maneo

maneo

グリフラ!ガイア!CFF!マネオ本体!クラリ!一番危険でやばいマネオファミリーはどれ!?<追記>

マネオ&マネオファミリーで今何がおきているのか?大遅延しているファンドは何故遅延を起こし、元本が返ってくる可能性が低い危険なファンドはどれなのか?グリフラ、ガイア、CFF、マネオ本体など問題を起こす業者に投資をするのではなく信頼できる業者にのみ投資をすることで安定したインカムゲインが得られます。
maneo

maneoで再度延滞発生!虚偽の募集や担保価値の水増し業者!<追記>

maneo(マネオ)のファンドで再度遅延が発生。今回は沖縄のホテルファンド。遅延理由がオペレーターの選定に時間がかかり、資金繰りがうまくいかなくなったと説明しているが真実はリファイナンスができなくなったからに他ならない。虚偽説明を繰り返し、担保価値を水増しするmaneoに投資するのは非常にリスクが高いと言える
maneo

maneo20億川崎遅延ファンドは元本大幅毀損確定!担保価値大幅水増し!

maneo(マネオ)の20億遅延川崎ファンドの担保は市街化調整地区。立て替えを行う場合開発許可が必要であり、許可が下りなければ土地の価値は皆無。プロの鑑定の結果担保価値はわずか1.2億ほどであり、抵当権第一位ですら元本割れの可能性がある。担保価値を不当に水増しし、投資家を危険にさらすマネオに今は投資をすべきではない。
maneo

maneoで元本割れ頻発の原因は?虚偽説明か市況の変化が原因か?

maneoで不動産担保付きファンドで元本毀損がおこる原因は市況の変化ではなく、maneoの担保価値の水増しが原因。東京都内では不動産の地価上昇が続き、藤沢市でも地価は下がっていません。ですのでマネオの不動産付きファンドで元本毀損が起きるのは市況の変化が原因ではなく、担保価値の水増しが原因。マネオの虚偽説明と呼べます。
maneo

maneoに業務改善命令に基づく改善対応策を直接問い合わせた結果報告<追記>

マネオマーケットから発表された業務改善命令に基づく改善対応策を直接問い合わせた結果報告。マネオマーケットは金融庁の監視の下にあり、金融庁が認めた内容しか発表できない。マネオマーケットは存続させる意思はある。マネオやその他マネオファミリーのファンドが投資家に償還されず、グリフラ投資家に償還されることは法的にもありえない
maneo

maneo川崎遅延ファンドの報告!進捗があるのか?誠実さとは!?

maneo(マネオ)の20億遅延川崎ファンドから債権回収に関わる定期連絡。結論からいうと今回も案件の進捗なし。見積受領も12億に届かないどころか、2億すら行かず、抵当権1位すら元本毀損を起こす危険がある一切担保査定を行わなかったファンドといえる。市街化調整地区、駅から遠い。山奥。担保で歌った16億の価値はない。
maneo

maneo(マネオ)は何故危険なのか?担保評価が一切当てにならず不誠実!

ソーシャルレンディング業界最大手であったmaneoで延滞が続いています。maneoは担保査定を一切していなかったどころか、担保価値の水増しを繰り返す。その結果、多くの投資家が元本の毀損を迎えることになりました。投資をするのであればLTVが正確な上場起業の傘下であるownersbookであれば事態は避けられました。
maneo

maneo本体が全件期失で投資家元本全損はあり得るのか?解説!<追記>

マネオ本体のファンドが全件期限の利益の喪失となり、投資家の元本が大幅に返ってこない。ということは非常に考えずらい。というのもマネオ自体は事業の継続に意欲的で、他の詐欺を行った業者と異なる。ただマネオファミリーへの対応。虚偽説明。担保価値の査定力。どれも金融事業者としてはあり得ないので、決して投資をすべきでない。
maneo

速報!maneoで再度の遅延発生!担保付きファンドで気をつけること!

maneoの京都ファンドで再度の遅延が発生。おそらく今回も投資家は元本割れが免れない。理由は簡単で、本ファンドの担保査定も何ら客観的なエビデンスをもった担保価格ではなく、業者ヒアリング価格という謎の基準の担保査定。マネオの担保査定はいい加減であり、上場企業の傘下の会社に投資をすべきでしょう。
maneo

maneo滝本社長が退任!投資家にとって朗報?悲報?両方を解説!<追記>

ソーシャルレンディング最大手のmaneo社長の滝本氏が退任し、株式の売却が行われることが発表されました。ポジティブな一面としては新株主が大手企業でmaneoが再度投資家からの信頼を得て、最大手になる可能性がある点。ネガティブな面は滝本社長は責任をとらずに退任し、更に大きな問題が発覚する可能性も十分考えられる点です。
Advertisements