maneo

maneo

キャッシュフローファイナンスの担保不正売却自白は関東財務局の指示ならあり得る。

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却。そしてその金銭を他のファンドの償還に充てるという重大な不正が発覚した。このような不正を自ら吐露するのは考えずらかったが、関東財務局or金融庁の指導があった結果、行ったと考えるのは十分あり得るシナリオだろう。
maneo

キャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?全件キャンセル!担保無断売却!

キャッシュフローファイナンスの遅延ファンドの担保に価値はありません。投資家の元本の棄損は間違いなく避けられない。株式は無価値。カーボン化する装置の価値は不明。リースバック契約であるため返済義務のないファンド。そもそもキャッシュフローファイナンスは大赤字経営であるため、信頼できません。担保の無断売却も発覚しました。
maneo

maneo&maneoファミリーが大量期失はグリフラ問題以降なら予想できたのか?

グリーンインフラレンディングの問題発覚以降一度も誠実に対応していないマネオ&マネオマーケットは信頼すべきではなく、再投資すべきではなかった。金融の世界は信頼がすべてであると再確認することが投資家に求められる。
maneo

maneo&maneoファミリーが大量期失すると1年前から見抜けたのか?

maneo&maneoファミリーの大量期限の利益の喪失問題を1年前から見抜くことは不可能。各種VC。業界最大手。貸し倒れほぼなしという実績。ただしグリフラ問題発覚以降はお金をマネオから抜いていくべきだった。金融庁から問題を指摘された以上、投資家は楽観論に頼るべきではない。問題が発覚した業者は様子見が正解だろう。
maneo

maneoの川崎ファンド&クラウドリースの進捗報告メール!どっちも進捗なし!

maneoの川崎ファンドの関する報告も一切進捗なし。またクラウドリースは問題発覚以降一切調査をしておらず、具体的な事実が一切わかってないとのこと。どちらも進捗なしだが間違いなく言えるのは、ファンドは絶望的であり、投資家は元本毀損が避けられない。
maneo

グリーンインフラレンディングファンドをマネオで募集!マネオがJCS債をとばした過去あり!

グリーンインフラレンディングのファンドはマネオで募集されていました。マネオの滝本氏はマネオ本体ではグリフラファンドを募集しないと明言していたのにもかかわらず。グリーンインフラレンディングはマネオのJCサービス債権を飛ばすために作られた業者可能性があります。であればマネオの滝本氏にも責任があります。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばす為?情報提供あり!

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
Funds

maneoの今までの不正行為と虚偽説明一覧!投資家への誠実さは!?<追記>

maneo(マネオ)本体でもマネオファミリーでの不正や虚偽説明が続いている。グリフラ問題では資金の不適切流用から始まり償還が停止している。マネオファミリーではリファイナンス基準の厳格化の結果、多くの業者で償還が止まった。そしてマネオ本体でも川崎ファンドでは担保価値の水増し。投資家は償還され次第出金するのが安全だろう。
maneo

マネオ(maneo)収益アパート元本割れファンド貸付け先は最悪!再度虚偽説明!

マネオ(maneo)の収益アパートファンドは元本棄損。元本棄損率は約27%。マネオは投資家に安全なファンドと歌っていたのにもかかわらず、担保評価はいい加減為、投資家に損害を与えた。また報告も遅れ、マネオマーケットの隠蔽体質も浮き彫りに。また市況環境の悪化が原因ではなく最終貸し付け先不祥事が原因。再度の虚偽説明といえる。
Funds

maneo1200億円記念ファンドが債権譲渡になる重大理由!<再追記>

maneo(マネオ)の1200億円突破記念ファンドは売却間近と言われていたが、売却に失敗。債権譲渡で決着がつく可能性が非常に高い。マネオ自身はグリーンインフラ問題やマネオファミリーで信頼を失っており、金融庁を筆頭に公的機関から問題視されている。そのため銀行も融資をしたがらない。これが本件債権譲渡になるだろう理由と言える
Advertisements