maneoは一年後も業務改善気配なし。マネオファミリー問題も進捗なしで一年経過!

maneo

はいどうもエニートです。

1年前の2018年の7月。

今まで業界一位をひた走っていたマネオに対して、業務改善命令が下りました。

当初は投資家たちもグリーンインフラレンディングだけの問題と解釈していましたが、その後マネオファミリーでも数々の不正問題が発覚し、マネオ本体の川崎ファンドでも大幅な担保価値の水増しが発覚しました。

またマネオ社長T社長は一度も投資家に対して、説明をはたさず、辞任し雲隠れ。

今回は簡単にマネオファミリーとマネオ本体の遅延ファンド。そして問題発覚時に投資家にこまめに連絡をとり、納得できる形で決着をつけたSBIソーシャルレンディングについて話していきたいと思います。

マネオファミリーでは遅延が連発しています。

グリーインフラレンディングでは資金の不適切流用に加えて、虚偽説明。さらに供託金の無断取り戻し。

クラウドリースでは全件一斉遅延。

CFFではポンジスキームととられかねない担保の無断売却、そしてその売却資金をほかのファンドの償金に充てる。

ガイアファンディングでも全件一斉遅延。

投資家としてはリスクを避けるために分散投資をしていたのにもかかわらず、全くその体をなしていなかったことが発覚しました。

マネオの川崎ファンドでは担保価値の大幅水増しが発覚

(だれがどうみても買いたくなさそうな麻生区の山奥の土地を一六億と査定!)

マネオでは手数料が欲しいがために、川崎麻生区の山奥の土地を一六億と査定し、ファンドを組成しました。

無論借り手はこの土地にその価値がないことをわかっており、一度も返済せず、この田舎の土地を引き渡して、とんずら。

もし本当に担保を査定していれば、担保を売却して本件は解決でしたが、一切担保査定をせず組成したファンドのため、一六億とうたっておきながら、競売に出したところ、五億程度でも買い手がつかず!(入札者なしという結果)

一切担保の査定をしていなかったことが明るみにでました。(有り得ません。)

マネオ&マネオファミリー最大の問題は投資家に誠実に説明を一切しない点!

マネオファミリーの全件期限の利益の喪失について納得できた方はいましたか?

川崎ファンドの担保査定に納得できた方はいましたか?

私はこのマネオの姿勢が一切信用できない。

さらに問い合わせをしても個別の案件は答えられないという回答。月に一度送られてくるメールでは進捗なし。

グリーンインフラレンディングは問題発覚以降、1年もたつのに何もしていない結果。

この姿勢が最大の問題でしょう。

SBIソーシャルレンディングとマネオは大きく差がつきました。

2018年初め頃はSBIソーシャルレンディングとmaneoはソーシャルレンディング界の二大巨頭。

どちらかと言えば、maneoのが募集している月々の金額は大きかった。

しかしながら今現在では二〇億のファンドがすぐにうまるSBIソーシャルレンディングと全くファンドの組成ができないmaneoには大きな差がついています。

何故ここまで差がついたのか?というのは投資家に対する姿勢に他ならない。

SBIソーシャルレンディングはこまめに報告を行いました。

期限の利益の喪失時に、SBIソーシャルレンディングはこまめに状況報告を投資家に行い、信頼を勝ち取りました。

またその説明も虚偽は一切無く、誠実に行動し、元本の多くを投資家に還元。

その動きも非常に速かった。(一年間進捗しないなどは一切なし。)

この投資家ファーストの姿勢があったからこそ、マネオと異なり、投資家の信頼を集めたと言えます。

募集金額も一〇〇〇億を超えましたし、規模だけならSBIソーシャルレンディング1強でしょう。(バックに超大企業のSBIグループがついているのがでかい。)

2019年にはついにSBIソーシャルレンディングが業界最大手になりました。(一月あたりの募集額において。)

要因としてはやはり

1 バックにSBIという超巨大グループがついているという信頼性。

2 今までの実績(延滞案件での債権回収という面も含む。)

3 TVなどでもCMをうつなどの積極性。

上記3点にまとめられます。今後もSBIソーシャルレンディングには業界最大手としてソーシャルレンディングを引っ張っていって欲しいですね。

 

SBIソーシャルレンディングのお勧めの投資法!

不動産ディベロッバースファンドやメガソーラーシリーズ
しっかりとした償還実績もありますし、担保もしっかり取ってあります
問題は5億程度であれば10分程度で集めてしまう投資倍率の高さでしょうか?
私もサラリーマンなのでクリック合戦になってしまうと参加できなくて投資できないことが多々あります。

とはいえそのクリック合戦がSBIソーシャルレンディングへの信頼であるとも言い換えられます。

maneoだけでなく、他の業者と比較してもSBIソーシャルレンディングの信頼性は段違いと言えます。

2019年も業界を引っ張ってくれることを非常に期待しています。(下記公式サイトより無料で口座開設可能です。)

SBIソーシャルレンディング公式サイト

また当ブログでは信頼できる業者以外記事にしていかない方針で運営を続けていきたいと思います。(未だにマネオが誠実、グリフラが積極的に動いているという意見は論外。)

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

また不動産関係のソーシャルレンディング&クラウドファンディングについては下記記事に業者の特徴をまとめました。

これも参考にしてください。

不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違い!お勧めベスト3!

2019年のソーシャルレンディング業界を引っ張ると予想される業者は下記リンクからご確認ください。

2019年は低リスク、高信頼度業者が人気に!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント