owners book

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!不正を起こす業者の見極め方は!?

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ人気業者比較信頼度ランキング!2019年!徹底解説!投資実績付き!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
owners book

owners bookがお勧めな理由。不正が起きず信頼できるのは何故?年利14%の真実は!?

ownersbookが投資初心者や主婦にお勧めの理由は事業者としてもファンドとしても非常に安全な点。LTVが非常に低くこれはリーマンショック級が来ても元本が棄損しない。上場企業の傘下であるため不正のリスクは皆無。追加配当という形でownersbookは予想された配当よりも高くなることもあるため非常にお勧めの業者
FANTAS funding

2019年お勧めソーシャルレンディング業者ベスト5!徹底比較しメリット解説!投資成績はどうだった?

ソーシャルレンディング高信頼度業者を比較。お勧め業者ファンドランキングベスト5。何故その業者&ファンドが信頼できるのか?客観的な基準を用いて、徹底評価。不正を起こす業者とどの点が異なるのか?投資家は何を基準に投資先を決めれば良いのか?高利回りファンドでも信頼できる。担保付きで投資家に安全など様々な角度から業者を評価!
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
CREAL(クリアル)

maneo&maneoファミリーは何故不正が多発したのか?ソーシャルレンディング業者とその見つけ方!

maneo&maneoファミリーでは不正行為が次々と発覚している。匿名化を隠れ蓑にし、ファンドの募集を募ったが、案件の実態がないファンドも多々あるmaneoファミリー。マネオ本体では川崎ファンドに代表されるように担保価値の水増し。反対に信頼できるソーシャルレンディング業者は客観的に信頼できるというエビデンスを持っている
owners book

owners book VS クラウドバンク どちらに投資すべき?

クラウドバンクvs owners book!両ソーシャルレンディング業者は共に元本の棄損が一度も無い。クラウドバンクは証券会社が運営。owners bookは上場企業の傘下と業者としての信頼度は屈指。クラウドバンクの太陽光発電は利回りが高く、owners bookのファンドは担保が固い。両者に分散投資をおこなうべき
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング!2019年徹底比較!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
Funds

maneoの今までの不正行為と虚偽説明一覧!投資家への誠実さは!?maneoファミリー投資は危険!

maneo(マネオ)本体でもマネオファミリーでの不正や虚偽説明が続いている。グリフラ問題では資金の不適切流用から始まり償還が停止している。マネオファミリーではリファイナンス基準の厳格化の結果、多くの業者で償還が止まった。そしてマネオ本体でも川崎ファンドでは担保価値の水増し。投資家は償還され次第出金するのが安全だろう。
owners book

リーマンショック級不況でも生き残れるソーシャルレンディングファンドとその理由!ownersbook

owners bookはリーマンショック級の不景気がきたとしても投資家の元本が棄損しません。それくらい担保価値が高い。今現在の好景気が永遠に続くという前提ではなく、不景気はくるものとして、資産運用を考えるのが必要。理由は明確でLTV80%以下であれば、東京の地下の下落率を考えても元本毀損のリスクが全くないため。
Advertisements