maneo&maneoファミリー不正を行う業者とソーシャルレンディング信頼できる業者の違い!

CREAL(クリアル)

はいどうもエニートです。

私は正直マネオ&マネオファミリーの投資家軽視の姿勢や、不正問題について憤っています。

投資家の大切なお金をなんだと思っているのでしょうか?

Contents

マネオ&マネオファミリーで不祥事が連発しています。

まずはこの本体&ファミリーの不正問題について解説したいと思います。

マネオ本体での不祥事と言えば川崎ファンドになります。

まずマネオ本体で言えば有名な川崎ファンド。

16億の価値の担保といって募集をしましたが、フタを開けてみれば担保の土地は2億で売れるかどうか?

競売を行ったのですが、4億ですら誰も入札せず。

その結果抵当権順位3位以下の方の全損はほぼ確定的。マネオは投資家軽視をしており、損失は投資家にかぶせればよい。という姿勢があらわれたファンドになります。

また担保査定をおこなう能力すらないことが本ファンドから明らかになりました。

マネオファミリーの不正問題はより悪質

正直不正まみれの集団と評価せざるを得ない。

グリーンインフラレンディングの不正問題は大問題

未だにグリーンインフラレンディングが誠実に回収を行っているなど夢物語を信じている方は皆無でしょう。

そもそも論で行ってしまえば、投資家資金を国会議員に無断に貸し付けを行ったことやファンドが存在しないと金融庁から指摘された時点で信頼するしないという次元ではありません。

ただの不正を行う会社です。

 

グリーンインフラレンディングでは法務局の供託金を無断で取り戻しを行いました!

それ以前にも明らかな不正行為を繰り返していましたが、今回は自ら認めたことが以前と異なります。

法務局に供託をしていたはずのお金がないというのは指摘されていました。やはり無断で取り戻しを行っていた。

この供託金すら無断取り戻す姿勢をみて、グリフラが誠実に業務を遂行していると思う方は皆無でしょう。

国会議員への無断貸し付けやファンドの実態がなかったという事実。

これは不正以外の何者でもありません。

クラウドリースでは担保が存在しなかった!

クラウドリースで募集されていたファンドでは担保が存在しなかったことが発覚しました。

じゃあ担保って何なんでしょうか?存在しないということ事態があり得ません。

1.回収活動状況について

前回3月8日に「(食品卸売)事業者TAは1月末に想定していた取引先からの売掛金の回収について、複数社からの遅延が相次いだことから資金繰りに詰まり、その対応がしきれず延滞」となった旨ご報告をいたしました。
その後の調べによると、事業者TAの親会社が事業者TAに対する食肉の卸しを突如、一方的に全面停止(取引停止)したことにあることが判明致しました。
1月分に複数の取引先からの売掛債権が未回収という前回の延滞原因に係る報告は、事業者TAからの聴取ではありましたが真偽のほどは定かではありません。
確たる事実とは異なる情報をご報告いたしましたことにつきまして、お詫び申し上げます。
状況は上記のとおりですので、事業者Mが担保としていた売掛債権は、事業者TAが既に回収済みの状態での延滞発生に至っており、事業者Mが当該担保権に基づき第三債務者である取引先から資金回収をすることはできません。
また、事業者TAの販売商品である食肉の仕入れは、親会社からの卸しに全てを委ねるものであったため、事業者TAは、事実上、事業停止状態となり、担保回収の目的となる売掛債権が発生する機会がなく、結論として、事業者Mにおける資金回収が極めて困難な状況です。
現在、当社及び事業者Mは、上記にある親会社に対する法的責任の追及の可能性を検討中です。

2.今後の状況報告について

該当する投資家の皆様には、進捗状況等につきまして、引き続きメールにてご報告いたします。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

クラウドリースより引用

今回もファンドで虚偽説明を行っていたことになります。その点を簡単に解説していきたいと思います。

複数社からの遅延が相次いだ結果、金銭を回収できずに遅延したというのが虚偽

当初から当ブログでは複数社から同時多発的に遅延が発生するのはあり得ない。虚偽の可能性が高いと指摘していましたが、それが事実であったと証明されました。(一方ではクラウドリースのこの報告を真実だと書いているウェブサイトもありましたが、本当に内容を精査していますか?)

「(食品卸売)事業者TAは1月末に想定していた取引先からの売掛金の回収について、複数社からの遅延が相次いだことから資金繰りに詰まり、その対応がしきれず延滞」となった旨ご報告をいたしました。
その後の調べによると、事業者TAの親会社が事業者TAに対する食肉の卸しを突如、一方的に全面停止(取引停止)したことにあることが判明致しました。
1月分に複数の取引先からの売掛債権が未回収という前回の延滞原因に係る報告は、事業者TAからの聴取ではありましたが真偽のほどは定かではありません。
確たる事実とは異なる情報をご報告いたしましたことにつきまして、お詫び申し上げます。

クラウドリースより

 

ただ一点はっきりしたのは、複数社からの遅延が相次いだというのは虚偽だと判明しました。

売掛債権はTA社が回収済みで有り、担保回収ができない。

担保ってなんでしたっけ?

いえこういった感想しか出てこないほどこれはひどい。

事業者Mが担保としていた売掛債権は、事業者TAが既に回収済みの状態での延滞発生に至っており、事業者Mが当該担保権に基づき第三債務者である取引先から資金回収をすることはできません。 クラウドリースより

売掛債権を一切クラウドリースは管理していなかった。そしてその結果担保がない。

正直これ金融の世界ではあり得ない話です。(普通なら担当のクビは飛びます。)

ただ再度になりますが私はこれはシナリオにしか見えていません。

クラウドリースのやり方も相当酷い。

キャッシュフローファイナンスでは担保を無断売却し、他のファンドの償還に当てた!

倫理的にどう?という話ではなく法律的に許されません。

担保の無断売却で他のファンドの償還に当てる。これはポンジスキームとほぼ同一で有り、法律的に許される行為ではありません。

延滞の概要
本件では、事業者AHが所有する投資用不動産について、
事業者AHが物件取得時に借り入れたローンの借り換え資金および、
物件のリニューアル資金としてファンド資金を募集いたしました。
その物件の入居者と事業者AHとが締結する賃貸借契約に基づく家賃が、
投資家の皆様に分配する利払いの原資となっておりました。
また、元金の返済について、当初は、上記投資用不動産の売却もしくは借り換えによる返済を想定しておりました。
しかしながら、今般当社は、事業者AHが、4月25日に上記投資用不動産を売却しておきながら、
その売却代金を、別のファンドに係る借入金の返済原資に充当した事実を認識いたしました。
現在、本件ファンドに紐づく投資用不動産を事業者AHは所有しておらず、
従いまして、5月31日の利払いの原資となる賃料収入も得られない以上は、最終返済日が7月1日のローンにつきましては、
延滞として取り扱うことが適切な状況にあるとの判断に至りました。
CFF社からは、延滞に至る経緯及び事業者AHの関連会社による資金調達を根拠とした、
本件延滞の解消の見込みについて報告を受けましたが、
その詳細については証票の提示を求めるなど、より具体的な確認を要するものと判断しております。

【当社からの対応要請】
当社としては、本件延滞に関し、投資用不動産の売却代金の使途、
未だ不明確となっている事実経過の詳細、外部からの資金調達の進捗状況について、
早期に報告するよう要請しております。

【今後の状況報告について】
該当投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続きメールにてご報告いたします。

【その他】
該当投資家の皆様の「MyPage」内の「運用予定表」には2019年6月6日以降は「期失」と表示されます。
「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、2019年6月6日以降は「期失」と表示されます。

投資家の皆様には、ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年6月5日
匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号キャッシュフローファイナンス公式サイトより

これかってにファンドの担保を売却しただけでなく、それを他のファンドの返済にあてる。

あり得ません。

マネオ&マネオファミリーの高利回りファンドは不正まみれであった

非常に残念なですが、マネオ&マネオファミリーの高利回りファンドは不正まみれでした。

誠実に運営しているから高利回りだったのではなく、ポンジスキームまがいの行為を行っていたからこそ高利回りであった。

ソーシャルレンディングで利回りだけで投資先を決めるとリスクが非常に高い。

これは絶対に意識しなければなりません。

みんなのクレジットやラッキーバンク、そして今のマネオ&マネオファミリーの不正問題。

すべて高利回り業者といわれ賞賛されていました。

危険な高利回り業者を避けられた理由

私の読みが優れていたからではありません。投資を決める先にその業者のバックグラウンドを徹底的に調べたからです。

高利回り(10%以上の年利)はあり得ませんが、8%程度ではあり得ます。(ただしクラウドクレジットは海外案件に投資するため、10%もあり得ます。)

まずは不正を起こす(ラッキーバンクやみんなのクレジット)業者の特徴を再度確認しましょう。

不正を起こす危険な業者と判断する為の5つのポイント!

下記点に気を付けてください。

1 社長のバックグラウンドが信頼できない。or社長の情報がない。
2 ホームページが異常にシンプル。
3 ソーシャルレンディング業者の社長が顔出しをしていない。orホームページ上に表示されるのをいやがる。
4 異常なまでの高利回りorキャッシュバック。
5 社長が太っている&目が綺麗ではない。

これが大きな特徴です。
特に1,2,3は評価基準としてかなり重要。

たとえばみんなのクレジットの社長は、過去なんども会社を倒産させています。逆にラッキーバンクの社長は過去何を行っていたのかわからない。

ホームページの作りも相当甘く、ファンド毎の違いがわからないレベルです。

そして3についてはラッキーバンクはある時期からホームページ上にから顔出しをやめました。(逆に高利回りでも信頼できるクラウドクレジットはこれでもか!というくらい顔出しを行っています。)

4については例えば太陽光発電ファンドではクラウドバンクの年利6~7%程度が(これでも十分高利回りです。)適切な利回りで、グリフラのように年利13%というのはあり得ません。

みんなのクレジットのように異常なレベルのキャッシュバックもあり得ません。

ともかく異常な高利回りというえさで釣ろうとするのが不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴になります。

5についてはいわゆる詐欺師の特徴です。詐欺師は何故か知らないですけど、基本的に小太り。(おいしいものを食べているからでしょうか?)実は意外なことですが、体型というのは判断の基準として当てはまります。

詳しくは不正を起こす危険なソーシャルレンディング業者の特徴とその見分け方。安全な業者は?

上記リンクをご参照ください。

個人的な意見としては上記点にどれかひとつでも当てはまれば、投資をしないことを強くおすすめします。

信頼でき、投資をおすすめできるソーシャルレンディング業者の特徴!

では反対に信頼できるソーシャルレンディング業者の特徴は何でしょうか?

それは下記4点に集約されます。

1 上場企業の傘下。
2 証券会社が運営している。
3 大企業がこぞって出資をしている。(VCや銀行など)
4 不動産型クラウドファンディングで住所が明記されている。

このようになんとなく信頼できそう。という曖昧な基準ではなく、信頼できると断言できるエビデンスをもつ業者にのみ投資を行う。というのが危険なソーシャルレンディング業者を避けるコツになります。

クラウドバンクの信頼度!お勧めファンド!

クラウドバンクは証券会社が運営するソーシャルレンディング業者です。

証券会社は第一種金融免許を取得している。(ほかのソーシャルレンディング業者は2種免許です。)
この点でほかのソーシャルレンディング業者とは一線を画します。

また対応も非常に早く、質問への回答速度も素晴らしい。

唯一の懸念事項は財務状況だったのですが、2018年の決算で大幅な黒字に改善されました。
ですので十分に信頼でいます。2019年には更に黒字額が上昇。

一月あたりの募集金額も業界一位を獲得するなど今一番信頼できる上に高利回りの業者と言えます。

ランクSSSで信頼できる業者に分類されます。

クラウドバンクのお勧めファンド

これは間違いなく太陽光ファンド。
詳しいことはクラウドバンクの太陽光発電ファンドがお宝な理由!に記載があります。

 

(個人の売電価格が18円とかいう時代に35円で買い取ってくれるファンドが多いわけですから。)

正直言ってしまえば個人での太陽光発電ファンドに投資することはオワコン。
売電価格が18円でどうやって元を取るのか私にはわかりません。

であればクラウドバンクで大規模発電施設に投資するのが賢いといえるでしょう。(グリーンインフラレンディングと異なりあり得る年利であり、貸し付け先も明記されているのがクラウドバンクが優れている点と言えます。)

また企業体力がついてきたクラウドバンクは成海璃子さんをCMに起用しています。

クラウドバンクCM「待つだけ、資産運用」WEB版

クラウドバンクの投資成績は?お勧めの理由はなに?

 

私自身の投資の成績なのですが、平均年利7.64%で運用できています。(2018年11月は年利約11%!)

 

今まで一度も元本の棄損がなし。
売電価格(電力会社が買い取ってくれる電力価格)が高いため個人で参入するよりもはるかに優秀。
年利も7%中心と比較的高利回りと呼べる事

かなり満足している成績なので今後もメインの投資先としていきたいと思います。

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。

クラウドバンク公式サイト

またマネオと異なり担保価値の不当な水増しができない。という点では不動産型クラウドファンディング業者があげられます。(つまりマネオ川崎ファンドのように2億の土地が16億と評価されるということはあり得ません。)

そしてその点では利回りこそ低いものの、投資家への安全性という点ではcrealに軍配が上がります。

crealは何故マネオと異なり、担保価値の不当な水増しができないのか?

 

まずCREAL(クリアル)という事業者は2018年12月よりサービスが開始された新興のクラウドファンディング会社。

ですが社長の横田大造氏は信頼にたる人物。彼は何故信頼にたると判断できるのでしょうか?それは彼のバックグラウンドにあります。

 

横田氏は早稲田大学を卒業後、アクセンチュアに入社。
その後何社か経由し、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの代表取締役をつとめています。

この株式会社ブリッジ・シー・キャピタル受託資産残額が300億。

この300億という金額はソーシャルレンディング業界でいえばとんでもない金額。

(業界では大手と言われるクラウドクレジットを大幅に上回っています。
2011年からの会社ですが、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは不動産に非常に強い。
(その分野での信頼があるからこそ顧客から300億もの金額を集めていると言えます。)

CREAL(クリアル)のバックグラウンドに怪しい点やぶれがなく、明確な実績があるため、間違いなく信頼できます。

不動産クラウドファンディング業者がマネオのように担保価値の水増しができない理由!

一番にあげられるのはファンドの住所が明記されている点。

ソーシャルレンディングと異なり、住所が明記されている以上、投資家がそのファンドの価値について調査することが可能になるためです。

またcrealは不動産型クラウドファンディング業者であり、不動産特定共同事業法の管轄に置かれます。

より法制度がすすんでいる不特法に管理されており、このような情報開示性に問題がない両社に人気があつまるのは当然の帰結といえるでしょう。(やはり今年は不動産型クラウドファンディングが躍進する年になるのは間違いなしと言えます。)

不特法とは、出資等を受けて不動産取引を行い、その収益を分配するという事業の仕組みを定めた法律で、そのような事業を「不動産特定共同事業」といいます。複数の投資家がお金を出し合って、いわゆるファンドの形態で現物の不動産に投資し、その不動産から生まれる運用収益を分配するスキーム(投資手法)です。fantas naviより

つまり不動産ファンドを小口債権化する手法を両社ともとっているのですが、この手法はソーシャルレンディングと異なり、古くからある手法です。

当然生まれたばかりの頃は、法整備もすすんでおらず、また多くの問題を抱えていました。(今のソーシャルレンディングの状況に近い。)

ですが、その問題がおきた結果、法制度を完備。今現在ではソーシャルレンディングとは比較にならないほど、不動産クラウドファンディング業者が従う不特法は不正ができないように仕組みが作られてます。

crealが劣後出資者となっているのが何よりも魅力!

crealが劣後出資者となっていることが魅力的といえるでしょう。

crealファンドの特徴としてはクリアルが劣後出資になっている点。

損失が出た場合クリアルが優先的に損失を負担します。(10%)
(劣後出資者と呼びます。)

こういった事業主と共同で出資できるファンドは非常に強い。

いわゆるセイムボート(同じ船)投資家と事業主が同じ方向を向いています。
つまりどういうことかというと劣後出資者crealから優先して損をしていきます。この点でも損失は全て投資家にかぶせればよいと考えるマネオとは一線を画し、crealは必ずファンドを成功させるように真剣にファンドを運営します。

 

やはり今現在は不動産クラウドファンディングに優位性があるとはっきり断言できます。

またソーシャルレンディングは新しい投資法の為、法整備がまだまだ進んでいません。(だからこそみんなのクレジットやラッキーバンクの詐欺的行為ができたのでしょう。いまようやく重い腰を金融庁があげましたが。)

 

8月28日までcrealからお得なキャンペーンが発表されました!

crealから1%のキャッシュバックキャンペーンが発表!

8月28日までのお得なキャンペーンが発表されました!

私も過去、ホテルアマネク、さくらみらいファンドに投資をしており、キャッシュバックをうけております。

このようなお得なキャンペーンに必ず出資していたからこそ、creal投資は投資金額に対して、大きくプラスとなっております。

3億の大型ファンドのため、今から登録してもおそらく投資は間に合います。

友達紹介キャンペーンはお得!

私も早速知り合いの投資家を誘いました。笑

私はすでに投資をしているので、投資申し込みをした場合の、更に1%のキャッシュバックの恩恵は受けられません。(残念)

このキャンペーンは上述のキャンペーンと複合するため、初めて投資される方は最大2%のキャッシュバックがうけられる、非常にお得なキャンペーンと言えます。(下記公式サイトで全て無料で登録できます。

CREAL公式サイト

FANTAS fundingはなぜmaneoと異なり不当な担保価値水増しができないのか?

 

fantas fundingもcrealと同様、2018年に参入してきた不動産型クラウドファンディング業者になります。

歴史が浅い会社ですが業者としての信頼度は屈指といえます。これもまた社長のバックグラウンドの固さが理由です。

理由としては

1 運営会社のFANTAS technology株式会社 の2017年の売り上げが80億もある。

2 中古マンション販売や、空き家再生ビジネスの実績が十分。

3 FANTAS Fundingも劣後出資者として投資する。

この売り上げ80億というのはowners bookの88億と比べても何ら遜色もありません。(上場企業並み)

数年後の上場を目指していますが、現状から言えば数年後の上場は可能。(というより既定路線であるといっても過言ではないでしょう。理由は明確で上場企業である某A社より金融的な支援を受けているためです。)
また社長の國師康平氏は近畿大学を卒業後不動産関係の木下工務店に勤務。売り上げでNO.1となり、その後不動産関係の会社を起業するなど、不動産型クラウドファンディング業者として参入してくるにあたり、何ら違和感もなく、また実績も十分。そのため信頼できる業者と断言しても何ら問題ありません。

FANTAS fundingのお勧めファンド!

不動産型クラウドファンディングの中古マンションファンドも十分お勧めなのですが、個人的には中古物件リフォームファンドがFANTAS fundingでお勧めになります。

ファンドのスキームはcreal同様に非常に優秀。それに加えて空き家再生リフォームビジネスの強みであるその高利回りがすばらしい。(年利10%

本ファンドのスキームはFANTASが劣後出資者となっている点です。(FANTAS funding全てのファンドでFANTASが劣後出資者になっています。)

損失が出た場合投資家よりも先にFANTASが優先して損失をこうむります。(20%の劣後出資者。)

crealと同様にこれは劣後出資者と呼ばれます。

当然のことですが、事業者から優先的に損していくため、事業者の真剣さが違います。こういったセイムボートと呼ばれるファンドは投資家&事業者が同じ方向を向いているため、非常に硬いファンドになります。

住所が確認できる&空き家再生ビジネスは高利回りが期待できるうえにFANTAS fundingが劣後出資者になるという条件がやはり素晴らしいですね。

また中古不動産ファンドではfantas fundingは独自のチェックシステムを使い、最短3日で売り主へ現金化します。このようなスピード感があるおかげで割安で中古マンションを手に入れられるという強みもFANTAS fundingのファンドの強みと言えます。

 

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。(私もしたのですが、メールアドレスを登録後2分程度で登録できました。)

FANTAS funding公式サイト

 

 

 

crealとFANTAS fundingの同位点は住所が明記されている劣後出資者!

どちらもファンドも管理人が非常に好んでいるセイムボートファンド。

このセイムボートファンドというのは事業者自身も身銭を切ってファンドの運営を行います。ですので失敗した場合当然の事ながら事業者もその損害をかぶることになる。

更にcrealもFANTAS fundingも劣後出資者です。であれば優先して損害をかぶるは事業者。

となると事業者自身の熱量は全く異なり、必ず成功させよう!と熱意をもってファンドの運営をおこないます。こういったファンドは非常に固い。

また不動産型クラウドファンディング業者の為、住所が明記されいてる。

こういった大きな強みがあるのがcrealとFANAS fundingです。

crealとFANTAS fundingの違い!

上述の通り不動産クラウドファンディング業者であり、どちらもマネオのように担保価値を水増しすることは不可能です。ただし細かい点が異なります。

crealは10%の劣後出資者!FANTAS fundingは20%の劣後出資者!

投資家はcrealなら10%。FANTAS fundingなら20%。ファンドの売却額が下がっても元本の棄損がおきません。

これだけを聞いてしまうと20%の劣後出資な分FANTAS fundingのが投資家に安全で優秀だと思われる方がいると思います。

ですが話はそう簡単ではありません。

CREALのファンドは都内の一等地!

ホテルファンドは浅草

その他ファンドも五反田や目白。

crealは都心の不動産を扱っている分、不動産の価格が下落しずらいというメリットがあります。

率直に言わせて貰えば、都心でこの条件が続き、その上でクリアルが10%の劣後出資者になるのであれば、crealのファンドとしての固さは相同なものといえます。
下記公式サイトより無料で登録できます。

またクリアルはメールアドレスの登録だけでファンドの内容が確認できるという点が非常に優れています。

CREAL公式サイト

FANTAS fundingの魅力はなによりその利回り!

上述の通りcrealのファンドが4%代がメインなのに対して、FANTAS fundingの利回りは8%~10%。

これだけきくと怪しく聞こえますが、中古の空き屋再生ビジネスという利回りが高いビジネスモデルを扱っている以上その数字はあり得ます。

ただ上記ファンドでいえば立地条件は千葉県。当然目白や浅草などの東京の一等地よりも立地条件の固さは劣ります。

(だからこそFANTAS fundingが20%の劣後出資者になってくれるという点で優位性があります。)

 

ビジネスモデルとしてはおもしろく、高利回りが期待できる FANTAS fundingと立地条件がとことん安全と断言できるcreal

この点でFANTAS fandingとcrealが異なる点と言えます。特にFANTAS fundingは利回りが低い不動産型業者の中で、ついに年利8~10%を超える業者がでてきたな!と非常にポジティブな印象を抱いています。

私個人としてはFANTAS fundingが事業者としては若干魅力的かと感じています。(ただ安全性を重視するのであればCREALをメインにするのも優秀な戦略!)

FANTAS funding公式サイト

結論!ソーシャルレンディングはクラウドバンク&不動産クラウドファンディングは不正リスク皆無!

ソーシャルレンディングであればクラウドバンクが不正リスクが皆無。(金融第一種免許を取得するというハードルの高さは投資家の予想以上です。)

証券会社が運営しており、匿名化解除に対応している。その上で太陽光発電ファンドの売電価格の高さ。正直隙がありません。だからこそメインの投資先にしています。

2019年も平均年利7.68%というすばらしい成績に加えて、一度も元本割れをしておりません。

 

またcrealとfantas fundingは不動産クラウドファンディングの為、マネオのように担保価値の不当な水増しができません。

その点でお勧めの業者と断言できます。

上記業者はすべて下記公式サイトで無料で口座開設可能です。

今後も当ブログでは信頼できる業者のみ記事にしてきますので、参考にして頂けると幸いです。

クラウドバンク公式サイト

CREAL公式サイト

FANTAS funding公式サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント