maneo

maneo遅延案件はパティール債権回収会社になって動き始めた!ただガイアファンディングは難しいのでは

maneoの国内の遅延案件についてはsamurai証券と関係するパルティール債権回収株式会社が回収に動き始めたことにより、問題解決がすすんできた印象を受ける。一方でガイアファンディングに関しては裁判所からの追加情報の提供を無視するなど、非協力的。アメリカからお金を取り返すことも困難で有り、ファンド債権の回収は難しい。
LENDEX

LENDEX!RIZINと提携!一部匿名化解除発表!高利回りのソーシャルレンディング業者信頼性向上!

ソーシャルレンディング業者であるLENDEXから匿名化が一部解除されることが発表された。高利回り業者ながら今まで一度の元本割れもなく、全てのファンドに不動産担保がついているため、クリック合戦がおきるほどの人気業者である。また担保査定も東京リバブルの査定がついているため、不当な担保価値の水増しはおきない。おすすめの業者
Funds

fundsの大阪王将ファンドに800%以上投資希望者、KUDANファンドは80%程度なのは納得

fundsの大阪王将ファンドは東証一部上場企業で株価は安定、一方kudanファンドはマザーズ上場企業で株価は1年で3分の一程度に落ちた。同じ利回り2%であれば、大阪王将ファンド人気が集まるのは当然の帰結だろう。funds自身破産法上投資家の保全、また上場企業が最終貸し付け先の返済の義務を負う。投資家に安全性が高い。
CREAL(クリアル)

11月投資はクラウドクレジット、creal、jointαあたりが投資家のメインになりそうですね

crealからはキャッシュバックキャンペーン。クラウドクレジットからは新規投資家登録キャンペーン。jointαは11月上旬に大型ファンドの募集が行われる。ソーシャルレンディング&不動産クラウドファンディングの募集は減少傾向が続いているため、この3社のファンドに人気が集中するだろう。投資家は適切な判断のもと投資を行いたい
fundinno

ソーシャルレンディング高利回り業者4社!優秀なファンドと正しい投資方法はどれ?徹底解説!

高利回りのソーシャルレンディング業者の中でおすすめ業者徹底解説。信頼できる業者としてのエビデンスを持つ業者のみ厳選。証券会社が運営している。大手企業がバックアップしている。SBIの傘下など、客観的な根拠をもつ業者のみ厳選。ファンド毎のおすすめの投資方法や、なぜその業者が高利回りファンドを組成できるのか理由を徹底解説!
fundinno

株式投資型クラウドファンディングでおすすめはユニコーンとfundinno!同意点と相違点!評判解説!

株式投資型のクラウドファンディング業者でおすすめの評判が良い業者はfundinnoとユニコーン。同意点と相違点。同意点としては未上場企業の株を取得し、高値で売却をめざすし、それを投資家に還元するハイリスクハイリターン投資。相違点は最低投資金額や今までの実績。メリット、デメリット、リスク最低投資金額など徹底解説!
クラウドクレジット

クラウドクレジットから大キャッシュバックキャンペーン!初めての投資のおすすめファンドは何!?

クラウドクレジットから再度投資家向けへのキャッシュバックキャンペーン。今回はSBIポイントのため、現金化可能。ルーブル建てファンドが人気だが、ルーブルは通貨として弱いためおすすめできない。投資初心者におすすめは償還実績もあり、ユーロやドルなどの強い通貨で投資が可能な東欧金融事業者支援ファンド!キャンペーンも破格である。
Funds

fundsの新ファンドも利回り2%。この利回りがデフォルトになったら投資する気がなくなる..

fundsの新ファンドも前回同様に年利2%。正直ソーシャルレンディングというある程度リスクを負う投資において、年利2%であれば投資家にとってうまみはすくない。このファンドに投資をするよりもアメリカのインデックスファンドや他のソーシャルレンディングファンドに投資をしたほうが、投資家にとって賢明な判断だろう。
クラウドクレジット

クラウドクレジットで一番人気はユーラシアファンド!もルーブル建て人気は違和感!21ファンド一挙募集!

クラウドクレジットから一気に21ファンドの募集開始された。一番人気はユーラシア金融事業者支援ファンド。しかし本ファンドはルーブル建てであり、あまりおすすめはできない。というのもルーブルという通貨は非常に弱く常に円高ルーブル安にふれる。であればルーブルほど利回りが高くなくとも、ユーロやドルファンドに投資するのが正解だろう
CREAL(クリアル)

crealから年利3%,fundsから年利2%さすがにこの利回りだと投資をする気がおきない!

crealの新ファンドは利回り3%。fundsからは年利2%。安全性が高い業者が増えるのは喜ばしいことだが、利回りが低すぎるため、投資をすることはおすすめできない。年利にして3.5%以上が個人的にソーシャルレンディングやクラウドファンディングにおいて、投資家の安全性が高いファンドという意味においてはおすすめである。
Advertisements