maneoがまた期限の利益の喪失!今回は3件!それでもあなたはマネオを信じる?

maneo

はいどうもエニートです。
今回もまたマネオがやってくれました。

不動産担保付きファンドで3件も期限の利益の喪失!

千葉、兵庫、京都のファンドで期限の利益の喪失です。

特に特筆すべき事項はないですが、今回のファンドの貸し付け実行日はグリフラ問題発覚後でした。

無論投資家の方に罪はありません。

グリフラ問題発覚後投資をmaneo本体&ファミリーから手を引いて本当に正解だった

やはり金融の世界は信用がすべて。

検査で問題が無かったからマネオ本体は大丈夫。という楽観論がながれていましたが、国会議員に投資か資金を不適切に流用するような業者をマネオファミリーの仲間にいれるということ事態があり得ない。

スタート地点に立てていない業者でした。

だからこそ私は問題発覚以降マネオから手を引き(川崎ファンドで多少の被弾はしつつも。)なんとかプラスでマネオから撤退ができそうです。

呼んでくださる方にお伝えしたいのですが、金融の世界は信頼がすべて。

社長の過去、不祥事、不正行為。

これらどれかが少しでも怪しいと思うのであれば、投資をしないことを強くおすすめします。

そしてもうほとんどいないと思いますが、やはり今現在はマネオへの投資は見送るべきでしょう。

多くの大手業者では匿名化解除に対応しようとしています

一方マネオは匿名化を隠れ蓑に一切説明しようとしません。

本当にマネオを信頼できますか?私はSBIソーシャルレンディングやowners bookに投資します。

 

大切なお金は信頼できる業者にのみ投資しましょう。それが幸せに生きる投資生活です。

たかが10%の利回りで全損を覚悟するよりも4%程度でも上場企業の傘下や不動産クラウドファンディングに投資をしたい。

そう思ってしまうのはおそらく皆さんも同様でしょう。

実際不動産クラウドファンディング&owners bookではマネオがおこなったような担保価値の水増しなどは不可能ですからね。

 

owners bookなど上場企業の傘下であればこれほど不動産担保付きファンドは遅延しません

これがowners bookのような上場企業の傘下やであれば、担保が甘めに査定されてるということはあり得ません。

下記リンクに詳しい内容が書いてあるので参考にしていただければ幸いです。

owners bookが信頼できる3つの重大理由!

上記記事を要約すると

マネオのような非上場企業と異なり、owners bookは厳しい監査にさらされる上場企業の担保評価額

ファンドを組成したいからといってマネオのように恣意的にファンドの担保価値をごまかすというのはあり得ない。

確かに年利は4.5%~5%程度とソーシャルレンディングでは決して高いとは言えない利回りになっています。

ですが
マザーズ上場企業の傘下。
親会社のロードスターキャピタルが超黒字経営(別に記事にします。)
LTVが全件80パーセント以下。
今まで元本の棄損が一度もない。

という圧倒的なメリットがあります。
(その結果今多くの方がowners bookの投資家申請をしているのでしょう。)

 

私は安全性重視で投資先を選んでいますので、OwnersBookを中心に今年は投資を行います。

 

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。
OwnersBook公式サイト

そして不動産担保付き業者で担保査定を正確におこなっているのは下記の業者になります。
不動産系高信頼度業者ベスト3!何故信頼できる?徹底比較!!

そして最後になりますが、やはりこの業界で一番重要になるのは信頼。
下記がソーシャルレンディング業界で信頼できる業者の一覧になります。是非参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント