ソーシャルレンディング

ガイアファンディング

ガイアファンディング訴訟でmaneoは投資家資金を取りかえす姿勢!も現実的に困難。今後どうなる?

ガイアファンディングに対する訴訟でマネオマーケットは投資家資金を取り戻そうとする姿勢。ガイアファンディングのケルビンチウ氏は残金があることを認めるも、遅延損害金は否定。代表者連帯保証についてはノンリコースローンを基に否定。勝訴しても現実問題としてどのように金銭を取り戻すかは不明瞭で投資家の元本割れは間違いない状況。
CREAL(クリアル)

maneo&maneoファミリー不正を行う業者とソーシャルレンディング信頼できる業者の違い!

maneo&maneoファミリーの不正問題の原因。マネオ本体では担保価値の大幅な水増し。ファミリーでは投資家資金の目的外流用やポンジスキームまがいの不正行為、担保の無断売却などあり得ない行為が続いている。反対に不動産クラウドファンディング、証券会社運営、VCが支援など客観的な信頼できる要素がある業者にのみ投資すべき
maneo

maneoがついにファンドの募集を停止。自主的に止めているのか?行政からの指導なのか?

maneo本体でついにファンドの募集が停止。2ケース考えられ、自主的にファンドの募集を停止しているケースと金融庁または関東財務局などの行政指導で募集を停止しているケースの2種類が考えられる。可能性として高いのは行政指導のケース。クラウドリースやCFFは行政指導の結果、自らの不正行為を認める結果となった。
fundinno

株式投資型クラウドファンディングおすすめランキングベスト3位!業者を徹底比較!リスク解説!<追記>

株式型クラウドファンディング業者と参入してくるユニコーンと既存の業者fundinnoとエメラダとの違い。fundinnoは実績面、利回り50%でイグジットした。エメラダは資金調達企業信頼性の高さが特徴。ユニコーンとfundinnoはエンジェル税制&株主になれるが、エメラダはなれない。3社ともハイリスクハイリターンの業者
owners book

リーマンショック級不況でも生き残れるソーシャルレンディングファンドとその理由!ownersbook

owners bookはリーマンショック級の不景気がきたとしても投資家の元本が棄損しません。それくらい担保価値が高い。今現在の好景気が永遠に続くという前提ではなく、不景気はくるものとして、資産運用を考えるのが必要。理由は明確でLTV80%以下であれば、東京の地下の下落率を考えても元本毀損のリスクが全くないため。
owners book

ソーシャルレンディング信頼できる業者の見分け方!投資家は2019年投資すべき業者はこう決めよう!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴は4点。ホームページが異常にシンプル。高利回り業者である。社長の過去が怪しい、または一切情報がない。ホームページ上に顔写真があがっていない。上記4点が不正を起こし、危険なソーシャルレンディング業者。反対に信頼できる業者の特徴は上場企業傘下、VCが機能、証券会社が運営している。
CREAL(クリアル)

FANTAS fundingは危険でリスクが高いのか?メリットデメリットを徹底比較&解説!

FANTAS fundingは不動産型クラウドファンディングに新規参入をしてきた業者。空き家リフォームビジネスや中古マンションビジネスという利益率が高い事業を手掛けているため年利10%という破格の利回りがあってもおかしくない。FANTAS が劣後出資者になるため、投資家の安全性も高く、メインの投資先にしていける高信頼度業者
next shift fund

nextshiftfundからカンボジア農家支援ファンドが登場!融資先の信頼度は高いが利回りは低い!

nextshiftfundからカンボジア農家支援ファド第二弾の登場が発表。融資先の信頼度は高いが利回りは低い。ただ社会貢献性の高さでいえば、本ファンドは屈指のファンドと言える。またnextshiftfund自身の信頼性としても、VCなどから融資を受けていることを考えると、高信頼度業者に分類される。
owners book

ownersbookの利回り14%越え!?安全性リスク解説!おすすめのソーシャルレンディング業者?

onwersbookは財務状況が非常に健全で超黒字経営。親会社のロードスターキャピタル社はマザーズに上場しており、不正リスクは皆無。担保の東京都内の不動産で投資家にとって非常に安全な投資先といえます。また追加配当が明記されているファンドが高値で売却できた場合、投資家に追加配当があります。ランクSSSでお勧めできる投資先です。
fundinno

fundinnoの次回募集案件!募集成功追記事項あり!かなりいいんじゃない?別ファンドも解説!

fundinnoから次回投資案件の詳細が発表された。次回は介護施設で利用が期待される骨格データで人の動きがわかるというファンドだ。デジタルデータで骨格の動きを検知し、それが異常(倒れこんでいるなど)であれば、そのデータが飛び、すぐに職員にしらされる。監視カメラと異なり、プライバシーは保護されるため次世代の技術だ
Advertisements