グリーンインフラレンディング

maneo

グリフラファンドをマネオで募集!マネオがJCS債権グリフラに飛ばしている?

グリーンインフラレンディングのファンドはマネオで募集されていました。マネオの滝本氏はマネオ本体ではグリフラファンドを募集しないと明言していたのにもかかわらず。グリーンインフラレンディングはマネオのJCサービス債権を飛ばすために作られた業者可能性があります。であればマネオの滝本氏にも責任があります。
グリーンインフラレンディング

JCサービスが銀行口座仮差し押さえ。グリフラへの影響大!?

グリーンインフラレンディングの親会社であるJCサービスの銀行口座が仮差し押さえ。グリフラ投資家への影響は大きく、またマネオ本体でのDE社案件の募集もキャンセル。投資家の元本棄損は避けられないでしょう。
maneo

グリフラファンドをmaneoで募集!もその後キャンセル!誠実さとは!?

マネオでグリーンインフラレンディングで募集されていたファンドと同じファンドが募集されていました。マネオ滝本氏はグリフラファンドを取り扱わないと明言していたのにもかかわらず、グリフラファンドを募集。しかしその後審査の結果ファンドの募集を中止。滝本氏の行動に誠実さはなく、マネオファミリーへの投資は見送るべき。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディング問題!JCサービスに破産申立て!もその後取下げ!?

JCサービスに破産申し立てがなされました。グリーンインフラレンディングの貸し付け先であり、社長も同一人物の中久保氏。不動産会社に用地を期限までに渡さなかったことが原因です。破産申告がされると不当に財産を処分できなくなる。それが狙いです。ただグリフラ投資家は債権者ではありません。ですので債権者として財産配分ができません。
maneo

マネオファンドをグリフラへ飛ばした?マネオマーケットも責任あり!同一担保!

グリーンインフラレンディングのファンドは以前マネオで募集されていたファンドと同一ファンド。またマネオではグリフラファンドを募集しないと明言していたのにも関わらずファンドを募集。その後マネオでの募集をキャンセルしました。グリフラ問題はファンド自体の問題というよりもグリフラ自体の問題であり、投資家に損をさせてはいけない。
グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングは今後どうなる?詐欺で貸し倒れもあり得るのか!?

グリーンインフラレンディングの今後はどうなる?果たして詐欺なのか?グリフラとJCサービスの社長の中久保氏は倒産のプロ。信頼にたる人間ではない。投資家はグリーンインフラレンディングを監視しつつ、関東財務局などに圧をかけるべき。信頼できる業者以外投資をしないのが投資家に求められる。
maneo

マネオ(maneo)が上場!?ソーシャルレンディング初の快挙を狙うも課題あり!

マネオが上場(IPO)を狙うも課題あり。マネオの黒字額や各種VCを味方に付けていることより、SMBCが主幹事となり上場が狙える。またコンプライアンス強化の求人もマネオから募集。ただグリーンインフラレンディングの問題を先に解決する必要があり、マネオファミリーをドウするのか明確な回答が必要。上場可能性あるも課題多し
maneo

マネオ募集のマネオファミリーファンドはどうなる?問い合わせた結果と感想

マネオ本体で募集されているマネオファミリーのファンドはマネオ本体との契約になる。その為リファイナンスが必要な場合マネオ本体が責任をもって再度募集をする。金融庁の指導によってマネオファミリーが解散させられた場合マネオファミリーではリファイナンスができない為、現状マネオ本体からファミリーファンドに投資するのが賢明
maneo

マネオに業務改善命令に基づく改善対応策を直接問い合わせた結果報告

マネオマーケットから発表された業務改善命令に基づく改善対応策を直接問い合わせた結果報告。マネオマーケットは金融庁の監視の下にあり、金融庁が認めた内容しか発表できない。マネオマーケットは存続させる意思はある。マネオやその他マネオファミリーのファンドが投資家に償還されず、グリフラ投資家に償還されることは法的にもありえない
グリーンインフラレンディング

JCサービスからグリフラへ今月償還予定!毎月返済予定も対応に違和感!<追記あり>

JCサービスからグリフラへは今月償還予定。グリフラ社長とJCサービス社長が同一人物の滝本氏であることは周知の事実。にもかかわらずグリフラは償還は確認。JCサービスは償還予定。と意見が食い違い。グリフラは投資家に迷惑をかけている以上正々堂々現状を説明すべき。マネオ滝本氏にも責任がある以上無事exitさせるように動くべき。