maneo

Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家は貸し倒れ?監査法人も外れ同意事項も不穏!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家のお金はどうなるのか?と聞かれると、ディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人の手に渡ります。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合う。非常にリスクが高い状態におかれることとなります。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ人気信頼度ランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
maneo

maneo(マネオ)で20億越えの遅延!貸し倒れ?競売失敗で元本割れ!?今後どうなる?川崎ファンド!

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。抵当権順位付きファンドであるが、高抵当権順位者すら助からない可能性が高い。競売に出すも不買。売れて二億程度の土地であり、担保を正確に査定していなかった。
CREAL(クリアル)

maneoの被害者には責任はない!担保価値の水増しは投資家が見抜くのはほぼ不可能!

maneoが担保価値の水増しをしていたことを当時の投資家が見抜くことは不可能。業界最大手、VCが出資、LTVが低い、投資家にとって安全なファンドと記載されていた当時に見抜ける可能性は皆無。ラッキーバンク、みんなのクレジット被害者にも言えることだが、ソーシャルレンディングで騙されたことに落ち度はなく、責任は業者にある。
maneo

maneoは一年後も業務改善気配なし。マネオファミリー問題も進捗なしで一年経過!

maneoとmaneoファミリーはこの一年間一切進捗なし。maneo本体も業務改善命令が出たのにもかかわらず、何の動きも見えません。グリフラファンドでの虚偽説明や資金の不適切流用や、川崎ファンドでも担保価値水増し。SBIソーシャルレンディングは投資家にこまめに連絡をとり、資金の回収を図りました。この点が違いでしょう。
maneo

maneo(マネオ)ファミリーが債権回収に積極的に動かない理由!事業継続の意思は?<追記>

maneoファミリーが全体的に債権回収に積極的に動かない理由は事業継続の意思をほとんど失っているから。リファインスを前提としてファンドを組成していたが、グリフラ問題を発端とし、リファイナンスの基準を厳格化。その結果事業が継続できなくなったマネオファミリー事業者はマネオマーケットに激怒。債権回収を投げ出したことが原因。
maneo

maneo(マネオ)が大丈夫だと思うなら投資すれば?監査法人も外れましたね<追記>

maneoは危険。不正問題が収束するまで投資家は絶対に近づかないほうがよい。
maneo

maneo(マネオ)は川崎ファンドの失敗を認めるのが誠実なのでは?ついに競売へ!

maneo(マネオ)の川崎ファンドでの20億の遅延。担保価値を業者見積もり価格といういい加減なことを行ったことが原因です。土地の価値などせいぜいあって3億というのが事実でしょう。そのような反省点を素直に認め、顧客からの信頼回復をにつとめるのがマネオが復帰できる唯一の方法でしょう。
maneo

グリーンインフラレンディングの進捗メール連絡の約束を破る&maneo新座案件進捗なし!

グリーンインフラレンディングの進捗に関わるメールは送られてこず!またマネオマーケットは約束を反故にしました。財務局から名指しでモニタリングを行っていると言われるmaneoは今現在最も危険な投資先と言えます。また新座案件も進捗がなく、回収に動いていません。やはりマネオ&マネオファミリーへの投資は見送るべきでしょう。
maneo

maneo投資家は何故ここまで損害を被る?債権回収能力&やる気なし!<追追記>

maneo(マネオ)は手数料で儲けたいが為に、ファンドの担保価値の水増しを行います。川崎ファンドでは年利15%で貸し付けを実行。マネオファミリーや本体の遅延ファンドでは回収に動いていません。損害は投資家に被らせればよいという姿勢をマネオは貫いています。今現在最も信頼できない業者と言えます。投資のリスクが高すぎます。
Advertisements