maneo

maneo

速報!maneoの兵庫県宝塚ファンドでは説明の通り元金の一部及び遅延損害金を受領!一歩前進か!

maneoの兵庫県宝塚ファンドでは以前からアナウンスがあった通り、元金の一部と遅延損害金(合わせて約5900万)の受領があった。maneo自身投資家に虚偽の説明を繰り返していた過去があったが、今回は正確であった。Jトラストのパルティール債権回収株式会社と提携したことにより、国内ファンドの回収は良い方向に向かうだろう。
CREAL(クリアル)

maneoとJトラスト子会社のパルティール債権株式会社と提携し2ヶ月&maneo滝本氏ブログ所感

maneoの遅延ファンドでも回収可能性が高いファンドはパルティール債権回収株式会社が動き始めてから、一気に解決に向かい始めた。一方担保価値と募集金額が大きく乖離している川崎ファンドの回収は不可能に近い。maneoは問題発覚以降、一向に伸展してこなかったがJトラスト社が関わり大きく状況は改善。maneo投資家には朗報
maneo

maneoの遅延債権回収がようやく動き始めた!が川崎ファンドやガイアファンドの回収は困難でしょう。

maneoの遅延ファンドの回収がjトラストの傘下であるパティール債権回収株式会社が間に入ったことにより、国内ファンドに関しては回収の見込みがでてきた。投資家にとって朗報と言える。ただし川崎ファンドなどの担保査定を正確におこなっていなかったファンドや、ガイアファンディングなどの管轄法がことなる海外ファンドの回収は困難。
maneo

samurai証券からJトラスト保証付きファンドが登場!?保証がついているとなぜ投資家は安全?

samurai証券からJトラストの保証付きファンドが募集。samrurai自身は証券会社が運営。上場企業の傘下。信託保全有り。サービサーへの売却も投資家の過半数以上の賛成が必要。貸し倒れがないという実績もあわせ、お勧めのソーシャルレンディング業者。jトラスト社は債権回収のプロであり、日本保証を傘下に置いている。
maneo

maneo(マネオ)川崎ファンドは元本割れ決定的!20億遅延で今後どうなる?サービサー売却?<追記>

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。Jトラストの藤田氏が株式取得。回収がほぼ不可能な本件はサービサーへ売却される。
maneo

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がより鮮明に!理由は!業界一位SBIが不動!<追記>

maneoとSBIソーシャルレンディングの明暗がはっきり分かれた理由は担保査定能力と債権回収能力の違い。マネオの川崎ファンドからわかるようにマネオには債権回収能力がなく、また二億程度の土地を一六億と評価。一方SBIソーシャルレンディングは不動産ファンドで遅延した場合でも、元本の90%を回収。不動産業にも力を入れていく。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧め優良ファンドはこれだ!<追記>

ソーシャルレンディング業者毎のお勧めファンド、お勧めしないファンドの一覧。リスクや利回りを考慮し、自分にあった投資ファンドを見つけて貰うのが目的。担保がついているか。太陽光発電ファンドであれば売電価格はどうかなどソーシャルレンディング業者の特徴について説明をしている。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングおすすめ徹底比較!信頼業者のランキングと特徴は?利回りとリスク!投資実績付き!

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング。リスクとメリット。業者毎におけるお勧めの投資方法。プロとソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説し、不正をおこす業者は除外。
maneo

maneoファミリーで生き残れる会社、生き残れない会社。不正をしなかった誠実業者はこれだ!

maneoファミリーで生き残れるのは不正を行わなかった業者。他のソーシャルレンディング業者のプラットフォームを使用することは可能であり、実際クラウドバンクに合流などが行われている。一方不正が明らかになっている業者は生き残ることは不可能であり、サービサーへの債権売却など投資家にとって厳しい未来が予想される。
maneo

maneoの被害者には責任はない!担保価値の水増しは投資家が見抜くのはほぼ不可能!<追記>

maneoが担保価値の水増しをしていたことを当時の投資家が見抜くことは不可能。業界最大手、VCが出資、LTVが低い、投資家にとって安全なファンドと記載されていた当時に見抜ける可能性は皆無。ラッキーバンク、みんなのクレジット被害者にも言えることだが、ソーシャルレンディングで騙されたことに落ち度はなく、責任は業者にある。
Advertisements