ソーシャルレンディング

クラウドバンク

クラウドバンク分配金!利回り7%越えの太陽光発電ファンドは神!

クラウドバンクから分配金。利回り7%over.証券会社が運営するクラウドバンクは今まで一度もデフォルトもなく、太陽光発電ファンドの売電価格が非常に優秀。ソーシャルレンディングで屈指の信頼度の業者と言えます。
ソーシャルレンディング

ラッキーバンクは悪意の塊!信頼できる業者の特徴はこれ!

ラッキーバンクは悪意の塊。詐欺に近く、田中社長は一切信頼できない。ソーシャルレンディング業者で信頼できる特徴としては、上場企業傘下。証券会社が運営。各種VCor大企業が出資先となっている。信頼できる業者に出資さえすれば、資産が増えていくソーシャルレンディングはやはりお勧めの投資と言える。
maneo

maneo(マネオ)の20億の遅延!何故元本割れ?今後どうなる?

maneo(マネオ)のファンドで20億の大幅遅延。担保が付いているのにも関わらず投資家の元本の棄損(元本割れ)が起こりうるのは担保の評価を業者買い取り価格で決めていた。担保価値を水増していた。ファンドがうまくいかなかった場合のリスクを考えていなかった。複合的要因がありますが投資家軽視のマネオの姿勢は信頼できません。
クラウドクレジット

クラウドクレジットユーラシア金融事業者ファンドは危険!?お勧めしない3つの理由!

クラウドクレジットのユーラシア金融事業ファンドは利回りが高いがルーブル建ての為全くお勧めできない。ルーブル建ての為通貨としては非常に弱い。運用期間が13ヶ月の非常に長い。償還された実績がない。であればリスクを取ってまでユーラシア金融事業者支援ファンドに投資するメリットはない。
クラウドバンク

クラウドバンクから超お宝太陽光発電ファンド案件!即投資実行!!

クラウドバンクの太陽光発電施設(メガソーラーファンド)ファンドは売電価格も高く優秀。運用期間も短く、利回りも高い。個人での太陽光発電施設ファンドはオワコンですが、大規模発電施設ファンドは屈指の信頼できるファンドになります。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングは今後どうなる?詐欺で貸し倒れもあり得るのか!?

グリーンインフラレンディングの今後はどうなる?果たして詐欺なのか?グリフラとJCサービスの社長の中久保氏は倒産のプロ。信頼にたる人間ではない。投資家はグリーンインフラレンディングを監視しつつ、関東財務局などに圧をかけるべき。信頼できる業者以外投資をしないのが投資家に求められる。
クラウドクレジット

クラウドクレジット今度はLINEから資金調達!ここまで支持される理由は!?

クラウドクレジットはlineベンチャーなどから更に追加の資金調達を行った。運用中貸付額も100億突破し、伊藤忠や電通などから強力なバックアップを受けているクラウドクレジットは間違いなく今後も躍進していく。ファンド毎の優劣もあるが、東欧金融事業者支援ファンドを中心に投資をおこなうことを勧める。
owners book

owners bookからの新ファンドはクリック合戦必至!

ownersbookはクリック合戦必須
ソーシャルレンディング

プレリートの重大リスク!?お勧めのファンド!危険なファンド!

プレリート社のヘルスケアファンドは隠されたリスクあり。それは老人ホーム故の介護者が虐待などの重大事件を起こしたり、逆に老人から暴力を振るわれるリスク。買い手もつきにくい不動産担保のため、投資を見送るのが賢明。逆にホテルファンドは担保の立地条件も良いため、投資するのにお勧めのファンドになります。
LENDEX

アップルバンクから新ファンド!リスクは高く、投資するメリットある?

アップルバンクの独自ファンド。事業者リスクも高く、信頼度も低い業者。第三者の査定が明記されていない不動産ファンドですが、マネオマーケットがマネオファミリーの不祥事の責任を取らないとわかった以上、何のメリットもない本ファンドに投資を行う価値は全くありません。
Advertisements