maneo川崎ファンド&maneoファミリーの不正ファンドの売却は絶望的だが一歩前進といえる!?

maneo

はいエニートです。

<追記>

maneo滝本社長についてですが、信じているのであれば、信じれば良いのでは?というのが結論です。

私としてはmaneoを一切信用しませんし、ファンドの売却が好転するとは思えません。

多くの方もmaneoに対しては同様の感想を抱いているでしょう。

追記事項としては川崎ファンドなどが投資家が納得するほど金銭が返ってくることはありませんし、他の不正を行ったmaneoファミリーのファンドが投資家が納得するほどの金銭が返ってくることは残念ながら無いことを、ご説明させていただきます。

またこの結果を踏まえ、やはり債権回収に動き、その多くの元本の回収に成功したSBIソーシャルレンディングはやはりmaneoとは別格の企業であったことを再度ご説明させていただきます。

<追記終了>

今回は当ブログでよくコメントをくださるはしも2様と同意見なのですが、今後maneoファンドは回収できるファンドは個別に回収され、回収できないようなファンドは粛々と切られていくだろうという話を書いていこうと思います。

Contents

SAMURAI&J PARTNERSよりmaneoマーケットの株式を取得したと正式発表!maneo期限の利益の喪失は大きな前進!

maneoマーケット株式会社に係る方針決定及び当社取締役による取締役兼任
に関するお知らせ当社は、ソーシャルレンディングサービスサイトを運営する最大手であるmaneoマーケット株式会社(以下、「maneo社」といいます。)及びその子会社maneo株式会社、株式会社リクレ(以下、maneo社とその子会社を「maneo社等」といいます。)の信用回復に向けた取組みを行う方針を決定し、当社取締役がmaneo社の取締役を兼任することが内定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

SAMURAI&J PARTNERS公式サイトより

全文が気になる方はSAMURAI&J PARTNERS公式サイト

上記公式サイトよりご確認ください。

一切進捗を見せないmaneoファンドの回収については大きな前進と言えるのではないでしょうか?

 

maneo&ファミリーファンドの不正が明らかなファンドの回収見込みは相当薄い。

グリーンインフラレンディングではすでに1年以上、maneo川崎ファンドでは約一年。マネオファミリーではクラウドリースの個別案件の全件遅延&CFFのポンジスキーム行為など不正が数々と発覚しています。

しかしそれに反して一切ファンドの回収作業が行われていないのがmaneoの実情。

 

率直に言ってしまえばmaneoは債権回収能力は一切ありません。

マネオ本体で担保の実情があったファンドは回収できていますが、担保価値がないファンドが多かったのも事実。

しかしそのファンドに担保価値がないまたはファンドの実態がないという事実を公表しない(できない)maneoは債権回収のふりをおこない永遠と時間だけがすぎていきました。この全く債権回収能力がないことは多くの投資家にとっては周知の事実でしょう。

 

Jトラスト傘下のパルティール債権株式会社は債権回収のプロ集団

maneoと異なり、Jトラストは債権回収の実績があるプロ集団です。

 

正確に言うとJトラストの傘下にあるパルティール債権株式会社が債権回収のプロになります。

 

一向に進展しないmaneoにまかせるよりもよほどいい結果になる。

ただしmaenoファンドの中には川崎ファンドのように16億貸し付けたのにもかかわらず、2億の価値すらない土地を担保にしているファンドがあるのも事実。

ですので実際回収可能なファンドは個別で回収を行う。そして回収の見込みが薄いグリーンインフラレンディングやクラウドリースのファンドは債権譲渡し、わずかばかりの金銭の平等分配になる。というのが私の読みです。

わずかばかりの金銭は許せない!というかたもいらっしゃると思いますが(無論私も非常に腹が立っています。)、問題を起こしたのはmaneoマーケットであり、藤澤氏ではなく、Jトラストの傘下にあるパルティール債権株式会社でもありません。

粛々と債権回収が行われます。

maneoへ我々は出資している投資家です!貸し出しているわけではありません!

我々は出資しているのであり、maneoが投資家のお金を募って事業始めたけど失敗しちゃったよ。ごめんね。お金ほとんど返ってこないけどごめんね。テヘペロ

といわれたところで何の文句もいえません。

ただそのリスクは承知していましたが、maneo川崎ファンドのように担保価値の不当な水増し。グリーインフラレンディングの資金流用などのリスクを承知で出資していたのか?と聞かれれば答えはNOです。(maneoを擁護されているキックバックフェレットさんのお考えではどうなのでしょうか?)

ただJトラストの傘下にあるパルティール債権株式会社に債権回収を任せると言うこと自体は何にせよ一切進展しないmaenoに任せるよりもよほど良いとは私は思います。

そして今後は粛々とファンドの回収が行われている。回収できるファンドは回収される。できないファンドはされない。という具合になるでしょうね。

この結果を踏まえ当ブログをよんでくださるはしも2様と私は同一の見解です。

予想もしていなかったところが出てきたものですね。
「投資家の元本回収の最大化を図るため云々・・」と、ほざいていつまでも進展しなかった状況からは前進することを期待します。
が、おそらく冷徹に、粛々と、切るところは切ってくることでしょう。
それでも何も進まないよりはマシだと思いますね。

maneがJpartnersの傘下に!maneoの期失ファンド一歩前進か!?より

はしも2様コメントより

冷静に切っていく。これは川崎ファンドとその他ファミリーのファンドになります。

じゃあ具体的にどこのファンドが当てはまるの?と聞かれれば以前の記事の再起になってしまうのですが、マネオ&マネオファミリーで不正を行ったファンド一覧がその対象として該当します。(またmaneo本体&ファミリーがファンドの担保査定を行っていなかった事実を記載するのは気が引けますが、当ブログは不正を起こす業者は一切記事にせず、信頼できる業者のみ読者の方に知っていくのがモットー。ですので事実を淡々と記載させていただきます。)

つまり要点を言ってしまえば、下記の業者の下記のファンドが投資家にほとんど元本が戻ってこないファンドと言えるでしょう。

ちなみに私はガイアファンディングで5万、川崎ファンドで5万捕まっています。

少額ですが、不正行為によって返ってこないと思うと非常に腹正しく、だからこそmaneo&maneoファミリーは許せませんし、投資家の誠実な気持ちを踏みにじる行為をし続けたmaenoT社長につよい憤りを覚えます。

また私は投資家としてはっきりいいますが、このような不正行為は許されませんし、業界の健全な発展に繋がりません。

maneoファミリーのファンドでほとんど回収が見込めないのは下記の業者!

投資家資金の無断流用!ファンドの実態がなかったグリーンインフラレンディング。

個別案件にもかかわらず全ての案件を遅延させたクラウドリース。

担保が存在しなかったことが明るみになったクラウドリース。

社長であるケルビンチウ氏が逃亡しているガイアファンディング。

そしてmaneo本体の川崎ファンド。

上記ファンドの回収は絶望的です。

我々投資家が向き合わなければならないのは、不正を起こしたソーシャルレンディング業者に対して、監視をすることでしょう。

 

maneo本体の川崎ファンドでは二億程度の土地を一六億と担保査定しました。

(業者買い取り価格という訳のわからない査定基準です。)

詳しくはマネオ川崎ファンドは競売失敗で元本割れ!?二〇億遅延で今後どうなる?

上記記事をご参照ください。

現状を率直に言ってしまうと、四億の特別売却でも売却できなかった。

これにより抵当権順位者三位以下の全損はほぼ確定的になりました。

maneo自身が融資先からなめられている理由

それは圧倒的な担保精査能力のなさが原因と言えます。

具体的にいえばマネオ20億川崎遅延ファンド。

詳しい解説はmaneo川崎遅延ファンドは何故絶望的なのか?徹底解説!

上記リンクをご確認ください。

要点を言ってしまうと

1 マネオ自身が年利15%で貸し付けを行いたい為、ファンドを組成。

2 担保とした土地の真の価値は2億程度。にもかかわらず16億と担保査定をし、無謀な融資を実行。

3 しかし融資先のがマネオより上手。一度の返済もせず、飛ぶ。

4 残されたのは2億以下の土地。だが12億貸し付けいる。間違いなく焦げ付く状況になってしまった。

5 ノーリコースローンでファンドを組成している為、担保を渡せば融資先からこれ以上のお金の請求ができない。

はっきり言ってしまえば絶望という単語一つでしょうか?

詐欺のようなファンドを組成していたマネオですが、より本格的な詐欺師に引っかかってしまった。というのが川崎ファンドの実情です。

ただし少しでも不動産に詳しい人間がいれば、この土地が2億程度の価値しかないことは見抜けました。すごく優しい言い方をするとmaneoの重過失です。

上述のmaneoファミリーのファンドの回収はほぼ絶望的です。

ただ個人的には再度になりますが、一向に進まないよりも確定申告で損益通算できる分一歩前進。

そして多少とは言えmaneoに任せるよりも多く金銭を回収できるのが、大きな+要素と言えます。

ただここで感じなければいけないのはSBIソーシャルレンディングがいかに見事に債権の回収を果たしたのか?という圧倒的な事実。

maneoはこのように全てのファンドで元本を全く回収できませんが、SBIソーシャルレンディングはカボチャの馬車関係からすらも回収を果たしたという実績があります。

今回の1件により、SBIソーシャルレンディングがいかにmaneoと異なり、優秀な業者であったのか?ということが間接的に証明されました。

2018年まで業界1位と2位であったmaneoとSBIソーシャルレンディング。

しかし方や業界の圧倒的1位。方やもはや自前ではファンドの募集ができず、ほぼ全ての投資家(ごく一部のみんなのクレジットすら賞賛していた不正リンクブロガーを除く。)からそっぽを向かれた。

これは1年前まで想像ができませんでした。

ではSBIソーシャルレンディングが延滞時どのように対応をしたのかについて解説したいと思います。

SBIソーシャルレンディングは延滞時どのように対応したのか?

一方SBIソーシャルレンディングは2018年7月に発生した不動産バイヤーズローンの遅延をすぐに投資家に報告。

その4ヶ月後には元本の90%を回収しました。

それまでの分配金を合わせれば、ほぼほぼ元本の回収に成功。

またここの貸し付け先はカボチャの馬車の関係であるトウキョウ運河。当初は長引くのでは?という予想もされていましたが、4ヶ月という短期間で回収に成功。

maneoとSBIソーシャルレンディングに差がついたのは当然のこと

上述の通り、マネオとSBIソーシャルレンディングには債権回収能力に大きく差があります。

だからこそかつての業界一位のマネオは凋落し(マネオファミリーの不正問題も大きな原因ですが)、今現在はファンドの募集すらできない。

一方SBIソーシャルレンディングは業界一位に躍り出た。

これは当然の帰結と言えます。

最後にSBIソーシャルレンディングのメリット、デメリットについて解説したいともいます。

 

SBIソーシャルレンディングの事業者リスク、メリット


超大企業のSBIグループのソーシャルレンディング部門SBIソーシャルレンディング
東証一部上場企業のSBIを親会社にもつ事業者として信頼できる会社です。

SBIソーシャルレンディングの評価ポイント

東証一部上場企業の親会社をもつ。

つまりコーポレートガバナンス体制やコンプライアンス体制が抜群。

みんクレ事件やラッキーバンク事件からの踏まえなければいけないことは事業者が親族に貸し付けるということが簡単にできてしまうこと。
逆に言えばこういったコーポレートガバナンスがしっかりしている会社は不正ができません。

金融庁の監査にもしっかり対応していますし、事業者リスクは現時点で1位(一番安全)といっても過言ではありません。

<追記>

2019年にはついにSBIソーシャルレンディングが業界最大手になりました。(一月あたりの募集額において。)

要因としてはやはり

1 バックにSBIという超巨大グループがついているという信頼性。

2 今までの実績(延滞案件での債権回収という面も含む。)

3 TVなどでもCMをうつなどの積極性。

上記3点にまとめられます。今後もSBIソーシャルレンディングには業界最大手としてソーシャルレンディングを引っ張っていって欲しいですね。

 

SBIソーシャルレンディングのお勧めの投資法!

不動産ディベロッバースファンドやメガソーラーシリーズ
しっかりとした償還実績もありますし、担保もしっかり取ってあります
問題は5億程度であれば10分程度で集めてしまう投資倍率の高さでしょうか?
私もサラリーマンなのでクリック合戦になってしまうと参加できなくて投資できないことが多々あります。

とはいえそのクリック合戦がSBIソーシャルレンディングへの信頼であるとも言い換えられます。

そしてSBIソーシャルレンディングは2019年に一月あたりの募集金額1位を達成しました。他の業者と比較してもSBIソーシャルレンディングの信頼性は段違いと言えます。

2019年も業界を引っ張ってくれることを非常に期待しています。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

maneoと業務提携することになったSAMURAI証券はどのような会社なのか?

また今回の本題なのですが、SAMURAI証券はmaneoと業務提携を行い、Jトラスト社の傘下であるパルティール債権株式会社が債権回収に乗り出します。

再度になりますがこの業務提携は朗報です。

ただしお金が全額返ってくる可能性が高まった!というのは一切ありません。

本件は無事に損失確定ができるというのと、誠実に運営しており高利回りが期待できるさくらソーシャルレンディングがmaneoマーケットからsamurai証券と業務提携にすることにより、投資家にとって有利なファンドが増える。またSAMURAI証券の話ではなく、SBIソーシャルレンディングの話になってしまうのですが、カボチャの馬車関係で回収が難しいと思われても、きっちり回収を行う業者はやはり優秀であり、今後もSBIソーシャルレンディングに投資をしていこうと確信させていただいたことです。

すこし前置きが長くなってしまいましたが、なぜmaneoと業務提携をすることになったsamurai証券が信用できるソーシャルレンディング業者なのか解説していきたいと思います。

 

1 証券会社が運営している。(金融第一種免許を持っている。)

これが信頼できる理由の一つ目。

不正を起こしたソーシャルレンディング業者は金融二種免許しかもっていません。

しかし頼厳しい審査にさらされる金融2種免許を取得している。これは投資家にとって安心材料でしょう。

2 親会社が上場企業(他のソーシャルレンディング業者で起こる不正は起きえない。)

みんなのクレジットやラッキーバンクでおきたようなポンジスキームまがいの行為はSAMURAIでは絶対に起こりえません。上場企業というのは監査が入ります。

ですので、投資家資金の流入などは絶対にあり得ない。反対に言えば独立系はこういった不正リスクに常にさらされるのが問題点と言えます。

3 分別管理が可能で、信託保全されている。

(証券会社だから可能。倒産時でも分別管理されているため、お金が返ってくる!

この信託保全。どいういうことかというと、

投資家の資産は信託財産として預けられいるため、万が一SAMURAIが倒産しても、信託管理人を通じて投資家へ投資家資金が返済されます。

この点でも独立系と大きく異なる要素と言えるでしょう。(証券会社だからこそできるサービスと言えます。)

4 サービサーへ債権譲渡を行う際も、投資家の過半数の同意が必要。

みんなのクレジットやラッキーバンクでおきたようなサービサーへの無断売却有り得ません。

というより上記2社は知り合いのサービサーに売却し、キックバックをもらう詐欺目的に近い会社でしたからね。このような事ができてしまったのが、ソーシャルレンディング最大の問題点と言えるでしょう。

一方SAMURAIはそのようなことはできないように、投資家の過半数の同意がなければ売却できない仕組みになっています。

 

5 和牛プレゼントキャンペーンなどのユニークなキャンペーンを行っている。

すいません。これは趣味です笑。

ただこういったおもしろいキャンペーンをうてるのがSAMURAIの強みと言っても良いのではないでしょうか?

 

6 今まで一度も貸し倒れが起きていないという実績。

SAMURAI自身サービスを開始してから長いのですが、今まで一度も貸し倒れが起きていません。

これが独立系であればポンジスキームまがいの行為を疑わなければなりませんが、上述の通り証券会社が運営する上場企業の傘下のソーシャルレンディング業者です。

不正リスクは有り得ません。

となるとこの貸し倒れゼロという実績はSAMURAI自身の成績であり、優秀さの証明。

これらの理由でSAMURAIはお勧めのソーシャルレンディング業者と言えます。

SAMURAI証券公式サイト

SAMURAI証券公式サイトに上記内容が詳述されていました。

やはり公式サイトのが詳述されており確認しやすいですね。

証券会社(第一種金融商品取引業者)
による運営

当社は第一種金融商品取引業者(証券会社)としての登録を行い、クラウドファンディングサービスの提供を行っています。一般的なクラウドファンディング会社が登録している第二種金融商品取引業に比べて、第一種金融商品取引業者は資本の充実が求められています。
当社はより厳格なレギュレーションのもと、皆様の資産を安全にお預かりすることを第一にサービスの運営を行っています。

証券会社による運営

選ばれる理由2

上場企業の
100%子会社としての
事業戦略

当社はジャスダック市場に株式公開しているSAMURAI&J PARTNERS 株式会社の100%子会社です。
SAMURAI&J PARTNERS 株式会社はグループで「金融」×「IT」の新分野に挑戦しています。

親会社 会社概要

SAMURAI & J PARTNERS

JASDAQ証券コード:4764

社 名
SAMURAI&J PARTNERS 株式会社
<ジャスダック:4764>
設 立
1996年
事業内容
・金融 ・投資事業 ・IT事業
所在地
東京都港区虎ノ門1-7-12
虎ノ門ファーストガーデン 10F

選ばれる理由3

お好みにあった商品を
お選びください。

SAMURAIでは投資家の好みに合わせた多様なリスク・リターンの商品を用意しています。
お客様のリスク選好にあった商品をお選びいただけます。

ラインナップ

サムライ証券株式会社より

サムライ証券の強みとしては、やはり証券会社が運営している。そして上場企業の傘下であり、ポンジスキームのような不正行為は起きえない仕組みになっている。

この2点であり、そのことをsamurai自身も自覚している。

これが強みですね。

上記6点がSAMURAIが信用でき、お勧めのソーシャルレンディング業者と言える理由!

まあ5は半分冗談みたいなキャンペーンですが、1~6までの理由でsamuraiは十分投資を検討すべき業者と言えます。(無論和牛はうれしいキャンペーンです。笑)

またファンドとしても仮想通貨マイニングファンドからオーソドックスな不動産ファンドまでそろえているという品揃えが良い点も非常にgood。

現在口座開設キャンペーンで無条件で500円もらえることを考えると口座登録だけはしておくのが投資家として正しい戦略でしょう。

SAMURAI証券公式サイト

SAMURAIのお勧めファンドは日本保証不動産ローンファンド!

お勧めのファンドは利回りは5%と低いものの、日本保証不動産ローンファンドがおすすめです。理由は明確で、日本保証の債務保証がついているから。

以下公式サイトからの引用になりますが、スキームが非常に優れています。

日本保証がどうなる?ということは考えられませんし、上述の通りsamurai自身の信頼度、また分別管理の徹底などを考えれば、投資初心者にも屈指のお勧めのファンドと言えます。

保証付きファンドであれば、万が一の時の安全性が段違いですからね。

 

SAMURAI証券公式サイト

<追記>SAMURAIのネット上での評判を調査してみました!

良い評判と悪い評判がありますが、おおむね良好な印象ですね。

samuraiの悪い評価としては

親会社が赤字経営。(ただ分別管理されており、保証協会付きのファンドであれば何の問題もないと言えます。)

案件の募集総額が不明。

まだまだファンドの数が少ない。(最近は増えてきましたが。)

 

samuraiの良い評価としては

 

良い評判としては上述の通り

金融第一種免許を持っている。

上場企業の傘下である。

信託保全がされている。(個人的にはこれをお勧めの最たる例にしたい!)

年利10%近いファンドが存在する。(超高利回りファンドといえますね。)

匿名化解除に積極的で一番最初に匿名化解除したという実績。

 

結論としてはSAMURAIは投資するのありな業者!

ファンドの内容と業者の姿勢を鑑みると、SAMURAIは投資するのにありな業者でしょう。

また下記のようにQUOカードプレゼントキャンペーン(1%程度のキャッシュバックキャンペーン)を定期的に行うこと&今現在のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンなどを行ってくれることを考えると、とりあえず口座登録のみはしておくのが投資家として正しい戦略と言えるでしょうね。

個人的にはまだファンドの数が少ないSAMURAI。ただしファンドの数については今後増えていくことを期待したいと思います!

<追記>

上述しましたが、SAMURAI証券はさくらソーシャルレンディングと提携することになりました。

今後SAMURAI証券からさくらソーシャルレンディングのファンドがでてくることになり、それも非常に楽しみと言えます!

また1%のキャッシュバックキャンペーンをサムライ証券は何度もやってくれていることを考えると、さくらソーシャルレンディング×キャンペーンと投資家にとって非常に有利なファンドを組成してくれるのではないか?という個人的な期待もあります。笑

(こういったキャンペーンを組成してくれることを期待したいですね^^)

 

下記SAMURAI証券公式サイトより無料で口座登録&500円分のギフト券がもらえます。(2分程度で登録できました。)

SAMURAI証券公式サイト

 

当ブログは初心者向けに記事を書いているため、どのような業者が高利回りなのか?安全性が高いのか?ということについて下記にまとめました。

是非ご活用していただき、より良い投資生活を送れることを願ってやみません。

信頼できるおすすめのソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者

こちらが当ブログ一番の人気記事のお勧めできるソーシャルレンディング業者の一覧です。

ソーシャルレンディング比較!おすすめ業者ランキング!

おすすめできるソーシャルレンディング業者のおすすめファンド一覧

ソーシャルレンディング業者別のおすすめファンドになります。どれも信頼できる優秀な業者の優れたファンドについての解説になります。

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディングファンド比較!業者別お勧め優良ファンドはこれだ!

ソーシャルレンディングで高利回りお勧め業者ベスト3!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴

みんなのクレジットやラッキーバンクのような業者に引っかからないために、気を付けなければならない点をまとめました。ご参考にしてください。

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

記事を参考にして頂ければ幸いです。

下記がSAMURAI証券の公式サイトになります。(無料で口座登録&500円分のギフト券がもらえます。

SAMURAI証券公式サイト

またmaneoと異なり債権回収に成功したSBIソーシャルレンディングの公式サイトは下記になります。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント