samurai

maneo

maneoの遅延債権回収がようやく動き始めた!が川崎ファンドやガイアファンドの回収は困難でしょう。

maneoの遅延ファンドの回収がjトラストの傘下であるパティール債権回収株式会社が間に入ったことにより、国内ファンドに関しては回収の見込みがでてきた。投資家にとって朗報と言える。ただし川崎ファンドなどの担保査定を正確におこなっていなかったファンドや、ガイアファンディングなどの管轄法がことなる海外ファンドの回収は困難。
samurai

samurai証券の募集するファンドは優秀!も募集開始時刻にファンドの内容発表は変えて欲しい!

samurai証券の人気が高まっており、ファンドの募集の開始とともにすぐに完売する。以前までであれば、募集開始後もファンドの内容を確認し投資をする時間的余裕があったが、今はそのファンド内容を確認する時間的余裕はない。そのためファンド内容&正確なファンドの募集開始時刻を事前に通知されることがsamurai証券に望まれる。
samurai

ソーシャルレンディングで海外ファンド投資!気をつけるべきポイントとリスク!おすすめの業者&ファンド!

ソーシャルレンディングで海外案件に投資!評判を調査。メリットデメリットとリスク。お勧めファンドについて利回りを含めて徹底解説!外貨建てであればその通貨が強いのか?(常に円高にならないか。)為替ヘッジ付きかどうか。償還実績はどうかなどを調査することが大切。投資にするにたる信頼性が高い海外ファンドについて徹底解説。
Funds

低利回りファンドが増えてきたソーシャルレンディング。利回り3%以上は欲しい。おすすめは?

ソーシャルレンディングでは高利回り至上主義が終焉し、低利回りでも安全性が高いファンドが主流となってきた。ただしfundsの利回り2%は低すぎるし、ownersbookの米国エクイティファンドは運用期間が長すぎる。jointαは利回り3.4%ながら上場企業が劣後出資しているなど信頼性という面で高く、低利回りでもおすすめ
maneo

maneoからsamurai証券ファンドの募集メールは投資家心理を逆なででしょう。今回投資はパス

maneoからsamurai証券でファンドが募集されているメールが届くが今のmaneo投資家の心理を考えると逆効果。maneoは債権回収に注力すべき。またsamurai証券から募集されたインドネシアファンドであるが、Jトラストの保証付きとは言え、海外貸し付け案件で年利5%は相当低いといえる。日本保証ファンドのがおすすめ
maneo

samurai証券からJトラスト保証付きファンドが登場!?保証がついているとなぜ投資家は安全?

samurai証券からJトラストの保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。jトラスト社は債権回収のプロであり、日本保証を傘下に置いている。
Funds

fundsの利回り2%はさすがに投資する気にならない&日本保証付きで利回り4%は優秀

fundsのKudan Deep Techファンドは利回りが2%。さらに貸し付け先もマザーズ上場企業のため、投資はお勧めできない。客観的に見てもsamurai証券の日本保証付きファンドのが優秀。
samurai

SAMURAIからさくらソーシャルレンディング日本保証の保証付きファンドが登場!安全性は屈指<追記>

samurai証券から日本保証の保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。さくらソーシャルレンディングと提携しファンドを募集。更に日本保証付き!
maneo

samurai(サムライ)の評判!おすすめ?ソーシャルレンディング業者サムライ証券徹底分析&解説!

SAMURAI(サムライ)の評判を徹底調査しおすすめできるファンドを徹底解説。証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。業界最大手であったmaneoと提携。信頼できる業者で将来が楽しみと言える。
maneo

maneoファミリーで生き残れる会社、生き残れない会社。不正をしなかった誠実業者はこれだ!

maneoファミリーで生き残れるのは不正を行わなかった業者。他のソーシャルレンディング業者のプラットフォームを使用することは可能であり、実際クラウドバンクに合流などが行われている。一方不正が明らかになっている業者は生き残ることは不可能であり、サービサーへの債権売却など投資家にとって厳しい未来が予想される。
Advertisements