ソーシャルレンディングで複利効果を高められる優良業者どこ?複利効果の最大化!徹底調査し比較!

SBIソーシャルレンディング

 

 

 

はいどうもエニートです
今回は一番複利のパワーが感じられるソーシャルレンディング事業者はどこ?
それを投資金額別に記載していこうと思います。

<追記>

以前まではクラウドバンクが1000円単位で追加投資が可能であったため、少額投資家にとって一番複利のパワーを使えた業者はクラウドバンクでした。

ですが今1円単位で投資ができるfundsが出てきてしまったため、複利のパワーが一番使えるのはfundsとなっております。

ただし、fundsのファンドの募集は月に1度程度。ですので一番複利のパワーを使いやすいのはクラウドバンクで間違いありません。(常にファンドの募集があるためです。)

投資家の基本的な戦略は下記の業者に分散投資で間違いないでしょう。

<追記>

SBIソーシャルレンディングとクラウドバンクについて追記しました。

特に匿名化解除されたのちのクラウドバンクのバイオマスファンドは優秀そのもの。その点について追記したいと思います。

またクラウドバンクがスマートレンドの最終貸付先と業務提携したことについても追記しました。

Contents

年間1000万以上投資している投資上位者の場合

この場合SBIソーシャルレンディングになります
かつてはマネオの方が貸し付けまで時間が短かったため、マネオの方が投資上位者にとって優秀という評判でしたが、数々の不祥事の結果SBIソーシャルレンディングが業界1位となりました。

SBIソーシャルレンディングのメガソーラーファンドや不動産デベロッパーファンドなど大型募集のファンドが多い。

そのためまとまった資金を投入するのに適していますし、1000万以上投資される場合は毎月の分配金が5万円を超えることが多い。

となるとSBIソーシャルレンディングの最低投資金額5万円を超えます。

事業主としてもバックにSBIがついているため非常に安定している。

ですので大口投資家は(無論複利のパワーを使わないのであれば小口投資家でも)SBIソーシャルレンディング
を中心に投資をするのが有効な戦略です。

SBIソーシャルレンディングの事業者リスク、メリット

年利 6.5~9%(中~高利回り業者。)

投資難易度 高(クリック合戦。)

運営手数料 1%台(非常に安いため、投資家にとって有利。)

超大企業のSBIグループのソーシャルレンディング部門SBIソーシャルレンディング
東証一部上場企業のSBIを親会社にもつ事業者として信頼できる会社です。

SBIソーシャルレンディングの評価ポイント

東証一部上場企業の親会社をもつ。

つまりコーポレートガバナンス体制やコンプライアンス体制が抜群。

みんクレ事件やラッキーバンク事件からの踏まえなければいけないことは事業者が親族に貸し付けるということが簡単にできてしまうこと。
逆に言えばこういったコーポレートガバナンスがしっかりしている会社は不正ができません。

金融庁の監査にもしっかり対応していますし、事業者リスクは現時点で1位(一番安全)といっても過言ではありません。

 

2019年にはついにSBIソーシャルレンディングが業界最大手になりました。(一月あたりの募集額において。)

要因としてはやはり

1 バックにSBIという超巨大グループがついているという信頼性。

2 今までの実績(延滞案件での債権回収という面も含む。)

3 TVなどでもCMをうつなどの積極性。

4 運用手数料が1%台と非情に良心的。

上記3点にまとめられます。今後もSBIソーシャルレンディングには業界最大手としてソーシャルレンディングを引っ張っていって欲しいですね。

<追記>

匿名化解除についてもSBIソーシャルレンディングは対応済みです。

このまま信頼性をどんどん向上させていってほしいものですね^^

また今現在出ているクラウドクレジットのキャンペーンについても追記しました!

SBIソーシャルレンディングの累計融資額が1000億円を突破

2019年の7月の発表でついに累計融資額が一〇〇〇億を突破。

これにより業界最大手の座は揺るがないことになりました。

さらに今現在の運用額は三一四億。登録者数は三万五千人以上。

すべての数字の面でSBIソーシャルレンディングは頭一つ抜け出している存在になったと言えます。

情報開示性もすばらしく、問題発生時もすぐに投資家に報告する姿勢があるからこそ、業界NO.1の存在になれたと言えます。

SBIソーシャルレンディングでも匿名化解除と発表されました!

業界の圧倒的ナンバーワンであり、この業界を牽引すべき存在であるSBIソーシャルレンディング。

そのSBIソーシャルレンディングが匿名化解除に対応すると2019年5月に発表したことは投資家にとって朗報であると断言できます。

SBIソーシャルレンディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:織田 貴行、以下「SBISL」)は、2019年5月17日以降に募集するファンドから、借手の商号等に関する情報の開示対応を、順次開始することといたしましたのでお知らせいたします。

借り手の商号等に関する情報の開示対応を開始。

これはつまり借り手の情報を明示する。投資家にとって投資判断をおこなう情報が増える。

これは当然歓迎すべき事態ですし、業界NO.1のSBIソーシャルレンディングが対応するというのが、より一層匿名化解除の流れが加速していきます。(つまり投資家にとって有利な流れです。)

 

業界全体が健全化に大きく進んでいます。

SBIソーシャルレンディングのお勧めの投資法!

不動産ディベロッバースファンドやメガソーラーシリーズ
しっかりとした償還実績もありますし、担保もしっかり取ってあります
問題は5億程度であれば10分程度で集めてしまう投資倍率の高さでしょうか?
私もサラリーマンなのでクリック合戦になってしまうと参加できなくて投資できないことが多々あります。

とはいえそのクリック合戦がSBIソーシャルレンディングへの信頼であるとも言い換えられます。

他の業者と比較してもSBIソーシャルレンディングの信頼性は段違いと言えます。

(また運営手数料も不動産ファンドでは年利1.5%と非常に良心的と言えます。)

またそれ以降も常に業界1位の月間募集額。

2019年も業界を引っ張ってくれる間違いなしの現状1位の業者と断言できます。

事業者リスクは相当低く、年利もそれなりに高い。そして運営手数料も低く、回収実績もある。

どれをとっても比の打ち所がない。それがSBIソーシャルレンディングと言えます。

SBIソーシャルレンディングのメリット、デメリット
デメリットとしては

その人気故のクリック合戦のはげしさ。

サイトが若干使いずらい

メリットとしては

業界最大手。

バックにSBIがついている。

債権の回収に成功したという実績有り。

 

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

200万投資する場合

この場合毎月分配型の場合は分配金は毎月1万円程度になります。
その場合出資できるのはさくらソーシャルレンディング、サムライ、クラウドバンクが1万円から投資できる案件を用意しているので複利の効果を存分に発揮できます。
満期一括型で構わない(税制上こちらのが有利です)というのであれば海外案件の為、高利回りが期待できるクラウドクレジットに投資するのが有効な手段です(元本+利子が返ってくるためお金を遊ばせる期間が短い)。

クラウドクレジットの事業者リスク、メリット

年利 2.5%~13% (超高利回り業者)

投資難易度 低(超人気ファンド以外比較的余裕有り。)

ガイヤの夜明けにでて以来、着実に投資家と貸付金額を増やし続けているクラウドクレジット
クラウドクレジット今期中に黒字化!?
にも書いたように財務状況が急速に改善しています。(2019年5月時点で黒字化はほぼ間違いなしでしょう。)

また海外に少額から分散投資ができる。という点を評価し管理人も投資しています

クラウドクレジットの評価ポイント

株主が超有名企業

伊藤忠を筆頭に超有名企業が並んでいますね
また第一生命と三菱UFJキャピタルからの資金調達(公式サイトのリンクです)
から2018年の4月に1.3億の信金調達をおこないました。

こいった大企業のVCは出資するにあたり事業者を調査しますからね。

逆に言えば並み居る大企業から資金調達を取り付けるクラウドクレジットはやましいことは一切していない証明になります。
また2018年5月貸し付け額が100億を突破しました。

100億という数字は一種のマイルストーンになります。

2019年3月にはSBIマネープラザと業務提携を発表。様々な専門的な助言をもらえるというは大きなポジティブな要素でしょう。

SBIマネープラザとの業務提携開始について クラウドクレジット公式サイトより

また2019年6月には単月での黒字を達成。ファンド数も増えてきており、今後も楽しみな会社と言えます。

ガイアの夜明けにでれたのは電通のバックアップのおかげ。
日本の大手企業が今一番押している会社は【クラウドクレジット】


社長が顔をサイトで出している
サイトの多くで社長だけでなく従業員も顔を出しています。
その部分で私個人としての好感度は高い。
やはりやましいことをしていない人間は金融業界でも積極的に顔出しをします。


以前ブログの記事にも書いたのですが社長の杉山さんは誠実そのもの
彼が人をだますというのは考えにくい

クラウドクレジット社長の杉山氏は有能なロマンチスト
また監査を設置するなど信頼獲得に向けて誠実に行動しています
ですので私の中ではクラウドクレジットは信頼できる事業者に分類されています。

またクラウドクレジットは発展途上国の貧困層向けのファンドを多く用意しており、社会貢献性の高さも特徴です。

私自身ペルーの農業支援ファンドや未電力化地域に電気を通すファンドなどに出資しており、クラウドクレジットは投資と社会貢献が同時にできる高信頼度業者と言えます。

(こういった困っている発展途上国の方を支援できるのも強みの一つ)

クラウドクレジットが大企業から出資をうけていることが投資家にとってメリットな理由

何故VCや大企業の支援を受けていることが投資家にとって有利かと言えば理由は明確。

それは大規模キャンペーンが大企業の支援の元うてること。

定期的に手数料をさげて、投資家にとって有利なファンドを組成してくれます。

このように大企業の支援を受けている=無理がきき、お得なキャンペーンができる。

というのはやはり投資家にとってポジティブな材料だと断言できます。

ですのでVCや大企業からお金を出して貰うことに対しては、投資家としては歓迎すべき事態と言えます。

去年一年間だけでも第一生命などのなだたる大企業からの支援を取り付けました。

(ギフト券プレゼントキャンペーンなどがうてるのも大企業の支援があるからこそと言えます。)

お得なキャンペーンとしては2種類

1 手数料をさげてくれ、利回りを上げてくれる

2 アマゾンギフト券をプレゼントしてくれる。

私個人のおすすめとしては1の利回りアップキャンペーン。ドル建てで利回り11%という破格のキャンペーンでした。(マイクロローンファイナンスです。)

今現在クラウドクレジットから過去最大級のお得なキャンペーンが出ています!

定期的にお得なキャンペーンを打ってくれるクラウドクレジットから過去最大級のキャッシュバックキャンペーンが出ています!

(いつもは0.5%程度のキャッシュバックキャンペーンなのにもかかわらず、本キャンペーンは非常に強力です。)

クラウドクレジットから2.5%分のキャッシュバックキャンペーンが発表されました!

本キャンペーンはSBI証券提携しており、Tポイントとしてキャッシュバックが受けらえます。

そのポイント数もなんと2.5%。もともと東欧金融事業者支援ファンドを利回りが8%近いため、(クラウドクレジットはファンドによっては利回り10%を超えるファンドも用意されています。)

キャンペーンと合わせれば年利10%を超える投資になりえます。

このTポイントでのキャッシュバックキャンペーン。Tポイントかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、SBI証券と提携しているというのがみそです。

というのもSBI証券はTポイントでも投資信託の購入が可能。

ですのでクラウドクレジットのファンドとは別に、SBI証券でS&P500など優秀な投資信託をTポイントを使って買うことも可能。

(私もSBI証券で順調に資産を増やしております。)

すこし話がそれましたが、むろんTポイントとして、コンビニなどの買い物に利用することも可能です。

ですの本キャンペーンの2.5%キャッシュバックは非常に強力なキャンペーンと呼べます。

クラウドクレジット株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山智行、以下「当社」)は、株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:髙村正人、以下「SBI証券」)の資本業務提携先であるCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦、以下「CCCマーケティング」)と連携し、当社商品をご購入頂いた方にTポイントを付与するキャンペーンを開始いたします。

【キャンペーン概要】

付与Tポイント 5,000ポイント
付与条件 キャンペーン期間中、当社において新規にID登録および口座開設のうえ、
20万円以上の当社ファンドを購入された方
キャンペーン期間 2019年9月13日(金)0時0分~2019年10月31日(木)23時59分
ポイント付与予定日 2019年11月下旬

クラウドクレジット公式サイトより

キャッシュバックも重要だがSBI証券と提携したことも注目点

ただ単に高利回りのキャッシュバックキャンペーンであれば、今までの怪しいソーシャルレンディング業者と変わりありません。

しかし今回の提携先はSBI証券。このような大企業が出資を決める際には、徹底的にその業者を調査します。その審査をパスしている。これがクラウドクレジットの何よりの信頼性の高さの証。(そのほかにもLINEや伊藤忠など日本の大企業が出資しています。)

 

クラウドクレジットのお勧めの投資法!

海外案件に特化しているため逆にどのファンドに投資をしたら良いのかわからない

そういった場合上記リターンマップがサイト内にあるためそれを参考にするのをお勧めします。
個人的にはニコちゃんマークが書いてある東欧金融事業者支援ファンドがおすすめです。
案件としても固いですし、私も去年投資したのですが、利回りが約10%を超えていました。

また外貨立てで海外案件に投資ができるため東欧金融事業者支援ファンドでは年利43.1%という実績もあります。(正直この金利はすさまじいです。)
東欧金融事業者支援ファンド13号の運用レポートより抜粋します。

ファンドの実現利回り    : 43.1% (期間:2017年4月20日~2017年10月31日)

募集時期待利回り      : 10.5% (期間:2017年4月20日~2017年10月31日)クラウドクレジット公式サイトより

これが実現できた理由は3点。
1 募集時の利回りが10.5%と非常に高利回り。
2 ファンドの目標運用達成率が100%だった。
3 大幅な円安が進行した。(116.86円→133.68円)。

上記三点が理由になります。外的要因に恵まれたのも事実ですが、クラウドクレジット自身が10.5%と非常にすばらしい目標の利回りも100%達成したというのもまた事実。

本件についての詳しい解説はクラウドクレジットの最大利回り年利43.1%!?何故ここまでの超高利回りになった!?

上記記事をご参照ください。

このような利回り&償還実績も十分ということを考慮にいれると、私は今年もクラウドクレジットは東欧金融事業者支援ファンド中心に投資を行います。

 

2019年も約半分が過ぎましたが、東欧金融事業者支援ファンドを中心に投資を行っているおかげで大幅なプラスとなっています。

クラウドクレジットでどれほどプラスになっているのか気になる方は

クラウドクレジット予定以上の利回り!高利回りで投資は正解だった!

上記記事をご参照ください。

また2019年の4月頃からまたぐっとファンドの数が増えてきた印象です。

そのファンドの内容としても海外案件のため、クラウドクレジットは年利10%を超えているものも多く、やはり高利回りを狙うのであれば、中心に置くべきソーシャルレンディング業者と言えます。

(社長の杉山さんを取材させていただいたのですが、誠実そのもののお人柄でした。)

クラウドクレジットは匿名化解除に対応済み

2019年5月に匿名化解除について具体的な内容が発表されました。

①貸付先匿名化解除後は既存および新規の貸付先について、原則として投資家の投資判断の材料とするため、実名・財務情報を含む基本情報を公開する。例外的に貸付先を匿名とする場合はその旨、およびその理由について明記する②情報公開については、同社ホームページ上のファンド一覧内のファンドごとの各ページおよび法定書面(契約締結前交付書面等)をもって行う。クラウドクレジットより

実名財務情報の開示。これが投資家がまさに求めていたことです。これを行うクラウドクレジットの姿勢は実にすばらしい!

やはり高利回りソーシャルレンディング業者を比較したとき、クラウドクレジットが一番の信頼性を誇る。と株主やバックグラウンドの堅さより断言できます。

また今現在(7月19日)まで50万円以上の投資で1000円のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンが行われています。

キャッシュバック率としては高くはありませんが、東欧金融事業者支援ファンドへまとまった金額を投資するつもりであれば、利用するのが投資家として正しい戦略と言えます。

 

(二年以上投資をしているのですが、年利8%というハイパフォーマンスを見せています。)

好成績を収められた理由は明確で、東欧金融事業者支援ファンドのど優秀なファンドに投資をしたから。ソーシャルレンディングの良いところは投資家同士がお金を取り合う関係ではないため、このように自ら成功した投資方法をウェブサイトにかけるのがメリットですね。

 

クラウドクレジットのメリットデメリット
クラウドクレジットのデメリット

クラウドクレジットのデメリットは

海外案件のリスクの高さ。

為替ヘッジがついていないファンドでは円高時に為替差損をする可能性がある。

クラウドクレジットのメリット

海外案件故の高利回りが期待できる。

バックに伊藤忠がついている信頼性の高さ。

コーポレートガバナンスの高さは屈指。

 

現状信頼できなおかつ高利回りの業者となるとクラウドクレジットが間違いなく一番。
下記リンクより無料口座開設可能です。(2分ほどで登録できました。)

【クラウドクレジット】公式サイト

100万以下の投資の場合

この場合クラウドバンク一択
100万以下の場合毎月の分配金は基本的に1万円以下。
となるとその月のうちに再投資ができません。
2ヶ月に1度。または3ヶ月に1度1万以上たまるため再投資が可能になります。
クラウドバンクの場合は1万以上の場合千円単位で出資が可能。(12000円とか13000円とか)
複利のパワーを考え場合この1000円単位で再投資ができるクラウドバンクは強い。
少額投資の場合複利のパワーを一番味わいやすいのはクラウドバンクで間違い有りません。

 

ただ上記は毎月分配型のファンドだからこそ複利のパワーをつかうためにまとまった金額が必要になります。
逆に言えば、満期一括型で構わないということであればクラウドクレジットがお勧めです。

クラウドバンクの事業者リスク、メリット

年利6~8%(中利回り業者。ただしファンド毎に追加配当あり。)

投資難易度 低(比較的余裕有り。)

クラウドバンクは証券会社が運営するソーシャルレンディングの会社です。

クラウドバンクの評価ポイント

上記画像にも書いてあるのですが、証券会社が行うソーシャルレンディングの会社
つまり第一種金融商品取扱業者を取得しています。
これは他の第二種金融商品取扱業者と異なり、より厳しい審査に合格しなければいけません。
コーポレートガバナンス体制やコンプライアンス体制が国から認められているということになります。

またクラウドバンクの情報開示性がすばらしいにも記載したのですが、顧客の疑問に対してすぐに調べて対応してくれます。

この誠実さはすばらしい

またクラウドバンクは2018年の決算報告によれば大幅な黒字化を達成しました。これでクラウドバンクへの信頼はより強固なものになったと言えるでしょう。

またついにソーシャルレンディングにおける匿名化が解除されることになりました。

クラウドバンクはそのことにいち早く反応しており、下記の通りクラウドバンクは情報開示を行うと明言しております。

融資先の情報開示等に関する方針

「匿名化・複数化以外の方策」として挙げられている要件等を速やかに満たすよう対応し(本年4月上旬頃を予定)、以降に募集するファンドにおいては融資先の同意が得られたものから順次、直接的な融資先が特定できる情報提供も行う等、更なる情報充実化を図る方針です。

クラウドバンクより引用

このような匿名化解除に対してすぐに反応し、情報の充実化をはかっているというはやはりすばらしい対応だと言えます。

そしてついにクラウドバンクの匿名化解除の内容が発表されたのですが、すばらしいの一言!

会員限定の情報になるので、転用は許されませんが、さわりだけ説明すると

投資先の財務状況。担保物権情報。そして担保物権の客観的な評価額を記載してくれています。

私が特にすばらしいとおもったのが担保物権の評価額の記載。

これにより投資家はファンドが万が一うまくいかなかった場合のリスクの見える化が可能です。(担保物権の客観的な評価額ですからね。)

クラウドバンクの信頼性がOwnersBookに匹敵するクラスになったと言っても過言ではないでしょう。

クラウドバンクお勧めの投資法!

貸付総額が50億単位を突破する度に募集される特別ファンド
営業者利益を減らし、金利を上乗せする
いわば投資家にとって有利なファンドになっています。

またそれとは別にキャッシュバックキャンペーンを行ってくることも多々あります。

基本的にはそのタイミングで投資をするのがおすすめです。(一番利回りが良いですしね^^)
基本的には太陽光発電施設がお勧めのファンドになります。
というのも運用期間が短く、また国が一定期間買い取ることが決まっているわけです。
ファンドとしての蓋然性は高い。

(2018年は非常に好調で11月の利回りは10.96%という破格の利回りでした。)

また2019年の3月の分配金も

10.03%というすばらしい年利です。やはりこの安定感はソーシャルレンディング業界屈指でしょう。

年間を通しても2018年は利回り7.5%という上場のパフォーマンスであったと評価できます。

匿名化解除など多くのポジティブな要素をもつクラウドバンクですが、やはりお勧めは売電価格が高い太陽光発電ファンド1択!

クラウドバンクはまだまだ売電価格が高いファンドを組成してくれそうなため期待大と言えます。

 

ただ個人的には1点注意して欲しい点があります。(ポジティブなことだけでなく中立的な意見を書かせていただきます。)

それは2019年より太陽光発電ファンドの中で、九州地方のみ電力の出力制限がかかります。

ただ運用期間が短ければ特に問題がありません。(6~9ヶ月程度)

ですので長期&九州地方&売電価格が低いファンドはあまり推奨できません。

ただそれ以外のクラウドバンクの太陽光発電ファンドはこの安定性で非常に優秀です。

唯一の懸念事項であった赤字も解消できたということを考慮にいれると今後もっとも楽しみな業者の一つと言えます。

クラウドバンクでは目標利回り以上のリターンの場合投資家に還元してくれます。

目標利回りが5.9%に対して、実現利回りが6.5%!

 

詳しくはクラウドバンクから追加配当!実現利回りのが多かった!?

上記記事をご参照ください。

要点をまとめると、クラウドバンクのファンドの募集では目標利回りというのが提示されます。

ただその目標利回り以上の成果を達成した場合、その分をクラウドバンクの利益にするのではなく、投資家に還元してくれます。(営業者利益にすることも可能であるのにもかかわらず、投資家に還元してくれる姿勢はすばらしい。)

定期的に出てくるお得なキャンペーンもクラウドバンクをおすすめする大きな理由であると言えます。

maneoファミリーのスマートレンドの最終貸し付け先ファンドをクラウドバンクが取り扱うことになりました

これは誠実に業務を行ってきたマネオファミリーの業者にとっては朗報でしょう。

マネオ本体のやらかしやファミリーの不正行為によって、今現在マネオマーケットではファンドの募集ができなくなっております。

さくらソーシャルレンディングやスマートレンドのように誠実に業務をおこなってきた業者にとってはたまったもんじゃありません。

そこで一旗脱いだのがクラウドバンクという形になります。

 

「スマートレンド」を運営するSmart Lend株式会社グループのFinance One Limitedと業務提携を開始

2019年8月29日 掲載

日本クラウド証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 橋村純)は、当社が募集の取り扱いを行う「クラウドバンク」を通じ、香港における日系消費者金融業者であるFinance One Limited(以下、「FO社」といいます。)と提携することを決定しましたのでお知らせいたします。

FO社は、Smart Lend株式会社(2016年4月より融資型クラウドファンディングサービス「スマートレンド」を運営)を傘下に置く金融グループに属しており、香港における小口金融業者として専門性の高い金融サービスを展開しております。同事業においては最終資金需要者が小口分散されており、一定数の最終資金需要者において未回収が発生しても、全体の元本保全・収益に大きな影響を受けることない特長を有しております。

このような特長の認められる事業を展開するFO社と「クラウドバンク」が連携することで、「クラウドバンク」における新たなジャンルのファンドの取り扱い、関連する新たな金融サービスの提供等、幅広い可能性を模索していく予定です。

※なお、過去にSmart Lend株式会社が、「スマートレンド」を通じFO社を融資先とするファンドの募集、運営を行った経緯もございますが、当該ファンド等について直接的に当社が関与するものではなく、当社がSmart Lend株式会社を営業者とするファンド等の募集の取り扱いを行う予定はございません。

クラウドバンク公式サイトより

スマートレンドと提携するのではなく、最終貸し付け先と提携するということですね。

 

またクラウドバンクから早速スマートレンドファンド募集がされていました。

(本ファンドは香港の中小企業支援ファンド。いままでのスマートレンドの募集ファンドと同一です。)

こういう形でクラウドバンクが太陽光発電以外のファンドを多く取りそろえてくれることを強く期待したいと思います。

無論太陽光発電ファンドはクラウドバンクの肝であり、屈指の高ファンドであることは間違いありません。再度になりますが今現在の個人での太陽光発電ファンドの売電価格が14円。一方クラウドバンクは32円ですからね。どちらに投資をすべきかは自明の理といえます。

 

太陽光発電&上場企業支援ファンド&そしてスマートレンドの香港ファンドなどファンドの充実さがクラウドバンク最大のメリットといえるでしょう。

またスマートレンドのファンドは信頼性の高さのわりに、海外に貸し付けている(利息制限法の上限がない)ため、利回りが非常に良いのが特徴でした。

クラウドバンクでも高信頼度&高利回りファンドを組成してくれることを期待したいと思います。

匿名化解除されたクラウドバンクから売電価格が優秀なバイオマスファンドが出ていました。

詳しい解説は下記の記事

クラウドバンクのバイオマスファンドがお勧めの理由!売電価格が優秀!

をご参照ください。

要点としては2点

1 バイオマスファンドで売電価格が40円というfit権の高さ。

2 匿名化解除の結果最終貸し付け先が明示されている。そしてその最終貸し付け先が優秀

1については特に細かく解説する必要はないかと思いますが、2については簡単に解説したいと思います。(会員限定情報に触れない範囲で)

ソーシャルレンディングは2018年まで最終貸し付け先が匿名化されており、その匿名化を悪用したのがみんなのクレジットとラッキーバンク。

その結果2019年より匿名化解除となり、投資家は最終貸し付け先が確認できるようになりました。

で今回本題のバイオマスファンド。

会員限定情報のため、具体的な会社名は当記事では記載できません。(会員登録をすませて各自でご確認ください。)

ただ今回の貸し付け先の会社は公共事業のランク評価でAランクの会社。

公共事業というのは、事業者のランク評価によって入札できる案件が決まります。そしてAランクが最高ランクであり、一番の大型ファンドにも入札できる資格を持ちます。

Aランク評価をされている。これがこの貸し付け先が信頼できるという他ならぬ証拠になります。(さらに売電価格も高い。であれば本ファンドは屈指のお勧めの投資先といえるでしょう。だからこそ私も投資をしました。)

下記公式サイトより無料で会員登録可能です。(最終貸し付け先が確認できます。)

クラウドバンク公式サイト

 

クラウドバンクのメリット、デメリット
クラウドバンクのデメリット

現状デメリットなし。

しいていうならFIT権(売電価格が高い太陽光発電ファンド)が高いファンドがいつまで組成できるのか?という不安。

クラウドバンクのメリット

証券会社が運営しているという信頼性。

売電価格が高い太陽光発電ファンドを多く取りそろえている。

超黒字経営。

追加配当ありという姿勢。

証券会社が経営しているため、ドルを預かって貰える。(外貨預かり口座あり)

信頼できるmaneoファミリーのファンドを取り扱うこととなった。(NEW)

 

またクラウドバンクはサービス開始以来一度も元本棄損がないという事実も大きな評価ポイントと言えます。

クラウドバンクが外貨預かり口座ありというのも大きなメリット。

ソーシャルレンディング業界のなかでも珍しい金融第一種免許を持っているためです。

これはいったいどういうことか解説していきたいと思います。

外貨預かりの口座がないと、為替リスクが完全に固定されてしまいます。

たとえば1年間運用するファンドに投資をしたとします。

わかりやすく100円投資をしたとします。

そのとき1ドル=100円でしたが

運用終了時に

1ドル=90円に円高が進行していたとします。

年利10%というすばらしい運用益を上げたとしても、円高が進行した結果

99円になってしまう。(損をしてしまう)というのが為替リスクです。

しかしクラウドバンクではあえてそのまま円にせず、外貨で預かって貰えます

円安になれば円に換えれば良いですし、円高のままなら外貨で再投資これが可能になる。

これがクラウドバンクが証券第一種免許を持っているメリットです。

クラウドバンクについて要点をまとめてしまうと

1 証券会社が運営している。

2 今まで元本割れなし。

3 太陽光発電ファンドの売電価格が優秀。

4 大幅な黒字を達成。

5 外貨建てファンドでも外貨預かりをしてもらえる。

もし1社しか投資ができないと言われた場合、私は間違いなくクラウドバンクにのみ投資をします。(それくらい別格のソーシャルレンディング業者で、ランクSSSの業者と言えます。)

<追記>

2019年には更に黒字額を伸ばしました。率直に言ってしまえば、このクラウドバンクとSBIソーシャルレンディングがもはや別格の利益を上げている2社になります。

どちらか一方がより優れているというのは断言できませんが、この2社が今後のソーシャルレンディング業界を間違いなく引っ張っていってくれると断言しても間違いありません。

下記公式サイトより無料口座開設できます。(上場企業支援ファンドも固いためお勧めです。)

クラウドバンク公式サイト

管理人のクラウドバンクの平均利回りはどれくらい?

 

平均年利7.68%という驚異の数字です。

クラウドバンクの特筆すべき事項はサービス開始以来一度も元本割れを起こしていない点です。案件の詳細は口座開設をしたのち確認できます。
クラウドバンク公式サイト

逆にリスクをとってもいいというのであればクラウドクレジットがお勧め。

こちらは平均利回り8%で回っています。
東欧金融事業者ファンドは利回り10%越えですからね。すばらしい実績です。

毎月分配型と満期一括型。
毎月分配型のほうが一見うれしく感じますが、実は金融の世界では正解はその逆です。

分配する毎に元本が目減りする。
複利のパワーを利用するのであれば、満期一括型のが間違いなく有利になります。

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

<追記>

複利のパワーを使うという点ではfundsもまた別格の企業と言えます。

なぜなら最低投資金額が驚くほど安いからです。(なんと1円から。)

1円単位で投資ができるfundsが一番複利のパワーを使えるぞ!

2019年からサービスを開始したfundsもこのランキングに入ります。

FUNDSの信頼度!お勧めファンド!

fundsは別格の信頼度を誇る超有力業者と断言しても問題ありません。

年利1.5~6%(低利回り~中利回り業者)

投資難易度 高(クリック合戦。超人気業者。)

運営手数料 1%台(非常に安いため、投資家にとって有利。)

まず社長の藤田氏ですが、早稲田大学を卒業後、サイバーエージェントに入社。

その後先ほど上述したクラウドバンクの取締役に就任し、ベンチャー企業ならではのスピード感を体感。また客観的な評価としては巨大な会社の基礎部分を作ったという実績がすばらしい。

また周囲の人物も東大卒、京大卒の方や、起業の経験を多く持つ人物など、怪しい要素が皆無の、信頼に足る人物で固められているという点もGOODです。

このように事業者としてのリスクは皆無と言えるFUNDSですがココの案件として信頼できます。理由としては

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(超重要!)

5 投資金額が1円から可能という圧倒的敷居の低さ!

6 運用手数料が1%台と非常に安い!(投資家にとって有利!)

はっきり言ってしまえばこのレベルの会社であれば数年後上場しててもおかしくない。
それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

また1円から投資できるというのは分配金で再投資可能で、複利で資産運用可能になります。

(クラウドバンクが1000円から再投資可能で最低金額が安かったのですが、fundsは1円から。この点でも投資家にとってありがたい企業と呼べます。)

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

またfundsへの出資者も日本を代表する企業であり、fundsも将来的に上場することが見込まれています。

管理人一押しのFUNDsが何故破産法と関係しているのか!?

それは運用のシステムの違いが関係しています。

つまりどういうこと?と聞かれるとFUNDsは運用中のファンドの資金はfundsに組み込まれず、貸し付け先が潰れなければ投資家にお金が返ってきます。(ディポジット分は某今大遅延を起こしているmaneoと同様に組み込まれます。ですので常に貸し付けている状態にしていれば問題ありませんし、まあ仮になにかあったとしてもすぐに出金すれば良い。一方maneoの場合は運用中でmaneoが倒産した場合返ってこないので、この点で大きく異なります。)

アイフルやデュアルタップのファンドの組成の仕方をみればfundsは安全性という面では間違いなく段違い。

この運用中に万が一があっても、投資家が安全という点で、私はfundsを別格の企業と申し上げているわけです。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。ノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

例えばアイフルに出資した場合、当然の事ながらアイフルはそのお金を元にさらにお金を貸し付けます。
万が一その最終貸し付け先がお金を返せなかったとしても、その負債はアイフルが負い、我々投資家への返済義務を負います。

(このように上場企業の関連会社のため、万が一上場企業の借り手の企業が倒産したとしても、その上場企業が代わりに返済の義務を負います。この点で投資家の安全性が非常に高い。)

これがマネオのノンリコースローンとの異なる、最終貸し付け先のリスクを我々投資家が負わなくても良い点!

アイフルやデュアルタップの財務状況的に急に何かがおきるというのは一切考えられません。この点でFunds
は別格の業者のひとつであると言えます。

 

貸し付け先が上場企業またはそれに準ずる企業!

何故それが投資家にとって有理かと言えば上場企業はソーシャルレンディングの貸し付け先のように突然倒産する可能性はほぼ皆無

このように貸し付け先の安全性という意味でもFUNDsは別格の企業といえ、間違いなく投資初心者に1番おすすめできる業者の一つと断言できます。

またFUNDs自身はすでに投資先を明記しており、こちらも匿名化解除の影響は皆無であるといえるでしょう。

(2019年のファンドはすべて数分以内に完売。投資家からの圧倒的な人気がうかがえます。)

上場企業への貸付、ノンリコースローンではないため、最終貸付先に影響されず、上場企業が返済の義務を負うなど投資家にとことん安全なファンドを組成している印象です。

率直に申し上げれば、fundsのファンドは上場企業の社債に近い性質をもち、上場企業の宣伝目的のファンドと言えます。(宣伝目的なので投資家に有利。)

またfunds自身も上場企業の支援を受けており、近いうちの上場が見込まれています。

これに対して投資家としては、fundsは支援が多く、宣伝目的なファンドのため、他の条件のソーシャルレンディング業者と比べて、不公平だ。と考えるのではなく、これほどの投資家有利な条件が重なっているのだから、資産運用先の一つに組み込もう!と判断すべきでしょう。

fundsの投資で抽選性も導入されることになりました。

これはいったいどういう意味なのか?というのことなのですが、fundsはそのファンドの堅さのあまり、投資家から非常に人気があり、クリック合戦が起こってしまい、多くの投資家が投資できない。

ということが続いています。

そこで全てのファンドが先着制ではなく、抽選性のファンドも導入することで、クリック合戦が苦手な方。またはその時間仕事でクリック合戦に参加できない方も投資をするチャンスが得られる。ということになります。

詳しくはfunds ファンド抽選制導入についてのお知らせ。

上記リンクをご参照ください。

このようにfundは投資家の要望にいち早く対応しており、今現在個人的に一番期待している業者はfundsになります。

fundsのメリット、デメリット
fundsのデメリット

現状無し。

しいていうのであれば、利回りが若干低い。

fundsのメリット

上場企業または準ずる起業に貸し付けるという安心感。

匿名化解除に対応済み。

出資企業が大企業で信頼性が高い。

破産法上でも投資家が保護される仕組みになっている。

また1円単位で追加投資が可能なので、一番複利のパワーが使えるのはfundsで間違いありません。

あとは安定してファンドが出てきてくれさえすれば、文句なしの業者ですね。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(ランクSSSでお勧めの業者と言えます。)

Funds公式サイト

戦略次第ですが、上述したソーシャルレンディング業者を使い、複利のパワーで金融資産を作ることを強くお勧めします。

(fundsは1円単位で出資ができ一番複利のパワーが使えるのですが、タイミングによってはファンドの募集がありません。安定してファンドが募集されているのか?という点ではクラウドバンクに軍配が上がります。)

下記がご紹介したソーシャルレンディング業者の公式サイトになります。ご参考にしてください。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

【クラウドクレジット】公式サイト

クラウドバンク公式サイト

Funds公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント