maneo(マネオ)は川崎ファンドの失敗を認めるのが誠実なのでは?ついに競売へ!

maneo

はいどうもエニートです。

今回はファンド自身の話ではないんですけど、maneo(マネオ)の川崎遅延ファンドの失敗をもうマネオ自身を認めた方がよっぽど誠実だと思うし、無理に擁護する方はよほど投資家にとって不誠実だとおもうという話をしたいと思います。

ついに川崎ファンドが競売にかけられることになりました!

maneo(マネオ)の20億遅延川崎ファンドの担保はほとんど価値がありません

maneo(マネオ)は麻生区のこの田舎の土地を16億の担保といっていましたが、せいぜい売れて3億程度の土地です。

詳しくはマネオで20億の遅延!貸し倒れ?今後どうなる!?

上記記事をご参照ください。

上記記事を要約すると

1 マネオの担保評価額は業者買い取り価格というまったく客観性がない担保査定

2 担保査定をせずお金を貸し付けた結果、うまくお金をとられてしまった。

3 斜面が多い駅から遠い土地川崎の片田舎の担保

4 転売ができて、病院か学校のみでとても高値で売れない。

5 プロの不動産鑑定士レベルが評価すると2億程度。よくて3億で転売できるか?

正直これがマネオの川崎ファンドの実情です。

この土地が競売で売れ、投資家にお金を返済したときが、maneo(マネオ)が名実ともに業界NO.1から転落し、SBIソーシャルレンディングだけでなく、クラウドバンクにも貸し付け額などが転落するタイミングでしょう。

まだ業界NO.1を名乗れますが、投資家からの信頼を急速に失っている今、マネオが再度浮上することはあり得ません。

それでもなお川崎ファンドの売却を粛々と進めるべき!

本ファンドは抵当権順位者第一位の方のみ救済される(良くて第二位)ファンドになってしまいました。

これはマネオが担保評価をいい加減に行っていたからに他ならない。(ちなみに私は抵当権第三位です。といっても数万しか投資をしていませんが。)

それでもなお投資家の為に1円でも高く、そして粛々と売却を進めていくべきでしょう。

(確定申告で多少取り戻すことも可能になりますし。)

それよりももしマネオが業界のリーディングカンパニーと帰り咲きたいなら、今までのいい加減であった担保査定は改めるべきですし、失敗を素直に認めるべき。

このような土地を16億と評価すること自体があり得ません。これはどんな方でも擁護できない事実でしょう。

だからこそ今後マネオは担保をしっかり査定すると明確なエビデンスを見せるべきなのではないでしょうか?

maneoからついに競売に出されることが正式に発表されました!

悪夢のような川崎ファンドがついに競売にだされることになりました。

1.回収活動状況について

前回までに任意売却活動と並行して対象不動産に対する競売手続きが進行中であることをご報告しておりました。
この競売については7月3日が開札日、7月10日が売却許可決定日となっており、競売の期日を踏まえて売却活動を継続して参りました。
東京都内の大手不動産会社の系列企業につきましては、一旦、購入検討は断念するとの意思表示がございましたが、
事業者C社から競売の入札参加を案内し、現在その可否を検討いただいております。
また、不動産会社を介して検討いただている医科大学につきましては、建物のコンバージョンプランの作成
及び費用算出に時間を要しているとの報告がございましたが、競売の開札日を踏まえ、早期の検討結果の報告を依頼するとともに、
競売への入札参加を促している状況です。
なお、リハビリセンターとして検討している静岡県の社会福祉法人につきましては、メインの取引金融機関の審査で取組不可の回答を受けた後、
他の金融機関に融資の打診をしておりましたが、こちらも取組不可の回答を受けたとのことから検討断念となりました。
これらを踏まえますと、回収手段として最も実現を見込めるのは、従前及び現在の検討者による入札、
もしくは、これまでに接点を持たなかった新たな検討者の入札参加による競売での回収ということとなりました。 マネオマーケットのメールより

買い取りを検討しているという学校法人、医療法人に関する記載は突如として一切なくなり、大手不動産会社や医科大学に競売の案内を流す。

つまり2019年11月より売却活動を行ったが、一切進捗がなく、売却できなかった。その結果競売となった。そして担保価値を水増ししており、ふたを開けてみれば川崎のど田舎のファンドであったというのが今回の真実です。

(LTV75%、担保がある安全なファンドといっていたのにもかかわらず!)

この競売の結果、第四位以下の方は元本の全損も有り得ます。これがマネオ崩壊の本格的な第一歩とよべるでしょう。

 

maneo川崎ファンドの競売金額について!

評価額は私の予想を上回り5.3億。ただしこれは売却基準価格となります。

売却基準価格とは何か?

ではこの売却基準価格は何か?と問われれば、不動産鑑定士が査定した価格になります。

ですのでこのファンドを不動産鑑定士が評価すると5.3億の価値がある。

ではこのファンドが必ず5.3億以上で売却できるか?と聞かれるとそうではありません。

買取可能金額が最低売却額になります。

オークションでいうところの入札価格。この価格以上じゃないと購入できません。というのが買取可能金額になります。

この設定されている価格が4.2億。ですので競売での売却がうまくいった場合、抵当権順位者第二位までが元本の棄損がない!ということになります。

ただしこれは買い手が現れた場合になり、最悪の場合買い手が現れず、競売不成立になる。という可能性も十分あり得ます。

(しかしこのファンドマネオは16億で査定していましたからね。なぜここまで担保評価額と乖離があるのか明確に説明して頂きたいです。できるのであれば。)

このように抵当権高位者ですら、元本の棄損があるのにもかかわらず、安全性を歌っており、16億もの担保査定をしたマネオは決して許されません。

このようにラッキーバンクもそうでしたが、このように担保価値の水増しがおきてしまうのがソーシャルレンディング最大の問題点といっても過言ではないでしょう。

競売は2019年7月3日!

明後日には結果がわかります。

本記事を一度目にあげたのは今年の2月。

マネオは失敗を一切認めず、この四ヶ月間を無為無策にすごし、一切進捗せず競売にかけられました。

このようにmaneoが主張していた投資家にとって安全なファンドは一切安全ではなかったというのが、本件から証明されたと言えます。

投資家が学ぶべきは不動産担保査定を正確にする業者にのみ投資をするという意識!

このように業者買い取り査定といういい加減な担保評価を行う会社に投資をするのはあり得ないという意識を持つことでしょう。

そこで管理人が自信をもっておすすめできる業者はowners bookになります。

 

owners bookのような上場企業の傘下やであれば、マネオのように担保評価をいい加減に甘めに査定されてるということはあり得ません。

下記リンクに詳しい内容が書いてあるので参考にしていただければ幸いです。

owners bookが信頼できる3つの重大理由!

上記記事を要約すると

マネオのような非上場企業と異なり、owners bookは厳しい監査にさらされる上場企業の担保評価額

ファンドを組成したいからといってマネオのように恣意的にファンドの担保価値をごまかすというのはあり得ない。

確かに年利は4.5%~5%程度とソーシャルレンディングでは決して高いとは言えない利回りになっています。

ですが
マザーズ上場企業の傘下。
親会社のロードスターキャピタルが超黒字経営(別に記事にします。)
LTVが全件80パーセント以下。
今まで元本の棄損が一度もない。

という圧倒的なメリットがあります。
(その結果今多くの方がowners bookの投資家申請をしているのでしょう。)

私は安全性重視で投資先を選んでいますので、OwnersBookを中心に今年は投資を行います。

下記公式サイトより無料で投資家登録が可能です。

OwnersBook公式サイト

またowners book以外でも担保査定を正確におこなう誠実な不動産ソーシャルレンディング業者&クラウドファンディング業者が知りたいという方は下記記事をご参照ください。

不動産型クラウドファンディングおすすめ!信頼できる業者の比較と特徴!!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント