ジョイントアルファ

maneo

maneo(マネオ)川崎ファンドは元本割れ決定的!20億遅延で今後どうなる?サービサー売却?競売失敗

マネオ(maneo)で20億の大量の遅延が発生。川崎ファンドの担保価値はマネオがうたっていた業者買い取り価格と大きな乖離があり、売れて2億程度の川崎麻生区の山奥の土地。競売に失敗し、4億でも売れなかったため、抵当権順位者3位以下の全損は確定。Jトラストの藤田氏が株式取得。回収がほぼ不可能な本件はサービサーへ売却される。
CREAL(クリアル)

crealから大型ファンド登場!FANTASfunding&jointα投資成功!不動産CFの時代!

crealから大型ファンドの発表。利回りが5%の加えて新規投資家は最大100万円までの2%のキャッシュバックが貰える。この結果本ファンドは利回り7%という破格のファンド。またcrealと同様の不動産クラウドファンディング業者であるFANTASfundingとジョイントαも人気ファンドを組成。時代は不動産CFがメイン。
ジョイントアルファ

ジョイントアルファ(jointα)のクリック合戦に勝利!クリック合戦勝利するコツは何!?

ジョイントアルファのクリック合戦に勝利するコツ。人気の不動産クラウドファンディング業者。東証一部企業がバックについており、安定性抜群。またサーバーが弱い。そのため投資を行うためにはクリック合戦に勝利しなければならない。投資を行うためのクリック合戦に勝利するコツ&お勧めのファンド。クリック合戦に勝利した実績付き。
FANTAS funding

FANTAS fundingの投資上限が10万円!ジョイントαも投資上限をつけて欲しい!

FANTASfundingの次回ファンドは投資上限(10万円)付き。人気のあまりクリック合戦がおき、10秒程度で完売するファンドのため投資上限がつくことで多くの人が投資するチャンスが得られるだろう。一方ジョイントαは投資上限が500万のため、クリック合戦は熾烈を極める。どちらも人気不動産クラウドファンディング業者の為だ
CREAL(クリアル)

11月投資はクラウドクレジット、creal、jointαあたりが投資家のメインになりそうですね

crealからはキャッシュバックキャンペーン。クラウドクレジットからは新規投資家登録キャンペーン。jointαは11月上旬に大型ファンドの募集が行われる。ソーシャルレンディング&不動産クラウドファンディングの募集は減少傾向が続いているため、この3社のファンドに人気が集中するだろう。投資家は適切な判断のもと投資を行いたい
CREAL(クリアル)

crealから年利3%,fundsから年利2%さすがにこの利回りだと投資をする気がおきない!

crealの新ファンドは利回り3%。fundsからは年利2%。安全性が高い業者が増えるのは喜ばしいことだが、利回りが低すぎるため、投資をすることはおすすめできない。年利にして3.5%以上が個人的にソーシャルレンディングやクラウドファンディングにおいて、投資家の安全性が高いファンドという意味においてはおすすめである。
Funds

低利回りファンドが増えてきたソーシャルレンディング。利回り3%以上は欲しい。おすすめは?

ソーシャルレンディングでは高利回り至上主義が終焉し、低利回りでも安全性が高いファンドが主流となってきた。ただしfundsの利回り2%は低すぎるし、ownersbookの米国エクイティファンドは運用期間が長すぎる。jointαは利回り3.4%ながら上場企業が劣後出資しているなど信頼性という面で高く、低利回りでもおすすめ
ジョイントアルファ

jointα!(ジョイントアルファ)の評判は良いがデメリットあり!?徹底調査!危険とリスクは<追記>

jointαはおすすめの不動産クラウドファンディング業者といえる。不正をおこすソーシャルレンディング業者とことなり、上場企業が運営&社長のバックグラウンドが信頼できる。30%の劣後出資者となっており、リーマンショック級の不況がきても投資家の元本損失リスクはほぼ皆無。また利回りもそれなりに高いのがおすすめポイントだ。
CREAL(クリアル)

不動産型クラウドファンディングの評判徹底調査!おすすめの業者はどこ?メリットデメリット徹底解説!

maneoと異なり不正ができない仕組みになっている不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違いとメリットとお勧めファンドを解説。不動産型クラウドファンディング業者はのcreal住所が明記。劣後出資者として投資家の同じファンドに投資。owners bookはLTVが低く、上場企業の傘下。信頼性別格。
Advertisements