maneoの被害者には責任はない!担保価値の水増しは投資家が見抜くのはほぼ不可能!

CREAL(クリアル)

はいどうもエニートです。

今回はファンドの解説ではなく、相談に対する回答です。

maneoの川崎ファンドが競売で五億ですら売れないと見抜くのは当時不可能だった。

あきらかに怪しいキャンペーンを連発していたみんなのクレジットや異常な利回りであったラッキーバンクとは異なり、当時のマネオは

業界最大手、延滞ほとんどなし、各種VCが機能している。

そしてその業者がLTV75%で投資家にとって安全性が高いファンドです!

と言い切っていたわけですからね。

投資家が信じるのも無理がないですし、正直私も信じていました。(抵当権順位3位。)

ですので個人的には高抵当権順位のファンドに投資し、損失はないだろうと考えていましたが、ふたを開けてみればびっくり。

まさかの川崎の麻生区であり、売れて二億程度の土地を一六億と偽っていたとは。

マネオ投資家に責任はあるのか?

当然全くありません。

というよりみんなのクレジット、ラッキーバンクなどに騙された方にも責任はありません。

悪いのは不正を行ったり、虚偽の説明を繰り返した事業者に責任はあります。

マネオファミリーに対する訴訟も行われています。

訴えを提起するのは当然です。日本は何故か騙された側も非難の対象になりますが、はっきり言って騙された側に何の責任はありません。悪いのは騙した側です。

何ら悪いことをしていないので堂々としていてください。(私も川崎ファンドで捕まっていますが、堂々としています。またそれを除けば被弾していないため、ソーシャルレンディングでは大幅な黒字を達成しています。)

またmaneoは問題発覚時に積極的に問題に取り組まないことが証明されました。

だからこそSBIソーシャルレンディングが問題発覚時、すぐに動きだし、多くの投資家が納得いく形で債権回収をおこなった実績が光ります。(このような危機にこそ、その業者の実際の能力がはかれるという証明になります。)

SBIソーシャルレンディングの事業者リスク、メリット


超大企業のSBIグループのソーシャルレンディング部門SBIソーシャルレンディング
東証一部上場企業のSBIを親会社にもつ事業者として信頼できる会社です。

SBIソーシャルレンディングの評価ポイント

東証一部上場企業の親会社をもつ。

つまりコーポレートガバナンス体制やコンプライアンス体制が抜群。

みんクレ事件やラッキーバンク事件からの踏まえなければいけないことは事業者が親族に貸し付けるということが簡単にできてしまうこと。
逆に言えばこういったコーポレートガバナンスがしっかりしている会社は不正ができません。

金融庁の監査にもしっかり対応していますし、事業者リスクは現時点で1位(一番安全)といっても過言ではありません。

<追記>

2019年にはついにSBIソーシャルレンディングが業界最大手になりました。(一月あたりの募集額において。)

要因としてはやはり

1 バックにSBIという超巨大グループがついているという信頼性。

2 今までの実績(延滞案件での債権回収という面も含む。)

3 TVなどでもCMをうつなどの積極性。

上記3点にまとめられます。今後もSBIソーシャルレンディングには業界最大手としてソーシャルレンディングを引っ張っていって欲しいですね。

 

SBIソーシャルレンディングのお勧めの投資法!

不動産ディベロッバースファンドやメガソーラーシリーズ
しっかりとした償還実績もありますし、担保もしっかり取ってあります
問題は5億程度であれば10分程度で集めてしまう投資倍率の高さでしょうか?
私もサラリーマンなのでクリック合戦になってしまうと参加できなくて投資できないことが多々あります。

とはいえそのクリック合戦がSBIソーシャルレンディングへの信頼であるとも言い換えられます。

そしてSBIソーシャルレンディングは2019年に一月あたりの募集金額1位を達成しました。他の業者と比較してもSBIソーシャルレンディングの信頼性は段違いと言えます。

2019年も業界を引っ張ってくれることを非常に期待しています。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?という問い合わせが多かったため、信頼できる優秀な業者の一覧にまとめました。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント