ソーシャルレンディング

CREAL(クリアル)

FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%があり得る理由!<追追記>

FANTAS fundingは不動産型クラウドファンディングに新規参入をしてきた業者。空き家リフォームビジネスや中古マンションビジネスという利益率が高い事業を手掛けているため年利10%という破格の利回りがあってもおかしくない。FANTAS が劣後出資者になるため、投資家の安全性も高く、メインの投資先にしていける高信頼度業者
グリーンインフラレンディング

JCサービス問い合わせ!虚偽の対応!グリフラ裁判で訴訟組が勝つ理由!

JCサービスの主張では、ファンドへ正常に貸し付けが行われており、補助金の返還命令や、NHKや関東財務局の指摘内容は虚偽であるとの主張。だが信頼性では金融庁や財務局のが正である。裁判でも公共機関の書面が証拠として採用され、グリフラ裁判では訴訟組が勝訴するだろう。ただその前に和解がなされる可能性が高く、訴訟組には返金される
maneo

maneo(マネオ)で20億越えの遅延!貸し倒れ?今後どうなるか解説!<追追記>

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。ファンドには担保があるものの、十分な金額ではない。抵当権順位ありのファンドでは高抵当権者から優先され弁済される。期限の利益の喪失もおこっており、担保を処分することになる。マネオの担保の評価査定は甘かったというのは否めない。ポンジスキームという不正の可能性はなし。
owners book

owners bookは危険か?業者&ファンドともに一番信頼できリスクが低くお勧めの理由!

ソソーシャルレンディング業者であるownersbookは担保の保全性の高さは最強。利回りが低いがリスクが極小で特に投資初心者向け。社長のバックグラウンドも固い。LTVの低さもリーマンショック級がきても元本の棄損がおきない。追加配当ありのファンドは年利14%越えもあり、上場企業の傘下で不正リスクも低い。お勧めの業者
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングは詐欺で貸し倒れ?今まで虚偽と今後どうなる?<追記>

グリーンインフラレンディングの不正や問題事項を時系列にまとめました。グリフラ&JCサービス社長の過去は信頼できません。またマネオマーケットもJCサービスも虚偽の説明を繰り返しており、お金の分別管理も一切できていません。返済計画にも進展がなく、グリフラ投資家への償還は厳しく、元本の大幅毀損もあり得る詐欺に近い状態です。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングの60%の返済は虚偽の可能性大!<追記>

グリーンインフラレンディングのファンドについて、JCサービスが60%を目処に返済と発表。ですがJCサービス&グリーンインフラレンディングは今までの虚偽の説明を繰り返しており、信頼性としては極めて低い。NHKでの報告を見越しての発表であり、提訴を避けるのが目的だろう。やはりグリフラは信頼できないと言える。
owners book

不動産担保型ソーシャルレンディングで不正を起こす業者とownersbook比較!違いは?!

ownersbookと不正を起こしたソーシャルレンディング業者を徹底比較。ownersbookは上場企業の傘下であり、不正ができないように監査が入っている。また業績も好調であり、担保価値が非常に高い都心の一等地をファンドに組み込んでいる。追加配当有りのファンドもあり、LTVも低いためおすすめな優秀な業者。
クラウドバンク

クラウドバンクの情報開示性と運用率が素晴らしい。誠実!<追記>

クラウドバンクの情報開示性がすばらしい
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングの説明は虚偽で詐欺!訴訟組が有利な理由!

グリーンインフラレンディングは虚偽説明でファンドの募集を、資金を不適切に流用。分別管理を行っていなかった事実を関東財務局が発表しました。結果グリフラの説明は常に虚偽と判断できます。グリフラ訴訟は訴訟組が虚偽の説明であった以上勝訴。裁判で今までの不正をばらされたくないグリフラが和解を持ちかけ訴訟組はお金が返ってきます。
CREAL(クリアル)

crealからの運用レポート!情報の開示性が違いますね!

crealのファンドの情報開示性はすばらしく、投資家にとって安心できる。不誠実なソーシャルレンディング業者とは大きく異なる。また不動産型クラウドファンディング業者であるため、住所が明記されている。creal社長の横田氏のバック倉運でおも固く、実績もあるため、屈指の投資先と断言しても問題がなさそうだ。
Advertisements