samurai

maneo

maneoが倒産する可能性は大幅減!投資家にとっては朗報も川崎ファンドをどう処理する?その他ニュース

maenoが倒産するという最悪のシナリオは避けられる運びとなった。Jトラスト社の藤澤氏がmaneo前社長の滝本氏の株式を取得することを発表。maneoと提携しながら業務再建を図る。この倒産が避けられるのは投資家にとっては朗報。ただし川崎ファンドなど回収が厳しいファンドは投資家の元本の大幅毀損は避けられない。
maneo

maneoと提携する!?ソーシャルレンディング業者SAMURAIは怪しい!?徹底調査!<追記>

ソーシャルレンディング業者のSAMURAIで新規口座開設キャンペーンが発表された。SAMURAIは証券会社が運営している。上場企業の傘下。信託保全されており、サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要など独自のルールをかしている。また今まで貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。
maneo

maneoのファンドは今後不正が多いファンドはサービサーへ売却で、回収できるファンドは回収になります

manjトラストの藤澤氏がmaneoマーケットの株式を取得し、藤澤氏の傘下に置かれることになった。パルティール債権株式会社が債権回収をになうことになる。maneo自身に債権回収能力はないため、投資家にとっては朗報と言えるが、回収可能性が全くないmaneo本体川崎ファンドやファミリーファンドは粛々と切られるだろう。
maneo

maneoがSAMURAI&Jpartnersと提携!maneoの期失ファンド一歩前進か!?速報!

maneoがSAMURAI&Jpartnersの傘下に置かれることが発表された。maneo滝本氏の株式をSAMURAIの藤澤が取得。Jトラストは債権回収のプロ集団であり、一向に進展しないmaneoの期失ファンドが進展する可能性が高い。回収可能性が高いファンドは取り返せる。また損失が確定すれば確定申告で取り戻し可能。
maneo

maneoファミリー&maneo本体は債権回収へ一向に動いていない!不正も多く危険な理由!

maneo&maneoファミリーでは不正が次々と発覚している。クラウドリースは全案件期失の上、担保が存在しない。CFFでは担保の無断売却のうえ、他のファンドの償還に当てる。ポンジスキームに近い詐欺行為が発覚している。maneo本体でも不当な担保価値の水増し。300億以上の償還がストップ。投資家は非常に危険といえる。
LENDEX

maneoと異なり担保を正確に査定している誠実業者はどこ?LENDEX高利回りファンドに投資成功!

maneoは川崎ファンドで担保価値の不当な水増しをおこなった。2億程度の土地を16億と偽り投資家を募った。競売、そして特別売却の4億でもうれず、抵当権順位者3位以下の全損がほぼ確定的となった。投資家に対する安全性をうたっていたのにもかかわらずである。一方LENDEXは東急リバブルの査定がついており、担保価値は正確。
FANTAS funding

ソーシャルレンディング業者でキャッシュバック&キャンペーンが行える業者はどういった業者?

ソーシャルレンディング業者でキャンペーンやキャッシュバックを行う会社は多いが、詐欺目的で行う業者も存在した。見極め方としては独立系で社長の過去が怪しいor不明。異常なまでのキャッシュバック率や10%を超える。反対に信頼できるのは大企業の資本が入っている。証券会社が運営している。上場企業の傘下などが信頼できる特徴。
Advertisements