行ったことが原因です。土地の価値などせいぜいあって3億というのが事実でしょう。そのような反省点を素直に認め、顧客からの信頼回復をにつとめるのがマネオが復帰できる唯一の方法でしょう。
FANTAS funding

fantas repro第六号ファンドの再生は断念。fantasの誠実な姿勢と劣後出資!

fantas fundingの第六号ファンドの再生は断念。だがfantasの担保査定は正確であり、20%の劣後出資者。またfantas自身も分配金を確保できる査定と説明していたため、間違いなく投資家の元本に影響はないと言える。
theo

年金2000万円不足問題!お勧めの資産運用方法初心者向けベスト4!得する投資比較!リスク&危険?

年金2000万円不足問題に対して、さまざまな投資法を組合わせることによって効率的に資産を増やしていきます。確定拠出年金idecoや積み立てNISAで長期の資産運用で元本を増やす。ソーシャルレンディングは高利回りのクラウドクレジットなどを活用し、老後まで1億貯めるにはどうしたら良いのかのやり方を解説しています。
next shift fund

ネクストシフトファンドは怪しい?危険でリスクが高い?高利回り?安全性は?評判を徹底調査し比較!

ネクストシフトファンドのカンボジアマイクロローンファイナンスファンドが目標としていた利回り5%以上の実現利回り(8%)を達成した。円安が進行したのが理由だが目標を達成したのも事実。償還実績を重ねることでより多くの投資家から資金を集めることができる。今後も期待できる社会貢献性の高い業者といえる。
Advertisements