maneoへの投資はグリーンインフラ問題以降控えるべきだった&maneoが倒産するのはあり得るのか?

CREAL(クリアル)

はいどうもエニートです。

今回は今後マネオは何故マネオ本体はグリフラ問題発覚以降も大丈夫という論調があったのか?そして何故投資を避けるべきと私が判断したのか?その上でソーシャルレンディングはどのような会社に投資をすべき&どのような会社は投資を避けるべきなのか?というのを再度確認していきたいと思います。

そしてmaneoの倒産の可能性は低いが今現在投資を控えるべき理由も確認していきたいと思います。

Contents

maeno本体への投資はグリーンインフラレンディングの問題発覚以降控えるべきだった理由

グリフラ問題以降行政の調査がはいりましたが、処分された業者はグリーンインフラレンディングのみ。ここで多くの投資ブロガーはマネオ本体&他のファミリーに不正行為はなし!と主張されていましたが、私は全くそうだと思わず、当ブログでは一貫して投資を控えるべきだと主張しました。

理由は明確であり

金融免許を持つのはマネオマーケットのみ。その為、どのような事態があろうとマネオファミリーといわれる業者が資金の目的外利用(グリーンインフラレンディングでは投資家資金を国会議員に貸し付ける。)を見逃すなど基礎中の基礎をおろそかにすることは許されない。

上記の様に判断したためです。

そしてマネオファミリー&マネオ本体の不正問題が発覚する度に私の判断は間違っていなかったと確信を持てました。

気を付けて頂きたいのは、金融の世界は信頼が全てです。

軽微なミスと異なり、投資家資金の流用はまともな会社であれば、起き得ませんし、それを見逃すということもあり得ません。

ですので上記事件を起こした時点でマネオマーケットは論外の会社と言えます。

マネオ川崎ファンド以降はマネオを擁護するのは不可能

本件を要約してしまうと、2億程度の土地を16億の担保をとってファンドを組成したとマネオは虚偽の説明をしました。(競売で4億で売れなかった時点で虚偽と断言しても問題ありません。)

一部のブロガーの方は未だにマネオを擁護していますが、私は今までこれほどまでの担保価値の水増しを行った業者を見たことがありません。

詳しくはmaneo川崎ファンドは競売失敗で元本割れ確実!今後どうなる?

上記記事をご参照ください。

マネオファミリーでの不正問題も冷静に考えれば擁護不可能

クラウドリースでは全案件期限の利益喪失。その上で担保をとっていると主張していたファンドの担保が実はなかったという事態の発覚。

CFFではポンジスキームまがいの行為である、他のファンドに投資家資金を充てるという行為が発覚。

ガイアファンディングでは訴訟に発展しています。

グリーンインフラレンディングはご存じの通り、ファンドの実態もなく、供託資金の無断取り戻し行為など不正行為が次々と発覚しています。

上記すべて金融では絶対にやってはいけない行為です。

そして何故私が多少の被弾でマネオから逃げ切れそうかといえば、グリフラ問題以降償還される度に資金を抜いていったから。(そして信頼できる業者にのみ投資をするという方針を行ったことでソーシャルレンディングではプラスになっています。)

ソーシャルレンディングで投資してもよい会社の特徴

これは二つの要素にわかれます。

どういうことかというと客観的に投資をしてもよいと判断する根拠と信頼できる金融マンの特徴を備えているという主観的根拠の2つです。

ソーシャルレンディングで客観的に信頼できると判断する根拠は?

1 大企業の支援を受けている。

2 証券会社が運営している。

3 VCが参画している。

4 上場企業の傘下である。

5 匿名化解除を明言しており、貸し手がわかる。(ラッキーバンクやみんなのクレジットのように親族に貸し付けられない。)

6 不動産型クラウドファンディング業者であり、ファンドの住所が明記されている。(マネオの川崎ファンドのように担保価値の不当な水増しができない。)

ソーシャルレンディング業者で主観的に信頼できると判断する根拠は?

1 社長&役員が積極的に顔出しを行っている。(特にHPで)

2 社長が太っていない。

3 ホームページが作り込まれている。

4 主義主張に一貫性がある。

5 社長の名前を検索したとき、悪評が出てこない&評判が全くないという状態ではない。

まずは1についてなのですが、悪事を行う会社はホームページ上で顔を隠します。(みんなのクレジットなど)。特にトラストレンディングなどは社長の顔は一切解りませんでした。

2 これは詐欺師の特徴です。なぜか詐欺師はみな小太り。

3 HPのファンドの募集画面がいつも同じ。

(ラッキーバンクなどはいつもファンドの募集画面が同じ。)

社長の名前に関してはみんなのクレジットやグリフラの社長は悪評まみれ。反対にラッキーバンクについては一切情報がありませんでした。

このように社長の名前を検索するというのはソーシャルレンディング業者を調べるにあたり、有効な手段と言えます。

maneoが近日中に倒産することはあり得ない。

私自身二度とマネオ&マネオファミリーに関わるつもりはありません。ただmaneoが近日中に倒産することはあり得ない。

理由は明確で超黒字経営を行っていたためです。

ですのですぐに赤字に転落し、倒産するというのはあり得ません。ただしこれは近日中の話。

長期であれば倒産の可能性があり得ます。(それはどの会社にも言えるかも知れませんが。)

長期ではマネオが倒産する可能性がある理由

理由としては2点あげられます。

まず1点目では裁判の結果次第で、賠償する必要があるため。

具体的に言えばいまグリーンインフラレンディングの裁判が始まっていますし、クラウドリースも始まる予定です。

その結果マネオマーケットが敗訴し、賠償命令が下る可能性は十分考えられます。

また2点目ではマネオは手数料ビジネスで儲けています。

ただ今見ればわかるとおり7月15日以降ファンドの募集がされていません。(おそらく行政からの指導でしょう。)

ですので長期で見ればファンドが組成できなければ、間違いなく赤字に転落する。

上記2点はあくまで長期で見ればマネオが赤字になる可能性

裁判の結果がでるのも、ファンドが組成できずに赤字になるのも長期だとあり得る可能性であって、短期ではあり得ません。

ですので投資家が取るべき戦略は償還の度にマネオからお金を抜いていく。

これに限ります。

またマネオが倒産(破産)した場合どういったシナリオになるのか解説したいと思います。

 

maneo(マネオ)が倒産した場合、投資家のお金は破産法の管理下におかれる!

マネオにお金を預けていますが、ディポジット&運用中の資金はマネオの資産になっています。

ですのでファンドが運用中&ディポジットに預け入れている状態でマネオが倒産した場合、そのお金は投資家に返ってくるのではなく、破産法の資産が管理されることになります。

つまり我々はあくまで一般の債権者の立場に置かれることになります。

私自身はマネオを一切信頼しておりません。ですので一般債権者になった場合、おそらくほとんど返ってこないだろうと読んでいます。

だからこそここまでの不正行為を行ったマネオ&マネオファミリーは見限り、償還の度に資産を抜いていくべきだと私は主張しているわけです。

fundsはマネオと異なり、破産法上有利になっているためおすすめの業者と断言できる

それは運用のシステムの違いが関係しています。

つまりどういうこと?と聞かれるとFUNDsは運用中のファンドの資金はfundsに組み込まれず、貸し付け先が潰れなければ投資家にお金が返ってきます。(ディポジット分はmaneoと同様に組み込まれます。ですので常に貸し付けている状態にしていれば問題ありませんし、まあ仮になにかあったとしてもすぐに出金すれば良い。マネオの場合は運用中でマネオが倒産した場合返ってこないので、この点で大きく異なります。)

アイフルやデュアルタップのファンドの組成の仕方をみればfundsは安全性という面では間違いなく段違い。(東証一部上場企業が突然倒産することはあり得ません。反対にマネオなどのベンチャー企業は突然倒産することは十分あり得ます。)

この運用中に万が一があっても、投資家が安全という点で、私はfundsを別格の企業と申し上げているわけです。

つぎに不正リスクについても解説していきたいと思います。

何故マネオ本体の川崎ファンドやマネオファミリーで起こった不正問題がfundsでは起きえないのか?

 

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。(グリフラと異なります。)

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(企業体力のない会社に貸し付けをおこなっているクラウドリースやCFFと大きく異なります。。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。(運用中倒産するリスクが段違い。)

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(マネオ川崎ファンドで大損が確定したのはノンリコースローンのため!)

また株主からお金を引っ張っている状況から考えてもFUNDの数年以内の上場は固い。(というより株主の出資状況から上場は決まっています。)

それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

クラウドリースやグリフラは年利10%を超えていましたが、こんな状況になっている。そしてマネオ本体は担保査定能力が一切ないと考えれば、この貸し付け先で年利5%は非常に魅力的。

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。マネオ本体やマネオファミリーの行うノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

(ちなみにマネオの川崎ファンドはノンリコースローン。担保価値を誤魔化され、2億程度の土地を担保に16億を取られました。しかしノンリコースのため請求ができない。よって間違いなく元本は大幅棄損します。)

つまりFUNDSの間に大企業がはいり、そこが最終貸し付け先に貸し付けます。

その最終貸し付け先が万一返済できなかった場合、貸し付けをおこなった大企業が返済の義務を負う。

(正直デュアルタップや、アイフルで何かおきてしまうということは考えられません。)

このような場合当然デュアルタップ社はアイフル社はその貸し付け先に対して徹底調査をおこないます。

だからこそ不正問題は起き得ません。

(何か問題があったため、間の大企業が責任をとらないければならないため。)

正直言ってしまえば、Fundsがマネオマーケットからシェアを奪うのは時間の問題でしょう。

またマネオと異なり担保価値の不当な水増しができない。という点では不動産型クラウドファンディング業者があげられます。

そしてその点では利回りこそ低いものの、投資家への安全性という点ではcrealに軍配が上がります。

crealは何故マネオと異なり、担保価値の不当な水増しができないのか?

 

まずCREAL(クリアル)という事業者は2018年12月よりサービスが開始された新興のクラウドファンディング会社。

ですが社長の横田大造氏は信頼にたる人物。彼は何故信頼にたると判断できるのでしょうか?それは彼のバックグラウンドにあります。

 

横田氏は早稲田大学を卒業後、アクセンチュアに入社。
その後何社か経由し、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの代表取締役をつとめています。

この株式会社ブリッジ・シー・キャピタル受託資産残額が300億。

この300億という金額はソーシャルレンディング業界でいえばとんでもない金額。

(業界では大手と言われるクラウドクレジットを大幅に上回っています。
2011年からの会社ですが、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは不動産に非常に強い。
(その分野での信頼があるからこそ顧客から300億もの金額を集めていると言えます。)

CREAL(クリアル)のバックグラウンドに怪しい点やぶれがなく、明確な実績があるため、間違いなく信頼できます。

不動産クラウドファンディング業者がマネオのように担保価値の水増しができない理由!

一番にあげられるのはファンドの住所が明記されている点。

ソーシャルレンディングと異なり、住所が明記されている以上、投資家がそのファンドの価値について調査することが可能になるためです。

またcrealは不動産型クラウドファンディング業者であり、不動産特定共同事業法の管轄に置かれます。

より法制度がすすんでいる不特法に管理されており、このような情報開示性に問題がない両社に人気があつまるのは当然の帰結といえるでしょう。(やはり今年は不動産型クラウドファンディングが躍進する年になるのは間違いなしと言えます。)

不特法とは、出資等を受けて不動産取引を行い、その収益を分配するという事業の仕組みを定めた法律で、そのような事業を「不動産特定共同事業」といいます。複数の投資家がお金を出し合って、いわゆるファンドの形態で現物の不動産に投資し、その不動産から生まれる運用収益を分配するスキーム(投資手法)です。fantas naviより

つまり不動産ファンドを小口債権化する手法を両社ともとっているのですが、この手法はソーシャルレンディングと異なり、古くからある手法です。

当然生まれたばかりの頃は、法整備もすすんでおらず、また多くの問題を抱えていました。(今のソーシャルレンディングの状況に近い。)

ですが、その問題がおきた結果、法制度を完備。今現在ではソーシャルレンディングとは比較にならないほど、不動産クラウドファンディング業者が従う不特法は不正ができないように仕組みが作られてます。

crealが劣後出資者となっているのが何よりも魅力!

crealが劣後出資者となっていることが魅力的といえるでしょう。

crealファンドの特徴としてはクリアルが劣後出資になっている点。

損失が出た場合クリアルが優先的に損失を負担します。(10%)
(劣後出資者と呼びます。)

こういった事業主と共同で出資できるファンドは非常に強い。

いわゆるセイムボート(同じ船)投資家と事業主が同じ方向を向いています。
つまりどういうことかというと劣後出資者crealから優先して損をしていきます。この点でも損失は全て投資家にかぶせればよいと考えるマネオとは一線を画し、crealは必ずファンドを成功させるように真剣にファンドを運営します。

 

やはり今現在は不動産クラウドファンディングに優位性があるとはっきり断言できます。

またソーシャルレンディングは新しい投資法の為、法整備がまだまだ進んでいません。(だからこそみんなのクレジットやラッキーバンクの詐欺的行為ができたのでしょう。いまようやく重い腰を金融庁があげましたが。)

 

8月28日までcrealからお得なキャンペーンが発表されました!

crealから1%のキャッシュバックキャンペーンが発表!

8月28日までのお得なキャンペーンが発表されました!

私も過去、ホテルアマネク、さくらみらいファンドに投資をしており、キャッシュバックをうけております。

このようなお得なキャンペーンに必ず出資していたからこそ、creal投資は投資金額に対して、大きくプラスとなっております。

3億の大型ファンドのため、今から登録してもおそらく投資は間に合います。

友達紹介キャンペーンはお得!

私も早速知り合いの投資家を誘いました。笑

私はすでに投資をしているので、投資申し込みをした場合の、更に1%のキャッシュバックの恩恵は受けられません。(残念)

このキャンペーンは上述のキャンペーンと複合するため、初めて投資される方は最大2%のキャッシュバックがうけられる、非常にお得なキャンペーンと言えます。(下記公式サイトで全て無料で登録できます。

CREAL公式サイト

破産法や不動産クラウドファンディング業者の特徴を考えれば、maneoより遙かに優れているのは自明の理

率直に申し上げてしまえば、fundsとcrealはmaneoより劣っている点は一切ありません。

私がメインで投資している理由は上述の通りです。

今後のこの業界が健全に発展していくためにも上記2社のような誠実な業者に人気が集まることを期待しています。(それが結果として1投資家である私も安定した収入が得られます。)

maneoと同じプラットフォームビジネスながら信頼性が段違いなのがfunds.

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

 

またmaneoと異なり、担保価値を正確に査定し、投資家にとって非常に有利と言えるのがcreal.

キャンペーンを行っている点もgood。メールアドレスの登録だけでファンドの内容を確認できる手軽さもcrealがお勧めの理由になります。

CREAL公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?という問い合わせが多かったため、信頼できる優秀な業者の一覧にまとめました。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント