owners book

owners book

不動産担保型ソーシャルレンディングで不正を起こす業者とownersbook比較!違いは?!

ownersbookと不正を起こしたソーシャルレンディング業者を徹底比較。ownersbookは上場企業の傘下であり、不正ができないように監査が入っている。また業績も好調であり、担保価値が非常に高い都心の一等地をファンドに組み込んでいる。追加配当有りのファンドもあり、LTVも低いためおすすめな優秀な業者。
owners book

ownersbookがイオン銀行と提携!信頼性が更に向上♪

ownersbookがイオン銀行と提携した。不動産と銀行はきってもきれない中であり、顧客の紹介を期待できる銀行との提携はownersbookへの大きな追い風。業者としても上場企業の傘下であり、更にLTVの低さも屈指。不正リスクも皆無である。今後もownersbookはソーシャルレンディング業界を牽引するだろう。
owners book

ownersbookのファンドが即完売!投資家は安全性を求めている!

ownersbookの新宿ファンドが数分で完売。理由としては昨今のソーシャルレンディング業者の不正を踏まえて、利回りよりも高信頼度業者に投資家の人気が高まっているためです。ownersbookはマザーズ上場企業の傘下であり、不動産担保の鑑定価格は正確。LTVも低いため、投資家にとってかなり安全なファンドと言えます。
FANTAS funding

2019年お勧めソーシャルレンディング業者ベスト5!徹底比較しメリット解説!

ソーシャルレンディング高信頼度業者を比較。お勧め業者ファンドランキングベスト5。何故その業者&ファンドが信頼できるのか?客観的な基準を用いて、徹底評価。不正を起こす業者とどの点が異なるのか?投資家は何を基準に投資先を決めれば良いのか?高利回りファンドでも信頼できる。担保付きで投資家に安全など様々な角度から業者を評価!
owners book

マネオファミリーよりowners bookが何故はるかに信頼できる?3つの信頼できる理由!<追記>

owners bookの財務状況は極めて健全。今期も大幅な黒字が予測される。上場企業の傘下であり、ファンドの担保も固く、信頼できる業者である以上、owners bookを中心に投資を行っていくのが優秀な戦略になります。利回りは4.5%程度ですが、リスクが低いのが最大のメリットになります。
owners book

owners bookは超人気で投資できない?クリック合戦に勝利するコツ!<追記>

超人気で投資することが難しいといわれるowners bookに投資するための具体的な手順。応募から投資するのではなく預託金口座にあらかじめ入金しておく。募集開始前にサイトにログイン、開始時刻に応募する。取引パスワードが必要になる為あらかじめメモしておく。メルマガの募集開始時刻に注目しておき、募集金額が多いファンドに投資
CREAL(クリアル)

みんなのクレジット事件!集団訴訟!ついに裁判開始!信頼できる業者にのみ投資すべき!<追記>

みんなのクレジット詐欺事件では今enjinとアセットcafeの二つで訴訟が検討されている。enjinとアセットcafeともに勝機あり。ソーシャルレンディングのスキーム上非匿名契約で投資先を決めるため、どうしても不正を行う業者が出てきやすい。上場企業傘下や住所が明記されているCF型など信頼できる業者にのみ投資すべき。
CREAL(クリアル)

ラッキーバンク事件を踏まえソーシャルレンディング業者の展望!比較!お勧めランキング!

ソーシャルレンディングを行う上は信頼できる業者選びが重要。具体的言えば各種VC(ベンチャーキャピタル)が株主をつとめ、しっかり監視している業者。証券会社が運営している会社。上場企業の傘下にある業者。クラウドファウンディングで住所が明記されている。それ以外のソーシャルレンディング業者は不正リスクも高く、お勧めできない。
CREAL(クリアル)

owners book過去最大規模の募集!クリアル絶好調!時代は不動産系ファンド?

ソーシャルレンディング&クラウドファンディングでは信頼できる業者の不動産担保ファンドが人気の主流になってきている。昨年までは利回り重視の投資家が多かったが昨今のソーシャルレンディング業者の不正や問題によって安全重視の投資家が増えてきており、来年も信頼できる不動産投資ファンドに資産が集まるのが予想される。
CREAL(クリアル)

creal(クリアル)は危険で怪しい?リスクとメリット!新ファンドを解説!

クリアルのホテルファンドの優秀さは屈指。劣後出資者としてクリアルが出資する以上、投資家と共同出資になります。事業者との共同出資ほど投資家に心強いことはない。ホテルの稼働率も高く、事業者のバックグラウンドも信頼に足ります。メアドの登録だけで、ファンドの詳細も確認できるという敷居の低さもすばらしい。今後も注目です。
Advertisements