maneo遅延案件はパティール債権回収会社になって動き始めた!ただガイアファンディングは難しいのでは

maneo

はいどうもエニートです。

今回はmaneoの遅延案件がようやく動き始めたな!やはりパルティール債権回収株式会社が入ったのが大きい!という印象と、ただそれって日本国内の案件には有効だけど、ガイアファンディングのように海外案件についてどういうアプローチをしていくのだろう?

ということについて話していこうと思います。

ただ何も伸展しなかったmaneoの遅延問題についてSAMURAI証券が絡むことによって進捗してきたため、maneo投資家にとってポジティブなニュースと言えるのではないでしょうか?

maneoの国内案件には動きがありました!

兵庫県の宝塚案件ではEH社から約5,590万円の一部返済金を受領。

また千葉案件に関してはパルティール債権回収株式会社がJ社弁護士と面談をおこなったとのこと。

3.回収の見込み
当社及び事業者C社は、引き続き不動産事業者Jの売却による返済を誘導していきますが、
上記のように債務整理を目的として弁護士が介入したことにより
不動産事業者J社の法的整理も見据えた対応となる可能性が高い状況です。
本物件の購入検討者にとって、金融機関からの融資による資金調達の可能性は低下している状況でもあり、
必然的に現金での購入客に頼る販売活動になっております。
上記発表があったときは、本件も相当長引きそうだな。という印象でしたが、パティール債権回収株式会社はすでにJ社の弁護士との面談を行い、また裁判所にも上申書をだしていることからも、回収活動に積極的。

投資家としては早期解決を期待したいですね。

個人的には国内案件に関してはパルティール債権回収株式会社が介入してきてくれたことにより、多くの投資家が助かる可能性が高まっており、吉報であると評価しています。

 

ガイアファンディングも動きがあるが、アメリカからどうやって回収するのだろうか?

ガイアファンディングは上述した案件と異なり、海外案件というのがネックでしょう。

maneo株式会社(以下「弊社」という。)は、平成 31 年 3 月 12 日にガイアファンデ
ィング株式会社(以下「ガイア社」という。)および同社代表取締役であり連帯保証人であ
る屈文馨(ケルビン チウ)氏に対し、「ガイアファンディングセレクトファンド」に係る
貸金返還等請求訴訟を東京地方裁判所に提起しております。
前々回 7 月 31 日の弁論において、裁判所からガイア社に対して、弊社への返済義務を負う
こと自体の争いがあるかと確認を求めたところ、ガイア社からは、その点に争いはないとの
回答がございました。それを踏まえ、裁判所からガイア社に対して、同社が現在手掛けてい
る対象案件の進捗状況を弊社に報告するよう指示がありました。その後、ガイア社から案件
に関する情報提供があったことは事実ですが、その提供情報については具体的な事実関係
が必ずしも明らかにされたものとはなっておらず、また記載内容の裏付け資料の開示もあ
りませんでした。弊社といたしましては、投資家の皆様への情報発信を行うためにも追加情
報を得て具体的な事実関係を確認する必要があり、このような事情から、再度ガイア社に対
して具体的な情報を開示するよう書面を通じて要請いたしました。しかしながら、ガイア社
は、先に提供した情報については弊社及び裁判所からの要望事項を満たした回答であり、
加情報を提供する必要はないとの回答をいたしました。
この回答を受け、前回 10 月 2 日の弁論の場を利用し、弊社からガイア社に対して、投資
家への情報発信を行うためにも具体的な案件進捗情報を提出するよう改めて要請いたしま
した。裁判所からもガイア社に対して、投資家利害を理解し、本要請に対応するよう指示が
出されました。ところが、裁判所からの指示があるにも関わらず、本日時点においてもガイ
ア社からの追加情報の提供がございません。
次回弁論期日は 11 月 20 日となります。審理状況につきましては引き続きご報告いたし
ます。また、それまでの間に回収状況などの進捗情報が得られましたら上記期日に係わらず
ご報告いたします。

maneoマーケット公式サイトより

(太字は私がつけました。)

これって要約すると投資家に正確な事項を説明するために、maneoマーケットも裁判所も、ガイアファンディングに対して情報をだすように求めているのにもかかわらず、ガイアファンディングは情報の提供をしていないということですよね。

率直に言ってしまえば、アメリカから債権を回収するって管轄法も違うわけですから相当難しくないですか?

パルティール債権回収株式会社に期待したいですが、この問題事項をどうやって片付けるのか投資家に説明して欲しいですね。

何故アメリカから債権を回収するのが難しいのか気になる方はガイアファンディング訴訟でアメリカから投資家資金を取り返すのってかなり困難なのでは?

上記記事をご参照ください。

私自身もガイアセレクトファンドで捕まっているため、少しでもお金を取り返せればと思っています。

こう考えると問題発生時にすぐに海外に人を派遣したクラウドクレジットは優秀でしたね。

国内ファンドの回収に関してはSAMURAIと関係するパルティール債権回収株式会社に期待したいですね。(無論SAMURAI証券のファンドについても期待したいです。特に日本保証付きファンド!日本保証ファンドについて詳しい解説が気になる方はSAMURAIからさくらソーシャルレンディング日本保証の保証付きファンドが登場!こちらの記事をご参照ください。)

当ブログは初心者向けに記事を書いているため、どのような業者が高利回りなのか?安全性が高いのか?ということについて下記にまとめました。

是非ご活用していただき、より良い投資生活を送れることを願ってやみません。

信頼できるおすすめのソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者

こちらが当ブログ一番の人気記事のお勧めできるソーシャルレンディング業者の一覧です。

ソーシャルレンディング比較!おすすめ業者ランキング!

おすすめできるソーシャルレンディング業者のおすすめファンド一覧

ソーシャルレンディング業者別のおすすめファンドになります。どれも信頼できる優秀な業者の優れたファンドについての解説になります。

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディングファンド比較!業者別お勧め優良ファンドはこれだ!

ソーシャルレンディングで高利回りお勧め業者ベスト3!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴

みんなのクレジットやラッキーバンクのような業者に引っかからないために、気を付けなければならない点をまとめました。ご参考にしてください。

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

記事を参考にして頂ければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント