CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)

CREALからのキャンペーンファンドは85%募集済!完売するだろうけど、まだ時間の余裕はありますね。

CREALから沖縄大型ファンドの詳細が発表された。運用期間は18か月で利回り5%。キャッシュバックも新規投資家は2%。既存の投資家は1%。利回りも5%と高く、募集金額も8億5千万円であるため、クリック合戦もなく投資可能。募集金額も20億超え、今現在運用されている不動産クラウドファンディング業者では不動の1位となった。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングキャンペーン評判徹底解説!2019年!一番お得なキャッシュバック業者はどこ!?

ソーシャルレンディング業者で投資家キャッシュバックキャンペーンが開催。キャッシュバックを行うのは4社。SAMURAI証券が口座開設のみで千円キャッシュバック。新規投資家にはクラウドクレジットが2.5%。CREALが2%キャッシュバック。既存投資家へはクラウドクレジットとCREALが最大1%。クラウドバンクからは0.2%
CREAL(クリアル)

maneo沖縄案件もパルティール債権回収株式会社が介入!好況の沖縄でも競売で売却か!?

maneoの沖縄遅延案件でもパルティール債権回収株式会社が担当することとなった。これはmaneo自身が債権回収能力を一切有していなかった証左。不動産の市況環境が好調である沖縄。maneoの担保査定が本当に正確であれば、投資家に元本の棄損なく返済可能である。競売がメイン路線となり、maneoの査定の正確さが再度問われる。
CREAL(クリアル)

maneoとJトラスト子会社のパルティール債権株式会社と提携し2ヶ月&maneo滝本氏ブログ所感

maneoの遅延ファンドでも回収可能性が高いファンドはパルティール債権回収株式会社が動き始めてから、一気に解決に向かい始めた。一方担保価値と募集金額が大きく乖離している川崎ファンドの回収は不可能に近い。maneoは問題発覚以降、一向に伸展してこなかったがJトラスト社が関わり大きく状況は改善。maneo投資家には朗報
CREAL(クリアル)

crealから大型ファンド登場!FANTASfunding&jointα投資成功!不動産CFの時代!

crealから大型ファンドの発表。利回りが5%の加えて新規投資家は最大100万円までの2%のキャッシュバックが貰える。この結果本ファンドは利回り7%という破格のファンド。またcrealと同様の不動産クラウドファンディング業者であるFANTASfundingとジョイントαも人気ファンドを組成。時代は不動産CFがメイン。
CREAL(クリアル)

creal!最大2%のキャッシュバック!一周年記念キャンペーンは新規&既存投資家に破格の利回り!

crealからついに1周年記念のキャッシュバックキャンペーンについて発表された。新規投資家は2%、既存の投資家は1%のキャッシュバック。大型ファンドのためクリック合戦なしで投資ができるのが魅力。不動産クラウドファンディングで一番の人気業者。信頼性も高いため、投資初心者にもおすすめな業者といえる。
CREAL(クリアル)

11月投資はクラウドクレジット、creal、jointαあたりが投資家のメインになりそうですね

crealからはキャッシュバックキャンペーン。クラウドクレジットからは新規投資家登録キャンペーン。jointαは11月上旬に大型ファンドの募集が行われる。ソーシャルレンディング&不動産クラウドファンディングの募集は減少傾向が続いているため、この3社のファンドに人気が集中するだろう。投資家は適切な判断のもと投資を行いたい
CREAL(クリアル)

crealから年利3%,fundsから年利2%さすがにこの利回りだと投資をする気がおきない!

crealの新ファンドは利回り3%。fundsからは年利2%。安全性が高い業者が増えるのは喜ばしいことだが、利回りが低すぎるため、投資をすることはおすすめできない。年利にして3.5%以上が個人的にソーシャルレンディングやクラウドファンディングにおいて、投資家の安全性が高いファンドという意味においてはおすすめである。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングのクリック合戦で勝利するコツとおすすめのやり方!どうやったら勝てるのか?

ソーシャルレンディングのクリック合戦に勝利するためにどのような事前準備をするべきかというコツを全て記載!人気業者のファンド&なぜ信頼できるのかという説明。そしてそのクリック合戦に勝利するために何に気をつけなければならないのか?何をすれば投資できる確率があがるのか?などの具体的な方法の説明。投資初心者向け記事。
CREAL(クリアル)

FANTAS fundingは評判良いもデメリットあり?おすすめファンドは?他の業者との比較徹底調査

FANTAS fundingは不動産型クラウドファンディングに新規参入をしてきた業者。空き家リフォームビジネスや中古マンションビジネスという利益率が高い事業を手掛けているため年利10%という破格の利回りがあってもおかしくない。FANTAS が劣後出資者になるため、投資家の安全性も高く、メインの投資先にしていける高信頼度業者
Advertisements