LENDEX投資増加!誠実業者!ローリスク型ファンドはお宝ファンド!

LENDEX


はいどうもエニートです。
今回は先日lendexから出たお宝ファンドについて記事にしていきたいと思います。
そして今後もlendexはほぼ間違いなく、このお宝ファンドは継続してでてくるでしょう。

ちなみに私はこのlendexの優先劣後ファンドが大好きで、lendexのメイン案件はこの優先劣後ファンドに投資をしています。

LENDEXへ問い合わせ!担保査定について!

最近ラッキーバンク事件など信頼できない業者の事件が続いています。
(ラッキーバンク事件とは、担保価値を虚偽に課題に報告しており、リファイナンスができずに一斉遅延。今も投資家への返済は遅々として進んでいません。)

しかしlendexは不動産担保価値の査定は間違いなく正確。
というのも下記問い合わせにすぐに回答して頂いた経験があるからです!^^

Q 全ての担保査定に東急リバブルさんの査定がついているのでしょうか?

ご確認の程よろしくお願いします。

A 現状、全物件に東急リバブル様の査定がついております。

今後他社の査定額を用いることも可能性としてはございますが、
①「当社独自の査定額」と、②「第三者評価機関(リバブル様など)による査定額」を、融資額設定時に用いるという体制に変わりはございません。
①と②とを比較して、低い方の80%を上限に融資額を設定させていただいております。 レンデックス回答より

もうすばらしいの一言ですね!
お友達が担保価値を公言していたラッキーバンクと異なり東急リバブルの査定がついている!

(やはりラッキーバンクは悪質ですね。)

レンデックスの担保価値を保証している東急リバブルは上場企業

これは一体どういう意味かというと上場企業は、非上場企業と異なり、担保価値で虚偽を書くことはまずあり得ません。

というのも上場企業は非常に厳しい監査の目にさらされます。そこであえて虚偽の申告をすると最悪上場廃止もあり得る。

特に関連もない、レンデックスの担保価値について、上場廃止のリスクを冒してまで虚偽の申告を書くことはあり得ない。
ですから担保価値は間違いなく、東急リバブルが保証する価値は存在しています。

そしてその東急リバブルとレンデックス独自の査定。
その担保評価額が低い方を基準に、担保価値を決めています!

これも投資家にとって安全でしょう。
高い方なら、東急リバブルが1000万として査定したのに、レンデックスは1億と査定。
その1億を基準に貸付額を決められたら、投資家にとって担保価値が全く意味がなくなります。

(それなんてラッキーバンク?って話になります。)

lendex独自ファンドのローリスク型はソーシャルレンディング屈指のファンド

前回募集されていたファンドはソーシャルレンディング屈指のおもしろさ

 

 

上記は同一の案件に貸し付けを行っているのですが、利回りと抵当権順位がレンデックス投資家内で異なります!

47-1号、47-2号あわせて4,002万の貸し付けを行います。

ファンドの高利回り型は8.5%ですが第三抵当権
ファンドの低利回り型は8%ですが第二抵当権

この抵当権というのは万一ファンドがうまくいかなかった場合、優先して返済される順番になります。

言い換えれば担保を処分し、元本を返済される際の優先順位と言えます。

上述の記載と関連しますが、レンデックスのファンドは全件東急リバブルの査定がついている為、担保価値については信頼ができる。

さらにその査定の結果のLTVが80%以下。その上でローリスク型が抵当権順位が第二位ですからね。信頼性という点では屈指でしょう。

ローリスク型のLTVの低さは屈指

ここは少しマニアックな話になってしまうので、読み飛ばして頂いても構いません。笑

なぜlendexのローリスク型は屈指の安全性なのでしょうか?
このファンドで説明します。
まずLENDEXはLTVが80%以下を謡っているので、担保不動産の価格は6,000万÷80%=最低7,500万円(最低でも7,500万以上)

そしてlendexのローリスク型(第二抵当権側)の貸し付け額は2000万円。

今回募集されていないファンドの抵当権第一位も2000万。
となると4,000万÷7,500万円=約53%

脅威の担保価値が47%程度減少しても元本割れをしません!
(リーマンショック時の土地価格の下落率は15%その点を考慮にいれれば屈指の保証率と言えます。また本ファンドは東京の江東区であるため、地価が大きく下がることは全く考えられません)

ローリスク型がでも年利8%!

と上記の通り安全性ばかり強調してきましたが、利回りが低ければあまり意味がありません。
ですが本ファンドはローリスク型でも利回りが8%もあります。

この年利8%という数字は複利で運用した場合10年で2倍になるすさまじい利回り
高リスク型でもLTV80%で、利回8.5%ですが、個人的にはローリスク型のが利回りとリスクを考えたとき、屈指のお宝ファンドと呼べ、読んでくださる方にお勧めできます。

LENDEXは2~3万円から投資をでき、更にリスクが低い為、投資初心者にお勧めの業者と言えます。

(今後もこれだけの良い業者であれば、私自身も投資額を増やしていこうと思います^^)

下記公式サイトより無料で口座開設ができます。

LENDEX公式サイト

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング

得する投資 損する投資

30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?

1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?

日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

LENDEX

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント