SBIソーシャルレンディング

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ人気信頼度ランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
Funds

fundsはSBIソーシャルレンディングやクラウドバンクを抜き、業界NO.1になれるのか?

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の人気業者であるfundsですが、SBIソーシャルレンディングを抜いて、業界一位になることは有り得ません。fundsは上場企業などの社債に近い安全性の高いファンドを組成することで利潤を上げることを目的としていますが、SBIは大型ファンドでの営業者利益で稼ぐことを目的としているため
maneo

maneoは一年後も業務改善気配なし。マネオファミリー問題も進捗なしで一年経過!

maneoとmaneoファミリーはこの一年間一切進捗なし。maneo本体も業務改善命令が出たのにもかかわらず、何の動きも見えません。グリフラファンドでの虚偽説明や資金の不適切流用や、川崎ファンドでも担保価値水増し。SBIソーシャルレンディングは投資家にこまめに連絡をとり、資金の回収を図りました。この点が違いでしょう。
maneo

maneo(マネオ)ファミリーが債権回収に積極的に動かない理由!事業継続の意思は?<追記>

maneoファミリーが全体的に債権回収に積極的に動かない理由は事業継続の意思をほとんど失っているから。リファインスを前提としてファンドを組成していたが、グリフラ問題を発端とし、リファイナンスの基準を厳格化。その結果事業が継続できなくなったマネオファミリー事業者はマネオマーケットに激怒。債権回収を投げ出したことが原因。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング!2019年徹底比較!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!<追記>

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング人気業者5社比較!クリック合戦で投資困難!?

ソーシャルレンディング業者の中でも特に人気のため、クリック合戦に勝利しなければ投資ができない5社。その5社が人気の理由。なぜ信頼できるのかという説明。そしてそのクリック合戦に勝利するために何に気をつけなければならないのか?何をすれば投資できる確率があがるのか?などの具体的な方法の説明。投資初心者向け記事。
LENDEX

2019年ソーシャルレンディング高信頼度業者比較!優良お勧め会社のファンド!最新版<追記>

ソーシャルレンディング業者で信頼できる業者のみを厳選。何故そのソーシャルレンディング業者が信頼できるのかを客観的に評価。信頼できるソーシャルレンディング業者のお勧めのファンドと何故お勧めなのか?優秀なファンドのみ厳選し、お勧めの業者とファンドをランキング形式で記載。優秀なソーシャルレンディング投資先のみ記載。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
SBIソーシャルレンディング

SBISLの不動産ローン事業者ファンド12億が即完売!マネオ投資家が流れている!

SBIソーシャルレンディングの12億ファンドが約11分で完売。ソーシャルレンディング業界のやらかしを考え、今現在では高信頼度業者に投資家の資金が集まっているためです。SBIソーシャルレンディングはバックがSBIグループであり、業界最大手という信頼性。今までの実績など投資家から信頼される条件としては十分でしょう。
Advertisements