グリーンインフラレンディングファンドをマネオで募集!マネオがJCS債をとばした過去あり!

maneo


はいどうもエニートです。
グリフラファンドをmaneoで募集!もその後キャンセル!という記事を以前書きました。

上記記事を要約すると、
マネオで募集されていたDE社=グリフラファンドでも募集されていたベアハグ社。

FIT名義人住所=土地のベアハグ社所有者住所。
となればDE社=ベアハグ社でまず間違いない。

であればマネオでグリフラをソフトランディングさせるために、マネオで募集しているのかな?
とおもいましたが、その後まさかのキャンセル!

もうこれは投資家をバカにしているのでは?というのが感想です。

そしてグリフラが設立された目的なども明るみになってきましたので、その点も記事にしていきたいと思います。

マネオではDE社向けは以前も募集&融資実行を行っていた。

マネオでは今回は募集をキャンセルされました。

募集キャンセルのお知らせ

この案件は、以下の理由でキャンセルをさせていただきます。

maneoマーケット社における審査の結果、事業者DEへの今回募集分につきましては
キャンセルさせていただくことになりました。

投資家の皆様におかれましては、ご投資いただきましたにもかかわらず、
誠に申し訳ございません。マネオ公式サイトより

しかし過去のファンドにはDE社向けには何度も融資され、また償還を迎えています。

となると考えられるのは2点。

1点目は本当に審査の結果キャンセルした場合。
(金融庁の監視の目も厳しくなっており、マネオファミリーがリファイナンスがしづらくなっています。)

2点目はグリフラファンドだろと指摘されて、ばれたのであわててキャンセルした場合。

あえてどちらであったかなどは明言しません。
ですがこの動きにたいして思うことがある人も少なくないはずです。

東北でもグリフラファンドをマネオで募集していた

グリフラファンド

何故わかったかと言えば、担保設定の場所が全く同じ。
(担保の場所は明記しませんが、調べればすぐにわかります。)

当たり前のことですが、本当にマネオでグリフラファンドを募集してないのであれば、ここまで担保が同じ場所になることはあり得ません。
偶然と言い張るのは不可能でしょう。

金融業は清濁併せのむのが必要な業界です。

個人的にはマネオを滝本氏にはそれを期待したのですが、このようにすぐに見抜かれるレベルでは難しいでしょう。

ここからは私見です。

グリフラってマネオのJCサービス債権を飛ばすために作られたのでは?

この際T氏が被害者加害者という話はまずは置いておきます。

これだけJCS案件を募集しておいて、マネオがグリフラファンドと無関係言い張るのは不可能でしょう。
(というより昔募集していましたよね。)

そしてマネオでJCサービス案件を募集していたが、JCサービスの経営状態が良くない。
その結果グリフラを作って、債権を飛ばして回収を図ったのがマネオ。

グリフラがどこまで本気でメガソーラー案件を作っていたのかは今となってはわかりません。

ですが上記構図を作っていたのであれば、マネオT氏にも責任の一端はあると思います。

であればやはりグリフラ問題を解決する責任は間違いなくある。

マネオ本体投資家はマネオと非匿名契約を結んでいるのでご安心ください。この件は別個に記事にします。

2015年、2016年のマネオの経営状態は最悪でした

そこで設立されたのがマネオファミリー。

明らかにリファイナンスが難しい。もしくはファンドとしての存続が難しい。そういったファンドをマネオはデフォルトするのではなく、マネオファミリーを設立し、ファンドを飛ばす。そしてリファイナンスを繰り返すことで、表面的には一度もデフォルトをしていないかのように見せかけていました。

しかしグリフラの不正融資問題が発覚以降、その無茶なリファイナンスができなくなった。

だからこそ今現在マネオファミリーでは期限の利益の喪失が連発。ひどいファミリーでは期限の利益の喪失率が100%を超えています。

この事実を指摘するとお怒りになる方もいるかもしれませんが、FIT権が虚偽で、議員に不正を融資を行い、さらに虚偽の説明を繰り返しているグリフラ&マネオマーケットを私は信用できません。

今現在太陽光発電に投資をするのであれば、クラウドバンクorSBIソーシャルレンディングが正解だと断言できます。

とくにSBIソーシャルレンディングは業界1位で有り、バックにSBIがついている。

その上で圧倒的な黒字。そして匿名化解除に対応済みと隙がありません。私のメインの投資先になっています。

SBIソーシャルレンディング
また利回りが4%台でかまわないというのであれば、owners bookが投資初心者に圧倒的におすすめと言えます。

投資初心者にowners bookがお勧め理由!

グリフラ投資家はどうするべきか?

再度になりますが関東財務局に圧をかけることが現状唯一であり、全てでしょう。

やはりグリフラを監視する。

 

当ブログでもグリフラに怪しい動きがあれば、記事にして発信していきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント