クラウドクレジット

theo

年金2000万円不足問題!お勧めの資産運用方法初心者向けベスト4!得する投資比較!リスク&危険?

年金2000万円不足問題に対して、さまざまな投資法を組合わせることによって効率的に資産を増やしていきます。確定拠出年金idecoや積み立てNISAで長期の資産運用で元本を増やす。ソーシャルレンディングは高利回りのクラウドクレジットなどを活用し、老後まで1億貯めるにはどうしたら良いのかのやり方を解説しています。
クラウドクレジット

クラウドクレジット予定以上の利回り!高利回り!クラクレ投資は大正解!

クラウドクレジットの東欧金融事業者支援ファンドからの償金。高利回り業者ながら伊藤忠や電通などが支援していることから信頼度は別格。社長の杉山氏は東大出身のロイズ銀行入行からのクラウドクレジット設立とバックグランドを含めて別格の信頼できる人柄。業者としても信頼でき高利回り業者のクラウドクレジットは優秀な投資先です。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング!2019年徹底比較!

ソーシャルレンディング利回り別におすすめの業者をランキングした。前提条件として信頼できる業者であり、その信頼できるという客観的にエビデンスを持つ業者に限定。不正リスクが低い、優秀な業者のみピックアップした最近のランキング。
FANTAS funding

ソーシャルレンディング徹底比較!低リスク、高信頼度業者がおすすめ!最新版ランキング!

ソーシャルレンディング&クラウドファンディング投資家は今後利回りよりも安全性と業者の信頼度を重視する時代にシフトしていきます。信頼できる条件は上場企業の傘下、証券会社が運営、大企業が出資している、CFでファンドの住所が明記されているなど。2019年は業者としても安定性、信頼性。徹底比較したおすすめランキング!
クラウドクレジット

クラウドクレジットはトラストレンディングと異なり高利回り信頼業者の理由!

クラウドクレジットがトラストレンディングと異なり、高利回り業者で信頼できる業者と断言でいます。クラウドクレジットは海外に貸し付けを行っており、日本の利息制限法と関係がなく、また伊藤忠を筆頭とした大企業やVCが支援しています。ファンドの組成でも関東財務局にファンドの内容を提出しているなど信頼性としても別格の業者と言えます。
クラウドクレジット

クラウドクレジット最大利回り年利43.1%!業者リスク&キャンペーン解説!<追記>

クラウドクレジットの過去最大の利回りは年利43.1%。このような超高利回りファンドになった理由は3点。東欧金融事業者支援ファンド自身が、年利10.5%と非常に高利回り。海外案件だが償還実績も十分で、今回も目標達成率が100%。そして大幅な円安が進んだ3点が理由。事業者としても信頼できるクラウドクレジットは優秀。
LENDEX

2019年ソーシャルレンディング高信頼度業者比較!優良お勧め会社のファンド!最新版<追記>

ソーシャルレンディング業者で信頼できる業者のみを厳選。何故そのソーシャルレンディング業者が信頼できるのかを客観的に評価。信頼できるソーシャルレンディング業者のお勧めのファンドと何故お勧めなのか?優秀なファンドのみ厳選し、お勧めの業者とファンドをランキング形式で記載。優秀なソーシャルレンディング投資先のみ記載。
クラウドクレジット

クラウドクレジットが松井証券と提携!?高利回り業者で一番お勧めな理由!

クラウドクレジットが不況でも潰れない理由は電通や伊藤忠などの大企業の支援と共に、社会インパクト宣言からわかるようにその他大企業から、杉山社長が支援を取り付けられるから。投資家にとっての事業者としての安全度が高い業者の中で一番高利回りなのは間違いなくクラウドクレジット。今後も伸びていく可能性が高い。
FANTAS funding

FANDs、FANTAS クラクレは何故大規模キャンペーンが可能!?VC!大企業の支援有り!

FANTAS fundingとFUNDsの上場はVCや株主を考えると間違いない。またクラウドクレジットも同様の理由でVCからお金を引っ張ってきている。上場というのは赤字でも可能。だからこそ上場にむけて顧客を獲得したい、2社は投資家にとって有利なキャンペーンを多く展開しており、投資家としてもその流れに乗るべきだといえる。
ガイアファンディング

ガイアファンディング訴訟はどうなる?法律面を徹底解説!予想のシナリオは?

ガイアファンディングに対するマネオ株式会社の訴訟はマネオが勝訴します。欠席裁判で勝訴するでしょう。ですがガイアファンディングの日本法人にはお金がない。それ故勝訴してもお金は取り返せません。マネオ株式会社としては回収にうごいたというアピールはできます。ガイアファンディング投資家は弁護士に相談し、連帯するべきでしょう。
Advertisements