FANTAS funding

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングは詐欺可能だが不動産CFは詐欺ができない理由!

不動産型クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違い。不動産クラウドファンディングは住所が明記されており、投資先がわかる点。不動産特定事業法の管轄のためソーシャルレンディングよりも安全性が高い投資法と言える。ただしソーシャルレンディングでも上場企業の傘下であれば、担保査定が正確なため、投資をしても問題ない。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング事業者比較リスク信頼度ランキング!お勧めランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング事業者のランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。ソーシャルレンディング業者の信頼度ランキング。またソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキングを作成した。客観的な評価基準でプロ投資家と共に選定したおすすめランキング。
CREAL(クリアル)

fantas fundingから本日一気に8ファンド!crealからも募集!<追記>

fantasfundingから一気に8ファンドの募集が発表された。人気すぎて投資ができないことで有名なfantas fundingだが5月21日は初心者投資家にとって投資しやすい絶好の機会と言えるだろう。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング人気業者5社比較!クリック合戦で投資困難!?

ソーシャルレンディング業者の中でも特に人気のため、クリック合戦に勝利しなければ投資ができない5社。その5社が人気の理由。なぜ信頼できるのかという説明。そしてそのクリック合戦に勝利するために何に気をつけなければならないのか?何をすれば投資できる確率があがるのか?などの具体的な方法の説明。投資初心者向け記事。
CREAL(クリアル)

不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!<追記>

不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンド。不動産型クラウドファンディング業者のcrealとFANTAS fundingは住所が明記されており、劣後出資者として投資家の同じファンドに投資をする。ソーシャルレンディングのowners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。
FANTAS funding

やばいソーシャルレンディング業者と信頼できる高利回り業者の見分け方!

危険で不正をおこなうやばいソーシャルレンディング業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
FANTAS funding

fantas fundingの人気が止まらない!勢いNO.1か?

fantasfundingのファンドが今回より利回りを6%台に下げているのにもかかわらず7即完売した。ソーシャルレンディング業界の不祥事に嫌気がさした投資家は出資先を住所が明記されている不動産型クラウドファンディング業者にシフト。より法制度が完備されており、更に20%の劣後出資者となるfantasに人気が集まるのは当然
FANTAS funding

FANDs、FANTAS クラクレは何故大規模キャンペーンが可能!?

FANTAS fundingとFUNDsの上場はVCや株主を考えると間違いない。またクラウドクレジットも同様の理由でVCからお金を引っ張ってきている。上場というのは赤字でも可能。だからこそ上場にむけて顧客を獲得したい、2社は投資家にとって有利なキャンペーンを多く展開しており、投資家としてもその流れに乗るべきだといえる。
CREAL(クリアル)

FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%があり得る理由!<追追記>

FANTAS fundingは不動産型クラウドファンディングに新規参入をしてきた業者。空き家リフォームビジネスや中古マンションビジネスという利益率が高い事業を手掛けているため年利10%という破格の利回りがあってもおかしくない。FANTAS が劣後出資者になるため、投資家の安全性も高く、メインの投資先にしていける高信頼度業者
FANTAS funding

ソーシャルレンディング徹底比較!2019年は低リスク、高信頼度業者に投資!<追記>

ソーシャルレンディング&クラウドファンディング投資家は今後利回りよりも安全性と業者の信頼度を重視する時代にシフトしていきます。信頼できる条件は上場企業の傘下、証券会社が運営、大企業が出資している、CFでファンドの住所が明記されているなど。2019年は業者としても安定性、信頼性。その上での利回りの評価になります。
Advertisements