SBIソーシャルレンディング

Funds

maneo(マネオ)川崎ファンドは元本割れ決定的!20億遅延で今後どうなる?サービサーへ売却か!?

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。Jトラストの藤田氏が株式取得。回収がほぼ不可能な本件はサービサーへ売却される。
maneo

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由!業界一位SBIが不動!<追記>

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由は担保査定能力と債権回収能力の違い。マネオの川崎ファンドからわかるようにマネオには債権回収能力がなく、また二億程度の土地を一六億と評価。一方SBIソーシャルレンディングは不動産ファンドで遅延した場合でも、元本の90%を回収。不動産業にも力を入れていく。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!不正を起こす業者の見極め方は!?

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ人気業者比較信頼度ランキング!2019年!徹底解説!投資実績付き!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業者で一番複利のパワーを使えるのはどこだ!?投資成績付きで徹底調査!

ソーシャルレンディングにおいて多額の投資をするのであればマネオが一番複利の効果を感じられ、少額の投資であればクラウドバンクが一番複利の効果がある。満期一括型であれば(税制上満期一括型が有利)クラウドクレジットが高利回りでおすすめ。マネオ、クラウドバンク、クラウドクレジットは安定し、信頼できるリスクの低い業者といえる。
maneo

maneoファミリー&maneo本体は債権回収へ一向に動いていない!不正も多く危険な理由!

maneo&maneoファミリーでは不正が次々と発覚している。クラウドリースは全案件期失の上、担保が存在しない。CFFでは担保の無断売却のうえ、他のファンドの償還に当てる。ポンジスキームに近い詐欺行為が発覚している。maneo本体でも不当な担保価値の水増し。300億以上の償還がストップ。投資家は非常に危険といえる。
FANTAS funding

2019年お勧めソーシャルレンディング業者ベスト5!徹底比較しメリット解説!投資成績はどうだった?

ソーシャルレンディング高信頼度業者を比較。お勧め業者ファンドランキングベスト5。何故その業者&ファンドが信頼できるのか?客観的な基準を用いて、徹底評価。不正を起こす業者とどの点が異なるのか?投資家は何を基準に投資先を決めれば良いのか?高利回りファンドでも信頼できる。担保付きで投資家に安全など様々な角度から業者を評価!
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
Funds

maneoから新たに3件で10億強の遅延が発表!おそらく返ってくる!maneo遅延連発!

maneoから新たに3件の2019年9月に期限の利益の喪失(遅延)が発表された。第一抵当権順位者であることなど考えると3件とも元本が返ってくる可能性が高い。ただし既に300億以上の遅延を引き起こしていることなどを考えると、今現在はマネオから償還されるたびにお金を抜いていくことが正しい戦略であり、それが身を守る。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング!2019年徹底比較!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
Advertisements