ラッキーバンク

FANTAS funding

やばいソーシャルレンディング業者と信頼できる高利回り業者の見分け方!危険で不正を行う業者!

危険で不正をおこなうやばいソーシャルレンディング業者の特徴と、高利回りながら信頼できるソーシャルレンディング業者の違い。 信頼できる業者は上場企業から支援をうけ、IPO間違いなしになっている為、高利回りファンドやキャッシュバックキャンペーンが行える。一方独立系は予算がないため、異常な高利回りなどは詐欺目的といえる。
CREAL(クリアル)

maneoの被害者には責任はない!担保価値の水増しは投資家が見抜くのはほぼ不可能!

maneoが担保価値の水増しをしていたことを当時の投資家が見抜くことは不可能。業界最大手、VCが出資、LTVが低い、投資家にとって安全なファンドと記載されていた当時に見抜ける可能性は皆無。ラッキーバンク、みんなのクレジット被害者にも言えることだが、ソーシャルレンディングで騙されたことに落ち度はなく、責任は業者にある。
CREAL(クリアル)

不動産系ソーシャルレンディング高信頼度業者ベスト3!何故信頼できる?徹底比較!<追記>

不動産系ソーシャルレンディング&クラウドファウンディング業者のお勧めランキング。信頼できる理由を上場企業の傘下や担保評価の正当性、これまでの実績などで客観的に評価。お勧めできるファンドとその内容。不祥事を起こした起こしたソーシャルレンディング業者と信頼できる業者を比較。owners book&lendex&crealの評価
ソーシャルレンディング

ラッキーバンク詐欺事件!投資家は訴訟?最悪の結末!元本大幅棄損!訴訟組勝利?<追記>

ラッキーバンクはサービサーへの債権譲渡、投資家の元本が大幅に棄損するという最悪の結末を向かえました。何故ラッキーバンクは不正が行えるスキームになっており、親族に貸し出しを行えたのか?貸し付け先の財務状況は最悪。詐欺事件なのか?投資家は集団訴訟も相当難しい。日本の不動産市場と、信頼できる不動産担保付きファンドの解説。
ソーシャルレンディング

ラッキーバンクが業務再開への動き!その隠された真意は簡単です!

ラッキーバンクが業務再開を目指しているとの事ですが、それは真意ではありません。ラッキーバンクの目的は裁判という訴訟を回避すること。ラッキーバンクは責任を果たしてない以上信頼してはいけません。
ソーシャルレンディング

みんなのクレジット&ラッキーバンク詐欺被害者に罪はなし!

ソーシャルレンディング

ラッキーバンクの今後どうなる?伸展も全くなく、不誠実だと考える3つの理由!<追記あり>

ラッキーバンクは詐欺に近い。不誠実な対応を繰り返しており、時間稼ぎに走っている。ファンドの担保価値もごまかし、親族に貸し付けを行っていた以上、投資家はラッキーバンクを信じるべきではない。業務改善には具体的な進捗は見れず、業務再開を目指しているのはごまかし。今後もウイングトラスト社を監視しつつ、訴訟を視野にいれるべき
ソーシャルレンディング

ラッキーバンクは悪意の塊!信頼できる業者の特徴はこれ!

ラッキーバンクは悪意の塊。詐欺に近く、田中社長は一切信頼できない。ソーシャルレンディング業者で信頼できる特徴としては、上場企業傘下。証券会社が運営。各種VCor大企業が出資先となっている。信頼できる業者に出資さえすれば、資産が増えていくソーシャルレンディングはやはりお勧めの投資と言える。
Advertisements