Funds

Funds

maneo(マネオ)&マネオファミリーが倒産した場合投資家は貸し倒れ?監査法人も外れ同意事項も不穏!

ソーシャルレンディング最大手ながら不祥事が次々と発覚しているmaneo(マネオ)が倒産した場合、投資家のお金はどうなるのか?と聞かれると、ディポジット、運用中のファンド問わず、破産法の下、破産管財人の手に渡ります。そして一般債権者となり、他の債権者とお金を分け合う。非常にリスクが高い状態におかれることとなります。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ人気信頼度ランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング比較ランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。不動産のプロや銀行員とともにソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキング客観的な評価基準で選定。利回り、元本回収率、投資難易度、運用手数料、ファンド毎のリスクなど各事業者について徹底解説。
Funds

fundsはSBIソーシャルレンディングやクラウドバンクを抜き、業界NO.1になれるのか?

ソーシャルレンディング業者の中でも屈指の人気業者であるfundsですが、SBIソーシャルレンディングを抜いて、業界一位になることは有り得ません。fundsは上場企業などの社債に近い安全性の高いファンドを組成することで利潤を上げることを目的としていますが、SBIは大型ファンドでの営業者利益で稼ぐことを目的としているため
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング!2019年!

ソーシャルレンディング業者安全な低利回り業者ランキングベスト3位。初心者投資家向け。不動産型クラウドファンディング業者であり、不特法の下に置かれる劣後出資者のcreal.。ownersbookは上場企業の傘下で、LTVが低い。FUNDsはノンリコースローンではなく、大企業のみに貸し付。客観的に見て安全性が高い業者3社。
FANTAS funding

やばいソーシャルレンディング業者と信頼できる高利回り業者の見分け方!危険で不正を行う業者!

危険で不正をおこなうやばいソーシャルレンディング業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング!2019年徹底比較!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
Funds

キャッシュフローファイナンスの担保無断売却ってどう考えても異常。狙いはあるの?

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却。そしてその原資を他のファンドの償還に当てるというポンジスキームが発覚した。金融の世界では許されない。不思議なのはなぜ自らこのような不正行為をメールに記載したのか?謎は多いが、間違いなく言えるのはやはり今現在マネオファミリーはもっとも投資してはいけない投資先と言える。
Funds

Fundsの新ファンドリースバック事業は信頼性の割に高利回り!<追記>

fundsの新ファンドリースバック事業ファンドは屈指の堅さ。その堅さの割に利回りが3.5%。宣伝用ファンドと言えますが、屈指のファンドとも言えます。おすすめのファンドといえるでしょう。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングで失敗大損を避け、安定して儲けるコツ!<追記>

ソーシャルレンディングで失敗や大損を避ける為には、一番必要なことは危険な業者に近づかないこと。危険な業者の特徴は社長が怪しい。異常な高利回りなどの特徴があります。逆に信頼できる業者としては、上場企業の傘下。証券会社が運営。大企業やVCが出資。不動産型CFである。危険な業者を避ければ、安定したインカムゲインを得られます。
Funds

maneoの今までの不正行為と虚偽説明一覧!投資家への誠実さは!?<追記>

maneo(マネオ)本体でもマネオファミリーでの不正や虚偽説明が続いている。グリフラ問題では資金の不適切流用から始まり償還が停止している。マネオファミリーではリファイナンス基準の厳格化の結果、多くの業者で償還が止まった。そしてマネオ本体でも川崎ファンドでは担保価値の水増し。投資家は償還され次第出金するのが安全だろう。
Advertisements