キャッシュフローファイナンス

maneo

キャッシュフローファイナンスの担保不正売却自白は関東財務局の指示ならあり得る。

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却。そしてその金銭を他のファンドの償還に充てるという重大な不正が発覚した。このような不正を自ら吐露するのは考えずらかったが、関東財務局or金融庁の指導があった結果、行ったと考えるのは十分あり得るシナリオだろう。
maneo

キャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?全件キャンセル!担保無断売却!

キャッシュフローファイナンスの遅延ファンドの担保に価値はありません。投資家の元本の棄損は間違いなく避けられない。株式は無価値。カーボン化する装置の価値は不明。リースバック契約であるため返済義務のないファンド。そもそもキャッシュフローファイナンスは大赤字経営であるため、信頼できません。担保の無断売却も発覚しました。
キャッシュフローファイナンス

キャッシュフローファイナンスの担保無断売却は危険で異常!

キャッシュフローファイナンスで担保の無断売却が発覚した。上場企業ではありえないレベルの不祥事と言える。やはりマネオマーケットには決して投資をしてはいけない。
キャッシュフローファイナンス

キャッシュフローファイナンス遅延!貸し付け先返済の意思がないファンド有り!

キャッシュフローファイナンスのアナザウェイ遅延案件で報告がありました。内容としてはアナザウェイに返済の意思はなく、キャッシュフローファイナンスからの返済請求を無視しています。何故可能なのかといえば本件はリースバック契約であり、もの引き渡せばアナザウェイに返済の義務はなくなります。担保の精査を行ったCFFの責任は重い。
maneo

グリフラ!ガイア!CFF!マネオ本体!クラリ!一番危険でやばいマネオファミリーはどれ!?<追記>

マネオ&マネオファミリーで今何がおきているのか?大遅延しているファンドは何故遅延を起こし、元本が返ってくる可能性が低い危険なファンドはどれなのか?グリフラ、ガイア、CFF、マネオ本体など問題を起こす業者に投資をするのではなく信頼できる業者にのみ投資をすることで安定したインカムゲインが得られます。
キャッシュフローファイナンス

速報!キャッシュフローファイナンス業務終了!期失中の投資家資金はどうなる!?

キャッシュフローファイナンスがついに投資家口座資金の返金を発表しました。今現在新規の募集も今後募集も行われない。これは事業の継続の意思がないことの表明。グリフラ問題の影響をうけ、リファイナンスができなくなった被害者。困難を極める資金の回収に積極的に動くことはなく、投資家にとって最悪の結末である元本大幅毀損は避けられない
キャッシュフローファイナンス

キャッシュフローファイナンスのコインランドリーファンドは予想通り元金利回収!

キャッシュフローファイナンスのコインランドリーファンドの元金利回収の報告。遅延損害金を含み回収に成功。ただコインランドリーファンドは回収はあらかじめ予想されており、回収できたからといって他のファンドは楽観視できないし、マネオファミリーへの投資は見送るべき。
maneo

マネオファミリー遅延問題でマネオ本体投資家が損失を被る!?お金を流用される可能性は?<追記>

マネオファミリーの不正問題でマネオ本体投資家が不利益を被るように波及するしてくることはあり得ません。まず非匿名組合契約をマネオ投資家はマネオと結んでますし、お金も分別管理されている。マネオとマネオマーケットは別会社。各種VCが出資している以上、マネオが不適切な資金の流用はあり得ません。
maneo

マネオ本体&マネオファミリーの大遅延と根本的な大問題

マネオ本体とマネオファミリーの遅延ファンド一覧。グリーンインフラレンディングの不正問題の影響で、マネオファミリーがリファイナンスできなくなり、多くのファンドで遅延が発生。またマネオマーケットは投資家やファミリーを軽視しており、今はマネオへの投資を見送るのが吉
キャッシュフローファイナンス

キャッシュフローファイナンスで更に遅延!詐欺の可能性は低いが赤字企業の体力は!?

キャッシュフローファイナンスでさらに遅延が発表されました。これでCFFの多くのファンドが期限の利益の喪失となった。コインランドリーファンドは絶好調だったのにもかかわらず、マネオマーケットがリファイナンスの基準を厳格化したのが原因。マネオマーケットは投資家を軽視している。またCFFは大赤字で企業体力面も厳しい。
Advertisements