owners book

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングは詐欺可能だが不動産CFは詐欺ができない理由!

不動産型クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違い。不動産クラウドファンディングは住所が明記されており、投資先がわかる点。不動産特定事業法の管轄のためソーシャルレンディングよりも安全性が高い投資法と言える。ただしソーシャルレンディングでも上場企業の傘下であれば、担保査定が正確なため、投資をしても問題ない。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング事業者比較リスク信頼度ランキング!お勧めランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング事業者のランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。ソーシャルレンディング業者の信頼度ランキング。またソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキングを作成した。客観的な評価基準でプロ投資家と共に選定したおすすめランキング。
Funds

maneoの今までの不正行為と虚偽説明一覧!投資家への誠実さは!?<追記>

maneo(マネオ)本体でもマネオファミリーでの不正や虚偽説明が続いている。グリフラ問題では資金の不適切流用から始まり償還が停止している。マネオファミリーではリファイナンス基準の厳格化の結果、多くの業者で償還が止まった。そしてマネオ本体でも川崎ファンドでは担保価値の水増し。投資家は償還され次第出金するのが安全だろう。
CREAL(クリアル)

不動産系ソーシャルレンディング高信頼度業者ベスト3!何故信頼できる?徹底比較!<追記>

不動産系ソーシャルレンディング&クラウドファウンディング業者のお勧めランキング。信頼できる理由を上場企業の傘下や担保評価の正当性、これまでの実績などで客観的に評価。お勧めできるファンドとその内容。不祥事を起こした起こしたソーシャルレンディング業者と信頼できる業者を比較。owners book&lendex&crealの評価
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング人気業者5社比較!クリック合戦で投資困難!?

ソーシャルレンディング業者の中でも特に人気のため、クリック合戦に勝利しなければ投資ができない5社。その5社が人気の理由。なぜ信頼できるのかという説明。そしてそのクリック合戦に勝利するために何に気をつけなければならないのか?何をすれば投資できる確率があがるのか?などの具体的な方法の説明。投資初心者向け記事。
Funds

maneo1200億円記念ファンドが債権譲渡になる重大理由!<再追記>

maneo(マネオ)の1200億円突破記念ファンドは売却間近と言われていたが、売却に失敗。債権譲渡で決着がつく可能性が非常に高い。マネオ自身はグリーンインフラ問題やマネオファミリーで信頼を失っており、金融庁を筆頭に公的機関から問題視されている。そのため銀行も融資をしたがらない。これが本件債権譲渡になるだろう理由と言える
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!<追記>

不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンド。不動産型クラウドファンディング業者のcrealとFANTAS fundingは住所が明記されており、劣後出資者として投資家の同じファンドに投資をする。ソーシャルレンディングのowners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。
owners book

危険でリスクが高いソーシャルレンディング業者の特徴!詐欺か!安全な業者は!?<追追記>

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴は4点。ホームページが異常にシンプル。高利回り業者である。社長の過去が怪しい、または一切情報がない。ホームページ上に顔写真があがっていない。上記4点が不正を起こし、危険なソーシャルレンディング業者といえる。高利回り業者ではクラウドクレジットのみに投資をするのが正解
LENDEX

2019年ソーシャルレンディング高信頼度業者比較!優良お勧め会社のファンド!最新版<追記>

ソーシャルレンディング業者で信頼できる業者のみを厳選。何故そのソーシャルレンディング業者が信頼できるのかを客観的に評価。信頼できるソーシャルレンディング業者のお勧めのファンドと何故お勧めなのか?優秀なファンドのみ厳選し、お勧めの業者とファンドをランキング形式で記載。優秀なソーシャルレンディング投資先のみ記載。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング安全な低利回り業者ランキング!2019年!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者ランキングベスト3位。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者3社。
Advertisements