ソーシャルレンディング

CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディングは詐欺可能だが不動産CFは詐欺ができない理由!

不動産型クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違い。不動産クラウドファンディングは住所が明記されており、投資先がわかる点。不動産特定事業法の管轄のためソーシャルレンディングよりも安全性が高い投資法と言える。ただしソーシャルレンディングでも上場企業の傘下であれば、担保査定が正確なため、投資をしても問題ない。
CREAL(クリアル)

ソーシャルレンディング比較!おすすめ人気信頼度ランキング!2019年!

信頼できるソーシャルレンディング事業者のランキング。事業者リスクとメリット。その業者におけるお勧めの投資方法。ソーシャルレンディング業者の信頼度ランキング。またソーシャルレンディング業者を徹底比較し、その信頼度毎にお勧めランキングを作成した。客観的な評価基準でプロ投資家と共に選定したおすすめランキング。
CREAL(クリアル)

fantas fundingから本日一気に8ファンド!crealからも募集!<追記>

fantasfundingから一気に8ファンドの募集が発表された。人気すぎて投資ができないことで有名なfantas fundingだが5月21日は初心者投資家にとって投資しやすい絶好の機会と言えるだろう。
maneo

マネオファミリーはmaneo(マネオ)が債権を飛ばす為?免許取消の可能性有!

maneoの急成長の裏に隠されていたのはリファイナンスとファンド(債権)飛ばし。マネオが自社で募集したファンドがうまくいかないことが解ると、他のマネオファミリーへ債権を飛ばしてました。グリーンインフラレンディングなどへ本体のファンドを飛ばし、デフォルトをおこしていないように見せかける。その事実が明るみに出ています。
クラウドクレジット

高利回りを狙うならクラウドクレジット!お勧めできる3つの理由!<追記>

クラウドクレジットがお勧めできる理由は3つ。伊藤忠や電通を筆頭に大企業が株主として支援。海外ファンドゆえの高利回り。不正が起きないような監査体制の充実。お勧めのソーシャルレンディング業者です。
クラウドバンク

クラウドバンク大型太陽光発電施設ファンドは優秀!今後は注意点あり!<追追記>

クラウドバンク太陽光発電ファンドへの太陽光発電施設の九州地方の出力制限の影響は軽微。クラウドバンクの太陽光発電ファンドは売電契約が2015年より前に結ばれているため、出力制限は制限付き。その上ソーシャルレンディング投資家は永遠に太陽光発電を持つのではなく、極めて短期間のみファンドを持つ。影響はないといえる。
クラウドバンク

グリーンインフラレンディングとクラウドバンクの太陽光発電ファンドの違い!<追記>

クラウドバンクの太陽光発電ファンドは売電価格が非常高いため、高利回りも期待できます。グリーンインフラレンディングの太陽光発電ファンドは年利が高すぎて信頼できません。グリフラの不正問題からわかるとおり、信頼できる業者にのみ投資をするというのが求められ、証券会社が運営するクラバンの信頼度は別格といえるでしょう。
CREAL(クリアル)

エニート!crealから現物物件買います!5月の大型案件は!?

crealは5月に大型案件のファンドがでてくるか?かつて大型ファンド募集時はキャッシュバックキャンペーンが行われた。広告キャンペーンからも可能性大。また不動産型クラウドファウンディング業者であり、信頼性は屈指といえる。またその信頼度の高さから現物不動産を購入することを決意。今後はその内容を記事にしていく。
Funds

maneoの今までの不正行為と虚偽説明一覧!投資家への誠実さは!?<追記>

maneo(マネオ)本体でもマネオファミリーでの不正や虚偽説明が続いている。グリフラ問題では資金の不適切流用から始まり償還が停止している。マネオファミリーではリファイナンス基準の厳格化の結果、多くの業者で償還が止まった。そしてマネオ本体でも川崎ファンドでは担保価値の水増し。投資家は償還され次第出金するのが安全だろう。
CREAL(クリアル)

不動産系ソーシャルレンディング高信頼度業者ベスト3!何故信頼できる?徹底比較!<追記>

不動産系ソーシャルレンディング&クラウドファウンディング業者のお勧めランキング。信頼できる理由を上場企業の傘下や担保評価の正当性、これまでの実績などで客観的に評価。お勧めできるファンドとその内容。不祥事を起こした起こしたソーシャルレンディング業者と信頼できる業者を比較。owners book&lendex&crealの評価
Advertisements