ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング

速報!トラストレンディングで全案件期限の利益の喪失!事態は最悪といえる状況に!

トラストレンディングからの船舶案件の利払いも停止し、全ての案件で期限の利益の喪失となった。16億もの大金を役員の口座に振り込んだあげく、トラストレンディングの他のファンドでも期失。事態は最悪といえ、トラストレンディングの不正行為は明確で有り、今現在信頼できない。今後も事態を注視し、訴訟を検討する必要があるといえる。
ソーシャルレンディング

トラストレンディング資金流用事件!?投資家はどうすべきか!債権譲渡今後どうなる?全案件期失!

トラストレンディングの金融免許が取消。今後は新規登録は募集せず、投資家への返済にのみにつとめる。ただ15億8千万という金額は既に取締役の口座に流れており、回収は非常に困難を極める。そしてトラストレンディング自身が詐欺に荷担している可能性大。集団訴訟も事業者自身もお金がないため、回収は極めて困難。監視する必要が大。
CREAL(クリアル)

crealキャンペーンの一番お得なリンクを張りました!不動産クラウドファンディング完売間近!

crealから大型ファンドが発表。立地条件、crealが劣後出資者の点。ファンドの硬さ。利回り。どれをとっても隙のないファンドといえます。にもかかわらず投資家登録キャンペーンを行っている理由は明確で、お盆の時期に投資家を一気に増やしたいから。投資家にとってキャンペーンのデメリットは存在しないため、投資をお勧めします。
ガイアファンディング

ガイアファンディング訴訟でmaneoは投資家資金を取りかえす姿勢!も現実的に困難。今後どうなる?

ガイアファンディングに対する訴訟でマネオマーケットは投資家資金を取り戻そうとする姿勢。ガイアファンディングのケルビンチウ氏は残金があることを認めるも、遅延損害金は否定。代表者連帯保証についてはノンリコースローンを基に否定。勝訴しても現実問題としてどのように金銭を取り戻すかは不明瞭で投資家の元本割れは間違いない状況。
CREAL(クリアル)

maneo&maneoファミリー不正を行う業者とソーシャルレンディング信頼できる業者の違い!

maneo&maneoファミリーの不正問題の原因。マネオ本体では担保価値の大幅な水増し。ファミリーでは投資家資金の目的外流用やポンジスキームまがいの不正行為、担保の無断売却などあり得ない行為が続いている。反対に不動産クラウドファンディング、証券会社運営、VCが支援など客観的な信頼できる要素がある業者にのみ投資すべき
maneo

maneoがついにファンドの募集を停止。自主的に止めているのか?行政からの指導なのか?

maneo本体でついにファンドの募集が停止。2ケース考えられ、自主的にファンドの募集を停止しているケースと金融庁または関東財務局などの行政指導で募集を停止しているケースの2種類が考えられる。可能性として高いのは行政指導のケース。クラウドリースやCFFは行政指導の結果、自らの不正行為を認める結果となった。
fundinno

株式投資型クラウドファンディングおすすめランキングベスト3位!業者を徹底比較!リスク解説!<追記>

株式型クラウドファンディング業者と参入してくるユニコーンと既存の業者fundinnoとエメラダとの違い。fundinnoは実績面、利回り50%でイグジットした。エメラダは資金調達企業信頼性の高さが特徴。ユニコーンとfundinnoはエンジェル税制&株主になれるが、エメラダはなれない。3社ともハイリスクハイリターンの業者
owners book

リーマンショック級不況でも生き残れるソーシャルレンディングファンドとその理由!ownersbook

owners bookはリーマンショック級の不景気がきたとしても投資家の元本が棄損しません。それくらい担保価値が高い。今現在の好景気が永遠に続くという前提ではなく、不景気はくるものとして、資産運用を考えるのが必要。理由は明確でLTV80%以下であれば、東京の地下の下落率を考えても元本毀損のリスクが全くないため。
CREAL(クリアル)

crealから超お得なキャンペーン発表!creal×キャンペーンて最強過ぎる!

不動産クラウドファンディング業者のcrealからお得なキャンペーンが発表されました。1%のキャッシュバックキャンペーン&友達紹介キャンペーン。紹介者には2000円、そして投資家には更に1%のキャッシュバック(つまり2%のキャッシュバックになります。)信頼性も高い業者のため、是非投資をすべきでしょう。
クラウドクレジット

クラウドクレジットは危険で高利回りファンドはリスクが高い?お勧めのファンドは?評判を調査!

クラウドクレジットでお勧めできるファンドとお勧めできない危険なファンドの違い。クラウドクレジットはソーシャルレンディング業者のなかでも屈指の高利回り。その分ファンドによっては高リスク。各種VCが出資しており、信頼性は高い。一方でリスクが高い発展途上国ファンドリスクが高く、分散投資をするのが非常にお勧めの投資法。
Advertisements