ソーシャルレンディング

maneo

グリフラ問題で揺れるマネオに投資するならイシコ不動産案件のみするべき理由!

maneoで募集されているイシコ案件は好立地で担保の蓋然性も高いため投資家にとって安心。ですがグリフラ問題に揺れているmaneoに対しては現状投資を控えます。
LENDEX

LENDEXの高利回り型はリスク高い?低リスク型のが間違いなく魅力的!

LENDEXのリスク低減型ファンドは優秀。LTV32%であれば元本の保証は十分。利回りも7%あり十分お宝ファンドと呼べます。
クラウドクレジット

クラウドクレジットの新ファンド米国不動産ローンファンドB1号ってどう?

クラウドクレジットのアメリカ不動産ファンドは事務所を保育所に改築して転用して利用します。利回りも6.8%でLTV率も低く、米国ドル建てなので投資に十分検討しますが、運用期間が長すぎるのが難点。北欧不動産ローンファンドのが手堅いためお勧めです。
LENDEX

LENDEXおもしろ新規ファンド!同一案件で抵当権順位と利回りが異なる!

LENDEXの新ファンドは高利回りの抵当権第二位型と低利回りの抵当権第一位型になります。抵当権順位は保証を受けられる順位となります。ファンドがうまくいかなかった場合担保を処分し、出資者に保証が行われます。低利回り型より保証が行われる新ファンド。LTV80%以下で担保の立地も良い為、抵当権1位であれば元本棄損リスクは低い
クラウドバンク

クラウドバンクに投資するなら太陽光発電と風力発電ファンドどちらがいい?

クラウドバンクの太陽光発電と風力発電ファンド。どちらが投資家にとって有利かと聞かれると太陽光発電ファンドになります。理由としては売電価格が太陽光発電ファンドのが高いため。クラウドバンクは売電価格が32円の為お宝ファンドを多く取りそろえています。
クラウドリース

クラウドリースのサマーキャンペーンは短期以外リスク高いのでは!?

クラウドリースのサマーキャンペーンファンドはリスクを高いが高利回り。貸し付け先ホールの企業体力はさほどないため短期ファンドで、担保付きファンドを選ぶのが賢明でしょう。
FANTAS funding

TATERUの不正問題!Tateru funding投資家に影響!?今後どうなる!?<追記>

tateruの資料改ざんの不正問題がtaterufunding投資家に与える影響は?おそらく軽微。理由としてはアパート引き渡しまでの短期資金貸し付け。途中解約可能。とうのが影響が軽微な理由。ただ信頼が重視される金融で資料改ざんの不正行為を行ったtateruとその影響下tateru fundingに投資しないのが賢明
owners book

ownersbookの最高年利は14.3%!担保は固い?リスクありか!?

owners bookのファンドはLTV率が80%を切っており、担保額のが貸付額より大きいため投資家にとって非常に安全。親会社も黒字経営の上場企業の為信頼性は抜群と言える。 親会社のロードキャピタル社は不動産売却のプロ集団といえ、物件が想定価格を上回って売却できた場合、追加配当という形で投資家に還元してくれます。
owners book

ソーシャルレンディング最大メリットは安定収入!owners bookは何故優秀?

ソーシャルレンディング最大のメリットは株と違い、安定したインカムゲインが期待できること。デメリットは不正を働く業者が存在していること。onwers bookは上場企業傘下であり、経営も非常に安定している。担保価値も非常に高い。その為年利5%といえどもその利回りを考えれば十分投資検討に値する。
クラウドバンク

個人での太陽光発電投資はオワコン!?大規模太陽光発電施設投資の賢い理由!<追記あり>

個人での太陽光発電に投資するのはもう正直オワコンでお勧めしません。2018年の売電価格が18円ということを考えると初期投資を回収するまでに相当な時間がかかります。ですが大規模太陽光発電所への投資であれば、売電価格も高く、十分元が取れる投資になっています。売電価格32円の本ファンドは年利6.8%程度も十分期待できます
Advertisements