fundinnoから明日出てくる案件に投資!creal不動産面談!

CREAL(クリアル)

はいどうもエニートです。

今回は案件の解説と言うよりも正直日記です。笑

crealから分配金を頂きました。

今日はクリアルの分配日でした。投資額は40万程度のため、入ってくる金額は1000円程度ですが、年間にしたら1万2千円ですので馬鹿になりません。

不動産型クラウドファンディング以外ですと、owners bookくらいしか投資したくありませんね。(不動産担保型業者であれば)

古くはラッキーバンクよりソーシャルレンディングの不動産型業者は詐欺の温床みたいなところがありましたし。

crealが何故そこまで信頼できるのか?ということが気になる方は下記リンクよりご確認ください。

crealは怪しい?危険でリスクが高い?徹底解説!

次にある大型ファンドには無論私は投資をするつもりです。(そして投資額は増やしていくつもり。)

CREALはメアドの登録だけで案件が全て確認できる。という敷居の低さもいいですね。

そして明日はブリッジシーエステート社さんとの面談。
ついに現物不動産を購入します。

エニートcrealから現物不動産を買います!

この内容も記事にして行けたらなと思っております。

明日のfundinno案件は投資します!

fundinnoから医療案件が発表!

明日のfundinnoから出てくる案件にも投資予定です。(医療系ジャンルですしね。)

■会社情報
分野:医療/設立:2018年11月/資本金:500万円
既にサービスを展開/テレビを含むメディア掲載実績あり/国内外の特許申請中

■サービスについて
同社は手術トレーニング用の模擬臓器として、人間の臓器に近い質感や形状を再現した
新素材『VTT』の開発・製造を行なっています。

VTT(Versatile Training Tissue)はこんにゃく粉を主体とし、実際に医療現場で活躍する
多くの医師や医療機器開発の専門家からの意見を元に再現され、感触や強度が人間の臓器と
非常に近い新素材です。
VTTを用いることで外科手術における電気メスでの切開、はく離、縫合等の実践的トレーニングを
容易に積むことが出来ます。さらに、VTTは非常に低コストで製造することができます。

VTTは色や形をコントロールしてあらゆる臓器を再現することができ、さらに、動物やシリコン、
献体などではカバーできなかった「環境面への配慮」「価格の問題」「倫理的問題」のいずれも
クリアすることができる素材として注目されており、ビジネス賞の受賞等でメディアからも
多く取り上げられています。

また、同社の事業内容を紹介した動画が先週公開され、《再生回数19万回以上》と
非常に大きな反響を呼んでいます。
実際にVTTを活用した手術の練習映像や、どういった経緯で製品を開発したかなどが確認できます。

■メディア掲載実績
同社のVTTが、以下のテレビメディアに取り上げられています。
●TV朝日「羽鳥慎一モーニングショー」内コーナー「聞きトリ」
●「BS-TBSヒポクラテスの誓い」

同社のプロジェクトは下記URLよりご覧いただけます。
https://fundinno.com/projects/70

要点を簡単にまとめてしまうと

1 医療現場という一定の需要がある分野。

2 その医療分野に対する高い社会貢献性。

3 すでに多くのメディアに露出しているという知名度の高さ。

4 エンジェル税制を使えるという強み。

どの点をとってもこれまでのよくわからないベンチャーよりも優位性があると言えます。

裏取りをしたのですが、実際に注目しているメディアも多数いる。こういった注目度の高さもベンチャー企業には多いに追い風になります。

無論あくまでベンチャーですのでリスクが高い面もありますが、エンジェル税制を使える上にこの知名度であれば、十分勝算有り。

ですので私は6月1日に募集されると同時に出資する予定です。

今後も期待できる案件がでてくるたびに記事にしていきます。

FUNDINNO(ファンディーノ)
はハイリスクハイリターンの投資であるため、少額から始めるのをおすすめします….が、かなり期待できるおもしろいファンドを組成する業者であることは保証します。)

FUNDINNO(ファンディーノ)公式サイト
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント