maneoの同意事項は不穏だしLCレンディングへの投資は一旦様子見?マネオファミリーで口座統合

ソーシャルレンディング

はいどうもエニートです。

今回はLCレンディングについてなのですが、個人的な意見としては投資は一旦様子見でいいのでは?

と思っています。

ただあらかじめ明記していたいのですが、LCレンディングはマネオファミリーの中でも別格の信頼度を誇る業者と断言できます。ですので投資自体は特に問題がない。

では何故一旦様子見をしたほうがいいのか?ということについて記事にしていきたいと思います。

<追記>

預託金口座が廃止され、maneoの同意事項は正直不穏です。

ですので私自身はLCレンディングは問題ないと思いますが、一旦様子見でいいかな?っと思っております。

LCレンディングを含むマネオファミリーが分別管理用銀行預金口座をmaneoマーケットに移管しました

そもそも論になってしまいますが、金融第二種免許を持たないマネオファミリーが資金を管理していること自体が、異常であった。(その結果がグリフラであり、CFFになります。)

ですのでマネオマーケットに移管すること自体当然のことと言えます。

マネオマーケットが倒産した場合投資家資金は破産管財人のもとにおかれます。

この点をLCレンディングに問い合わせたのですが、マネオマーケットが倒産することは想定していないとのとこ。

確かに以前までであれば、その回答について多少納得できたのですが、今現在マネオマーケットは今後多くの裁判を抱えています。

ですので、今現在私はLCレンディングへの投資を見送ってもいいのでは?と考えてしまいます。

(LCレンディングが独自のプラットフォームを作成さえしてくれれば、おすすめの業者に当然ランクインします。)

マネオマーケットがLCレンディング投資家資金を流用することはありえない

こういった不安の声も聞こえてきましたが、さすがにそれは有り得ません。

マネオ本体を含むマネオマーケットは担保価値の査定ができないなど多くの問題を抱えていますが、ビジネスを継続したいという意思はあります。

ですので免許取消を食らうであろう、投資家資金の流用を行うということは有り得ません。

 

追記!同意事項にマネオ倒産時投資家資金が返ってこない可能性があると明記されている

これはソーシャルレンディング業界で多くの会社が明記しています。(例外に近いのはfunds。理由は後述します。また不動産型クラウドファンディング業者も別です。)

ですのでとりたて問題視する必要はありませんが、タイミングが悪すぎる。

LCレンディングを信頼して投資をしたとしても、投資家のお金を預かるのはmaneoマーケット。そのためマネオマーケットが倒産してしまえば、LCレンディング投資家のお金が返ってこない可能性も有り得ます。(あり得ないことを平気で行ってくるマネオマーケットを信頼する方は皆無でしょう。)

この不祥事が連発しているマネオがこの文言を突如同意事項にいれ、さらに口座も統廃合される。

私は1投資家としても、金融ブログを運営する上でも今現在投資家の方にLCレンディングは申し訳ないですが、すすめられません。(マネオ本体&他のファミリーは論外です。)

結論としては投資は一旦様子見が安全なのでは?

LCレンディング自身の信頼度は高く、何の問題もありませんが、今現在は一旦様子見を推奨します。

私個人としてはLCレンディングはマネオマーケットから離れてくれさえすれば、お勧めできる屈指の業者と呼べると考えています。

また何故fundsは倒産時他のソーシャルレンディング業者と異なるのかご説明させていただきます。

FUNDsが何故倒産時の破産法と関係しているのか!?

それは運用のシステムの違いが関係しています。

つまりどういうこと?と聞かれるとFUNDsは運用中のファンドの資金はfundsに組み込まれず、貸し付け先が潰れなければ投資家にお金が返ってきます。(ディポジット分はmaneoと同様に組み込まれます。ですので常に貸し付けている状態にしていれば問題ありません。マネオの場合は運用中でマネオが倒産した場合返ってこないので、この点で大きく異なります。)

アイフルやデュアルタップのファンドの組成の仕方をみればfundsは安全性という面では間違いなく段違い。

この運用中にfunds自身に万が一があっても、投資家が安全という点で、私はfundsを別格の企業と申し上げているわけです。(貸し付け先の上場企業が返済義務を負います。)

FUNDsがマネオと異なり圧倒的におすすめな理由

fundsとマネオ本体そしてマネオファミリーとの違いを記載していきます。

 

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。(グリフラと異なります。)

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(企業体力のない会社に貸し付けをおこなっているクラウドリースやCFFと大きく異なります。。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。(運用中倒産するリスクが段違い。)

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(マネオ川崎ファンドで大損が確定したのはノンリコースローンのため!)

また株主からお金を引っ張っている状況から考えてもFUNDの数年以内の上場は固い。(というより株主の出資状況から上場は決まっています。)

それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

クラウドリースやグリフラは年利10%を超えていましたが、こんな状況になっている。そしてマネオ本体は担保査定能力が一切ないと考えれば、この貸し付け先で年利5%は非常に魅力的。

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。マネオ本体やマネオファミリーの行うノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

(ちなみにマネオの川崎ファンドはノンリコースローン。担保価値を誤魔化され、2億程度の土地を担保に16億を取られました。しかしノンリコースのため請求ができない。よって間違いなく元本は大幅棄損します。)

つまりFUNDSの間に大企業がはいり、そこが最終貸し付け先に貸し付けます。

その最終貸し付け先が万一返済できなかった場合、貸し付けをおこなった大企業が返済の義務を負う。

(正直デュアルタップや、アイフルで何かおきてしまうということは考えられません。)

このような場合当然デュアルタップ社はアイフル社はその貸し付け先に対して徹底調査をおこないます。

だからこそ不正問題は起き得ません。

(何か問題があったため、間の大企業が責任をとらないければならないため。)

正直言ってしまえば、Fundsがマネオマーケットからシェアを奪うのは時間の問題でしょう。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。

Funds公式サイト

LCレンディング自身が他のプラットフォームを使用するなどよりよい方向に進んでくれることを心より願っています。

また騒がしいソーシャルレンディング業界ですが
下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしていただけると幸いです。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント