maneoと提携する!?ソーシャルレンディング業者SAMURAIは怪しい!?徹底調査!<追記>

maneo

はいどうもエニートです。

<追記>

本記事はmaneoマーケットをjトラストの藤澤氏が買収する前に書いた記事になります。

ですがその後Jトラストがmaneoマーケットの株式を取得。ですのでその件も記事にしていきたいともいます。

<追記終了>

今回は口座開設のみで500円のアマゾンギフト券がもらえるキャンペーンをうっているソーシャルレンディング業者SAMURAIは怪しいのかどうか簡単に調査してみました。

結論から言えば特に怪しい点はないおすすめの業者の一つと言えるのでは?と思っております。

理由をつけて解説していきたいと思います。

 

私も会員登録しており、久々にログインをしてみたのですが、ホームページがスタイリッシュになっていました。

また本キャンペーンは強力&信頼できるソーシャルレンディング業者であったため、親や親戚も口座開設をすすめております。

またmaneoと同じプラットフォームビジネスながら不正が起きないと断言できるfundsのメリットと破産時の優位性についても記事にしたいと思います。

まずはじめにmaneoマーケットの株式を藤澤氏が取得して件について記事にしていきたいとおもいます。

Contents

SAMURAI&J PARTNERSよりmaneoマーケットの株式を取得したと正式発表

maneoマーケット株式会社に係る方針決定及び当社取締役による取締役兼任
に関するお知らせ当社は、ソーシャルレンディングサービスサイトを運営する最大手であるmaneoマーケット株式会社(以下、「maneo社」といいます。)及びその子会社maneo株式会社、株式会社リクレ(以下、maneo社とその子会社を「maneo社等」といいます。)の信用回復に向けた取組みを行う方針を決定し、当社取締役がmaneo社の取締役を兼任することが内定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

SAMURAI&J PARTNERS公式サイトより

全文が気になる方はSAMURAI&J PARTNERS公式サイト

上記公式サイトよりご確認ください。

だれも購入するはずがないと思われていたmaneoマーケット株式会社に買い手が現れた。正直こんな会社の株を購入するやつがいるのか?と思っていましたが、意外なところから買い手が現れましたね。

何も進展しないmaneoマーケットに任せているよりも進展するのが確定した分、まだましな状況になったなというのが感想です。

今後はNLHD社、および、NLHD社が株式を保有するJトラストグループ、SAMURAI&JPARTNERSグループと提携しながら業務を遂行していく。<追記>

maneo マーケット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:安達義夫、以下「当社」)
は前代表瀧本憲治氏が保有する当社株式持分の全てを、NLHD 株式会社(本社:東京都港区、
代表取締役:藤澤信義、以下「NLHD 社」) に売却することを本日開催の取締役会において
承認しましたのでお知らせします。今後更なる業務改善・投資家保護推進の為、NLHD 社お
よびNLHD 社が株式を保有するJ トラストグループ、SAMURAI&JPARTNERS グループと連携しながら業務を遂行してまいります。

maneo公式サイトより発表

この発表も投資家にとって朗報でしょう。

公式サイトをご確認していただければわかるのですが、新任取締役候補の方々がご確認いただけます。

また今後は外部監査を受けることになるため、決算報告は信頼できる情報になるといえます。

 

Jトラスト傘下のパルティール債権株式会社は債権回収のプロ集団

maneoと異なり、Jトラストは債権回収の実績があるプロ集団です。

正確に言うとJトラストの傘下にあるパルティール債権株式会社が債権回収のプロになります。

 

一向に進展しないmaneoにまかせるよりもよほどいい結果になる。

ただしmaenoファンドの中には川崎ファンドのように16億貸し付けたのにもかかわらず、2億の価値すらない土地を担保にしているファンドがあるのも事実。

ですので実際回収可能なファンドは個別で回収を行う。そして川崎ファンドのように全く回収の見込みがないファンドは債権譲渡という形で平等分配になるのでは?というのが私の読みです。

サービサーへの売却は一般的には最悪な結末。ですがこのまま何十年も進展がないまま資金が拘束されるよりもよほどマシですし、金額によっては確定申告で何割か取り戻せます。

無論このようなファンドを組成したmaneoマーケットには強い憤りを覚えますし、マネオファミリー投資家様への強いシンパシーを覚えます。

ただ一方では、そこまで大きな金額を拘束されていない私にとって、一刻も早くmaneoと縁を切りたかったと思っているため、一切進展しないmaenoに任せるよりもよほど良いというのが印象です。

samuraiは何故信頼できるソーシャルレンディング業者と言えるのか?

 

1 証券会社が運営している。(金融第一種免許を持っている。)

これが信頼できる理由の一つ目。

不正を起こしたソーシャルレンディング業者は金融二種免許しかもっていません。

しかし頼厳しい審査にさらされる金融2種免許を取得している。これは投資家にとって安心材料でしょう。

2 親会社が上場企業(他のソーシャルレンディング業者で起こる不正は起きえない。)

みんなのクレジットやラッキーバンクでおきたようなポンジスキームまがいの行為はSAMURAIでは絶対に起こりえません。上場企業というのは監査が入ります。

ですので、投資家資金の流入などは絶対にあり得ない。反対に言えば独立系はこういった不正リスクに常にさらされるのが問題点と言えます。

3 分別管理が可能で、信託保全されている。

(証券会社だから可能。倒産時でも分別管理されているため、お金が返ってくる!

この信託保全。どいういうことかというと、

投資家の資産は信託財産として預けられいるため、万が一SAMURAIが倒産しても、信託管理人を通じて投資家へ投資家資金が返済されます。

この点でも独立系と大きく異なる要素と言えるでしょう。(証券会社だからこそできるサービスと言えます。)

4 サービサーへ債権譲渡を行う際も、投資家の過半数の同意が必要。

みんなのクレジットやラッキーバンクでおきたようなサービサーへの無断売却有り得ません。

というより上記2社は知り合いのサービサーに売却し、キックバックをもらう詐欺目的に近い会社でしたからね。このような事ができてしまったのが、ソーシャルレンディング最大の問題点と言えるでしょう。

一方SAMURAIはそのようなことはできないように、投資家の過半数の同意がなければ売却できない仕組みになっています。

 

5 和牛プレゼントキャンペーンなどのユニークなキャンペーンを行っている。

すいません。これは趣味です笑。

ただこういったおもしろいキャンペーンをうてるのがSAMURAIの強みと言っても良いのではないでしょうか?

 

6 今まで一度も貸し倒れが起きていないという実績。

SAMURAI自身サービスを開始してから長いのですが、今まで一度も貸し倒れが起きていません。

これが独立系であればポンジスキームまがいの行為を疑わなければなりませんが、上述の通り証券会社が運営する上場企業の傘下のソーシャルレンディング業者です。

不正リスクは有り得ません。

となるとこの貸し倒れゼロという実績はSAMURAI自身の成績であり、優秀さの証明。

これらの理由でSAMURAIはお勧めのソーシャルレンディング業者と言えます。

SAMURAI証券公式サイト

SAMURAI証券公式サイトに上記内容が詳述されていました。

やはり公式サイトのが詳述されており確認しやすいですね。

証券会社(第一種金融商品取引業者)
による運営

当社は第一種金融商品取引業者(証券会社)としての登録を行い、クラウドファンディングサービスの提供を行っています。一般的なクラウドファンディング会社が登録している第二種金融商品取引業に比べて、第一種金融商品取引業者は資本の充実が求められています。
当社はより厳格なレギュレーションのもと、皆様の資産を安全にお預かりすることを第一にサービスの運営を行っています。

証券会社による運営

選ばれる理由2

上場企業の
100%子会社としての
事業戦略

当社はジャスダック市場に株式公開しているSAMURAI&J PARTNERS 株式会社の100%子会社です。
SAMURAI&J PARTNERS 株式会社はグループで「金融」×「IT」の新分野に挑戦しています。

親会社 会社概要

SAMURAI & J PARTNERS

JASDAQ証券コード:4764

社 名
SAMURAI&J PARTNERS 株式会社
<ジャスダック:4764>
設 立
1996年
事業内容
・金融 ・投資事業 ・IT事業
所在地
東京都港区虎ノ門1-7-12
虎ノ門ファーストガーデン 10F

選ばれる理由3

お好みにあった商品を
お選びください。

SAMURAIでは投資家の好みに合わせた多様なリスク・リターンの商品を用意しています。
お客様のリスク選好にあった商品をお選びいただけます。

ラインナップ

サムライ証券株式会社より

サムライ証券の強みとしては、やはり証券会社が運営している。そして上場企業の傘下であり、ポンジスキームのような不正行為は起きえない仕組みになっている。

この2点であり、そのことをsamurai自身も自覚している。

これが強みですね。

上記6点がSAMURAIが信用でき、お勧めのソーシャルレンディング業者と言える理由!

まあ5は半分冗談みたいなキャンペーンですが、1~6までの理由でsamuraiは十分投資を検討すべき業者と言えます。(無論和牛はうれしいキャンペーンです。笑)

またファンドとしても仮想通貨マイニングファンドからオーソドックスな不動産ファンドまでそろえているという品揃えが良い点も非常にgood。

現在口座開設キャンペーンで無条件で500円もらえることを考えると口座登録だけはしておくのが投資家として正しい戦略でしょう。

SAMURAI証券公式サイト

SAMURAIのお勧めファンドは日本保証不動産ローンファンド!

お勧めのファンドは利回りは5%と低いものの、日本保証不動産ローンファンドがおすすめです。理由は明確で、日本保証の債務保証がついているから。

以下公式サイトからの引用になりますが、スキームが非常に優れています。

日本保証がどうなる?ということは考えられませんし、上述の通りsamurai自身の信頼度、また分別管理の徹底などを考えれば、投資初心者にも屈指のお勧めのファンドと言えます。

保証付きファンドであれば、万が一の時の安全性が段違いですからね。

 

SAMURAI証券公式サイト

<追記>SAMURAIのネット上での評判を調査してみました!

良い評判と悪い評判がありますが、おおむね良好な印象ですね。

samuraiの悪い評価としては

親会社が赤字経営。(ただ分別管理されており、保証協会付きのファンドであれば何の問題もないと言えます。)

案件の募集総額が不明。

まだまだファンドの数が少ない。(最近は増えてきましたが。)

 

samuraiの良い評価としては

 

良い評判としては上述の通り

金融第一種免許を持っている。

上場企業の傘下である。

信託保全がされている。(個人的にはこれをお勧めの最たる例にしたい!)

年利10%近いファンドが存在する。(超高利回りファンドといえますね。)

匿名化解除に積極的で一番最初に匿名化解除したという実績。

 

結論としてはSAMURAIは投資するのありな業者!

ファンドの内容と業者の姿勢を鑑みると、SAMURAIは投資するのにありな業者でしょう。

また下記のようにQUOカードプレゼントキャンペーン(1%程度のキャッシュバックキャンペーン)を定期的に行うこと&今現在のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンなどを行ってくれることを考えると、とりあえず口座登録のみはしておくのが投資家として正しい戦略と言えるでしょうね。

個人的にはまだファンドの数が少ないSAMURAI。ただしファンドの数については今後増えていくことを期待したいと思います!

 

下記SAMURAI証券公式サイトより無料で口座登録&500円分のギフト券がもらえます。(2分程度で登録できました。)

SAMURAI証券公式サイト

fundsはmaneoと異なり不正リスクは皆無で有り、破産時も非常に有利

詳しい内容はmaneo&maneoファミリーが倒産した場合お金はほとんど返ってこないが、fundsが戻ってくる理由!

上記記事をご参照ください。今回本件を要約してしまいます。

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。(グリフラと異なります。)

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(企業体力のない会社に貸し付けをおこなっているクラウドリースやCFFと大きく異なります。。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。(運用中倒産するリスクが段違い。)

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(マネオ川崎ファンドで大損が確定したのはノンリコースローンのため!)

またfundsは株主構成から数年以内の上場は決まっており、大きなキャンペーンを行う。投資家に宣伝目的で有利なファンドを組成する。それらどのような事をしても違和感がない別格の業者と言えます。

 

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

クラウドリースやグリフラは年利10%を超えていましたが、こんな状況になっている。そしてマネオ本体は担保査定能力が一切ないと考えれば、この貸し付け先で年利5%は非常に魅力的。

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

またノンリコースローンではないため、最終貸し付け先が万が一つぶれたとしても、その中間貸し付け先(例えばアイフルなど)が返済の義務を負う

この点でもソーシャルレンディング業界のビジネスで非常に投資家に安全といえる理由です。

では先ほど申し上げたこと。つまりfundsは何故破産時安全なのか?ということについて解説したいと思います。

FUNDsはソーシャルレンディング業者の中でもなぜ破産時安全なのか?

それは運用のシステムの違いが関係しています。

つまりどういうこと?と聞かれるとFUNDsは運用中のファンドの資金はfundsに組み込まれず、貸し付け先が潰れなければ投資家にお金が返ってきます。(ディポジット分はmaneoと同様に組み込まれます。ですので常に貸し付けている状態にしていれば問題ありませんし、まあ仮になにかあったとしてもすぐに出金すれば良い。マネオの場合は運用中でマネオが倒産した場合返ってこないので、この点で大きく異なります。)

アイフルやデュアルタップのファンドの組成の仕方をみればfundsは安全性という面では間違いなく段違い。

この運用中に万が一があっても、投資家が安全という点で、私はfundsを別格の企業と申し上げているわけです。

ソーシャルレンディング業者の中で一番恐ろしいのは貸し倒れ時ではなく、破産時。

ですので分別管理がされているSAMURAI、破産法上投資家の安全に対して配慮をしているfunds。

この2社の安全性が高い理由はこのためです。

下記がfundsの公式サイトで下記公式サイトより無料で口座開設可能です。

Funds公式サイト

当ブログは初心者向けに記事を書いているため、どのような業者が高利回りなのか?安全性が高いのか?ということについて下記にまとめました。

是非ご活用していただき、より良い投資生活を送れることを願ってやみません。

信頼できるおすすめのソーシャルレンディング&クラウドファンディング業者

こちらが当ブログ一番の人気記事のお勧めできるソーシャルレンディング業者の一覧です。

ソーシャルレンディング比較!おすすめ業者ランキング!

おすすめできるソーシャルレンディング業者のおすすめファンド一覧

ソーシャルレンディング業者別のおすすめファンドになります。どれも信頼できる優秀な業者の優れたファンドについての解説になります。

ソーシャルレンディング利回り別おすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディング安全でリスクが低い低利回りおすすめ業者ランキング

ソーシャルレンディングファンド比較!業者別お勧め優良ファンドはこれだ!

ソーシャルレンディングで高利回りお勧め業者ベスト3!

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴

みんなのクレジットやラッキーバンクのような業者に引っかからないために、気を付けなければならない点をまとめました。ご参考にしてください。

危険でリスクが高い不正を行うソーシャルレンディング業者の特徴!信頼できる業者の見極め方!

記事を参考にして頂ければ幸いです。

下記が今回の話のメインとなった安全性が高い業者の公式サイトになります。(上述しましたが、samuraiは今口座開設キャンペーンを行っています。)

Funds公式サイト

SAMURAI証券公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント